スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

デフレに対抗せねば

お問い合わせを頂いてお客様との繋がりがもてない最大の理由は
価格です。

現在、わんこを販売している主流となっているのは
大型ペットショップやホームセンターです。

大型ペットショップは大型スーパーの中にあり
消費低迷の中で前年比との戦いを繰り広げています。

PB(プライベートブランド)を続々とつくり
価格競争を牽引しています。

ホームセンターも同様に集客のために
大きく値を下げて価格で勝負しています。

ペットの命も同様に価格破壊の波が押し寄せています。

1頭1頭大切に育てられて仕入で10万円を軽く越える私のペットショップに対し
大手では4万円を切る価格で販売しています。
しかも血統書なしというとんでもない販売方法です。
どこで誰から産まれたのか全く分からないわんこです。

ブリーダーさんから仕入れたのか?
それとも違うところから仕入れたのか?

どんなに大きいところでも仕入で5万円を切ることは難しいでしょう。
それなのに。。

お問い合わせのお客様が一番気にされているのは価格です。
私の事業目的や大切に扱われている命という付加価値は
価格の価値よりも大きく下回ります。

デフレでは価格の価値がかなり上がってしまうのです。。
理想と現実は違うんです。

一般市場に比べてかなり高い値段をつけているので
私のペットショップはぼったくりというイメージかもしれませんが
利益は2万円もありません。。

命の価値を下げたくないので
飼って頂いた後に必要なお金を最初に頂き
サービスとして付加しているので
高い価格でも私に利益が残らないんです。。

私のペットショップ20万円
一般のペットショップ15万円
大型ペットショップ8万円
ホームセンター4万円

これくらい価格差が出てきています。
マーケティングをする度に市場価格よりも高すぎるので
この価格帯でビジネスをするのなら
訪販して布団を売るくらいの覚悟がいるな~と考えてしまいます。

価格に対抗するには付加価値と
サービスの質を向上するしかありません。。

ネットで待つだけの商法で不況をチャンスにするには
私のことを知らない一見さんのお問い合わせに頼るだけでは
非常に難しい。。

だったら外に出て人に会うしかないんです!

ネットや広告では伝えられない
生の声で気持ちを伝えていく!

もうそれしかない!!

来週1週間で全力を出します!

それでだめなら悔いが無いっていうくらいに
毎日頑張ります!!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー
スポンサーサイト

クーポン券で分かる企業方針

クーポンとは切り離すという意味です。
クーポン券とは切り離された半きれの事をいいます。

訴求を高めたり経理上の都合により期限をつけていていることが多いです。
また、クーポンの利用率を調べて費用対効果を出すのにも
期限が必要です。

さらに、他店に割引の迷惑をかけないために使用できる店舗が限られていたりします。

私は期限切れであったりクーポンに指定された別店舗で
使用することがあります。

サービス業が長かった私にとって
お客様に来ていただいた時にどのように対応するかを
見極める事で店舗の経営方針を判断し
購入意欲へと変換していく癖が身についてしまっているのです。

皆さんがお店で働いていたとして有効期限が切れたクーポンを持ってお客様が
来られたらどうされますか?
殆どの方は嫌な客って思うでしょうね~

マクドナルドさんではコーヒーやジュースの無料券を配る事があります。
私はあえて期限が切れたのを持っていったことがありますが
期限が切れていますのでと断られた事が一度もありません。
マニュアルに載っているんでしょうかね~?

私は基本的には広告費を考えて
集客できた時点でサービスはするのもだと考えています。
来ていただいてお金を払っていただくために
クーポンにお金を出しているんですからね~

クーポンがお客様の手に届くまでには
印刷代、配布代、製作代など様々な費用をかけています。
それを考えると期限が切れたとか店舗が違うとかいって
断る経営をしている店舗は何も考えていないな~と
私は判断してしまいます。

従業員が経営者と同じ視点を持って営業している店舗は
お客様を大切にすると私は思うんです。
お金を払っていただけるありがたさを苦労している今だから
一番分かるんですよね~
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

タグ : 経営

統計の見方は前向きに

毎週日曜日発行のメルマガなんですが
ネタになるお話を全然していなかった事に気付きましたので
急遽そのネタをします。

『楽しく働く』ために知っておくと得するお話を
ブログから抜粋してメールマガジンでお届けしています!

ネットショップでもメールマガジンを始めたいと考えているので
来週から隔週発行に変更します!
今まで楽しみにしていただいた方は
申し訳ありません。。
これも私が続けるための努力と考えてくださいませ。。



プレゼンする機会が多い方の味方になるのはデータです。
今回はその味方の見かたのお話です!

企画・提案をする時に様々な統計資料が
言葉に説得力を出します。

例えば
『ペット飼育の問題点として関心が高いのは
捨て犬や捨て猫の問題です。』
っていうのと
『ペット飼育の問題について内閣府2003年に行った調査によると
一般の方の61%もが捨て犬や捨て猫に問題を感じている。』
というのでは明らかに後者のほうが捨て犬や捨て猫に対して
関心の高い方が多いんだな~って感じを持ちます。

世の中の方はこう感じているというデータを数字でしめすと
自分はそう感じていなくても世の中的にはそうなんだと
受け入れる事が出来やすくなったりもします。

売れ筋ランキングを気にしたりするのと同じ感覚かもしれません。

しかし、データとは怖いもので
同じデータを使っても逆の事がいえたりします。

さっきの例を逆手に取ると
『日本では毎年30万頭を越える犬猫が殺処分されています。
この数が減らないのは殺処分が問題と感じていない方が
日本人の4割近くもいるからです。』

こういうと問題意識って低いんだな~って感じます。
所詮データというのは自分が言いたい事に重きを置くために使うものです。
行動に結びつけるためにデータが必要な場合は
都合のいいように解釈すると自信になります。

どうせデータを見るなら前向きに!
感覚よりもデータで表したほうがより伝わりやすいですよ~
でもデータがダメだとデタラメに聞こえるのでご注意!
(苦しい落ち。。)
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

ペットと依存症とイネーブラー

私は子ども依存症の母に育てられた影響もあり
イネーブラー(依存を支える人)の傾向が自分であるように感じられます。

家庭に依存症の方がいた場合
ペット溺愛しそこにしか愛情をかけれない
そんな人がイネーブラーになってしまいます。

依存者から我が身を守るために
心の安らぎを裏切らないと確信している所に
全て集中させて精神を安定させています。

当時の私は最愛のペットがいて
親の依存症を増長させていたように思えます。

イネーブラーがなりやすい性格のひとつに
『自分が正しい』という性格があります。
自分がルールブックになり
自分以外の考えは間違っていると
思い込んでしまいます。

昔の私がまさにそうでした。
自信に満ち溢れ
常に正しいことをしていて
常に結果を出していましたし
結果を出すまで諦めるという事をしませんでした。

そして結果を急ぐあまり
必要以上に働き
身体を酷使し
自分自身に大きなノルマを課していました。

しかし、今の私は違います。
依存症の親と離れたお陰なのか
私は正しいとは決して思いません。
そればかりか
相手の言う事は常に正しいと考えています。

それは、今の私はそうしないと生きられないからです。
収入の無い私にとって
すべての方が師匠であり
尊敬に値します。

常に私は多くの方から手を差し伸べられて
生かしていただいています。
そんな方の生き方を否定できるでしょうか?

子どもにとっての親は
どんな虐待があっても嫌いになれません。
親に依存した状態の子どもは
親を嫌っていたら生きられないのです。

全ての他人を愛するようになるには
取捨選択の余地が無い
究極の依存状態になる事だと思います。

そうなった時に初めて
人の優しさや良い面がどんどん見えてきます。

当たり前と決め付けていた事も当たり前で無くなります。

カラスが白いといわれれば
そういえば目じっと見た印象があれば
白いっていうのも理解できる。
そう思えるようになりました。

どんな方でもいい面はたくさんあります。
それを見ていくことが私の生きる道なんです。

罪を憎んで人を憎まずという気持ちになれるのも
人を憎んでいては生きられない状況だからです。

とはいえそんな今の自分を可哀想だとも思いませんし
同じ境遇の人を可哀想な人たちとも思えません。
逆にとても幸せなんじゃないかと思います。

おそらく今の私は
人の優しさや喜びを他の人の何倍も多く
見出す事が出来ます。

人を好きになる事の天才!
そんな状況にとても感謝しています!

ペット事業を通してイネーブラーの方と知り合えた場合は
是非、その苦しみを理解しようと思います。

考え方に同意できなくても
気持ちを理解する事は出来ます。


イネーブラーから抜け出すには
1人でも多くの人を巻き込むのが一番です。

自分だけの楽しみから
共有できる楽しみにシフトする事が出来れば
ペットに依存し
心の病に陥ってしまう事が無くなると
私は考えています。

楽しみは1人よりも複数で味わった方が
その大きさは計り知れません。

しかしその一方でイネーブラーの人は
自分が正しいと思い込みやすいので
多くの衝突を生みます。

多くの人が寄り合えるペットショップを作るには
全ての人を否定すること無く
受け入れる姿勢を参加者全員で共有する必要があります。

今のNPO団体でも
受け入れる姿勢を団体の風土にしています!

みんなが仲良くできる
和気藹々とした仲間作りを目指します!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

タグ : ペットショップ 依存症

商店街の通行量調査からみえてきたこと

子犬触れ合いイベントを行う場所を
ホームセンターでやる前に
どこか手ごろな所は無いかと探していると
私の住む地域にある商店街で
チャレンジショップをやっていました。

チャレンジショップとは
店舗経験を積むために
低価格で短期間で借りられる店舗をオープンし
自分がやろうとしていることを
実際に体験し
お客様の反応や感覚をつかめんで
本格出店を考えるという
大変優れたシステムです。

これはチャレンジする起業家のためでもあり
また商店街の活性化のためでもあります。

7坪の区画で仕切られた共同店舗利用で
各区画が1週間1万円。

10坪の路面店では3日で3千円です。

子犬の触れ合いというイベントなので
短期間でいいのでピッタリです。

実は、動物愛護法により24時間を越えて販売する場合は
販売場所での別途登録を必要とし
その登録料は1万5千円になります。

隠れてやってもわからないとは思いますが
そういうことが出来ない優希です。

つまり、3日借りたとしても2日は生体とは関係のない
別の商品を販売しないといけなくなります。

って事で本来は1日だけでいいのですが
そういった条件では貸していないとこのことで
やるとしても3日で考えたほうがいいです。

さて、問題はこの商店街の状況です。
地域の商店街に良くある
シャッター通りですがなんとなくまだ人通りがあるような
そんな気がします。

そこで午前と午後に分けて通行量調査をしてみました。
一般的には自転車も入れるのですが
今回の調査はあくまで足を止めて購入していただける事を
目的としたので対象からはずしました。

1時間の通行量は午前で400人強。
午後で400人弱。

9時開店18時閉店で1日あたり約3600人になります。
地方都市の商店街としたらこの人数は
若干少なめですが少なすぎるという数字ではありません。

つまり可能性はゼロではないということです。

問題は通行人ですが
60歳以上の高齢者が65%になっています。

車を持たない高齢者にとって
歩いていける地元の商店街は大切であり
その高齢者が地元の商店街を支えているのが良く分かります。

実際にチャレンジショップに出店している人に聴いてみると
お客様が一定なので
物が売れるのには限界があるとの事です。
つまり同じお客様がよく来られているという事になります。

私がターゲットとしているのは20~40代の家族連れです。
ターゲットは全体の30%つまり約1000人しか通らない事になります。
逆に言えば1000人もいれば1件の問い合わせはある可能性があります。

この場所で路面店を出して
3千円投資して回収できない可能性が
非常に高いのですが
まずは1つの候補して考えます。

でも可能性が今のままでは限りなく低いので
せめて採算が取れる戦略を考え付かないと
実行に移すのは危険です。

かといって留まる事も出来ません。
とにかく1日でも早く行動に移したいです。

行動を続けていればきっと何かが生まれるはず。
今までの経験からそれは良く分かっています。

パソコン教室を始めると
お客様が増えたように
何かの行動を始めなければ
お客様が増えません。

でもなるべくならお金をかけたくないんですよね~
今は1日でも早く
働きながら稼がないといけないのです。

こうしている間にも
子犬は育っていき
刷り込みがしやすい時期がどんどん失われていきます。

早くしなくちゃ!
子犬とお客様のためにも
今は頑張り時なんです!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。