スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

城南区市民センターで市民企画講座がスタート

ついに土曜日から城南市民センターでの講座が開催されました。
私は司会を務めましたが
みなさんの関心が高くてとてもわくわくしました。

事前には26名の申し込みがあったのですが
初日は3名の休みと聞いていました。

申し込みをされていて参加されない方も多いので
最大23名と考えて準備をしたのですが
当日になり29名も来て頂けました!

予想以上に多かったもので
現場は嬉しい悲鳴となりました。

資料の準備は30名でしていたのですが
足りないかもとばたばた動きました。。

参加者の来場時間も固まるために
数分間で待たせることなく一気に受付をしないといけません。
かつ、笑顔で対応するという
嬉しくて忙しいときって充実感があふれますね~

ご夫婦での参加も意外と多く
しかも男性は年配の方が多かったです。

第1回目の講座では授業形式なのですが
参加型になっており
受講生がどんな方か若干見えてきました!

やはり夫婦喧嘩を題材にしたこともあり
気の強い意見の方が多く見受けられます。

男性もご年配の方は喧嘩ばかりしているとのことで
これは家庭内の大変な問題を
この講座をきっかけに何とか解決のヒントを見出してもらえたら
幸いです。

この講座が夫婦関係だけでなく人間関係をも見直せる
講座になってもらえたらと第1回目を終えて感じました。

来週の土曜日は司会だけでなくグループの中に参加して
盛り上げる係りをやります!

今からとても楽しみです!!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー
スポンサーサイト

地域の防犯対策をビジネスを通して行う

私のペット事業を通して地域に貢献したいという気持ちがあるから
コミュニティビジネスと名乗っています。

今回はビジネスモデルを考えました。

犬の散歩をしている方は1日に2回も近所を歩きます。
その毎日する散歩に地域パトロールを組み合わせるのです。

発想は自転車に『子どもパトロール』とステッカーを付けるのと同じです。

地域が防犯を意識して目を光らせているということが分かれば
犯罪発生率が下がります。

少しでも多くの方に楽しく地域活動の参加してもらえたらというのが
防犯パトロール散歩の主旨です。

そのために必要なモノを販売します。
そのモノ
○付けていておしゃれである
○付けると可愛い
○リードや糞を拾うバック等に簡単に付けられる
○一度付けたら外さなくてもいい
○出かけるたびに付けるのは面倒だという手間が無い
○500円~800円以内で手軽に購入できる
○光に反射するので夜道でも多少安心
○付けている人同士で友達になりやすい
○人から見られているという意識も高まるため糞をそのままにしておく人が減るかも?
○愛犬家も地域活動に参加しているという認識が地域に出るため
もしもの災害で避難所に連れて来ても犬を認めてもらえるかも?
○さらに意識の高い方は散歩をしながらゴミ拾いまでしていただけるかも??

最後あたりは期待度がかなり高めなんですが
愛犬家が楽しんで地域活動に参加できるような
そんな仕掛けをしていけたらな~って考えています。

まだ企画段階なのでモノは具体的に
どうなるのかは決まっていません。

同様の試みは全国でなされてはいるのですが
まだまだ認知されているとは思わないんですよね~

まずは試作品を作って地域で使ってもらっていい反応があったら
福岡からどんどん広がっていくと思うんですよね~

試作品を作るには予算が必要なので
助成金を使わせていただけたらと考えています。

まずは始めてみる事が大切なんですが
何を始めるにも投資が必要ですからね~

うちの団体で出来るかどうか只今検討中です!
さてどうなるのでしょうか?
何事も1人では出来ませんからね~
まず私はこのモノを作る力を持っていませんからね~

多くの方に協力をいただけてはじめて
実現出来るんだと考えている優希でした!!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

タグ : 地域活性化 愛犬家 防犯 地域活動

震災と飼い犬

先日のコミュニティ講座の中で震災のときに飼い犬問題が浮上するというお話が出ました。
みなさんは『マリと子犬の物語』をご存知でしょうか?

マリと子犬の物語公式サイトはこちら




2004年の新潟県中越地震で実際に起きた出来事を基にして作られた映画です。
倒壊した家のおじいさんと娘を助けようと頑張る愛犬マリ。
救助に到着した自衛隊を見つけると
自衛隊員を瓦礫の下に誘導し二人の命を救います。
(実際に飼い主の危険を知らせる犬の例はかなり多いです)

ところが犬を保護することは出来ずに
犬を被災地に置いていきます。

こうした例はどこの被災地にも当てはまるんです。

コミュニティ講座の中でもこの飼い犬問題の話が出ました!
(講師の先生と私は知り合いだったためにあえて出していただいた可能性が高いのですが)
震災が起きた時に事前に飼い犬をどうするかを決めておくことも
住んでいる方への安心をもたらすんです。

また、こうした震災のときだからこそ
震災の喪失感をペットが癒してくれるというアンケートが
阪神淡路大震災の取材を今でも続ける神戸新聞さんから発表されました。

孤独なときに側にいて癒してくれる存在は大切です。
しかし、そのことを地域で理解していないと
避難場所にペットがいることで大きな問題を生みます。

私が住んでいる地域はペットに対してまだまだ理解度が高い地域とはいえません。
住んでいる地域が住み良い地域になるためには
より多くの方に理解していただくことが必要となります。

ペットを飼っている方は周りに迷惑がかからないように
清潔にしてあげたり
病気を持たせないように予防注射を打たせたり
知識が必要です。
まずその環境を作っていくことが地域に認めてもらえる
第一歩となります。

ペットを飼っていない人には偏見をなくすためにも
知っていただく努力が必要です。
そのためにも地域と協力をし
防犯や清掃活動に愛犬家が加わり
地域とのかかわりを増やす必要があると私は考えています。

地域活動とビジネスを結びつけて
ペットが幸せになるペットショップにしたいと私は考えています。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

タグ : 地域活性化 ペットショップ

地域で出来る地震対策

昨晩、第2回の地域コミュニティ講座に参加しました。
今日で阪神淡路大震災から15年目となります。
1995年1月17日火曜日の午前5時46分。
都市部にマグニチュード7を超える直下型地震が起こりました。
震度は7にも達し、ビル、家屋の倒壊だけでなく
高速道路や神社も崩壊しました。

福岡も2005年3月20日日曜日の午前10時53分に
震度6弱の西方沖地震を経験し
震源地に近い家屋は倒壊しました。

大地震がおきたときにどうするかを考えておくことはとても大切なことだと思います。

大地震がおきたら緊急に備えて電話での連絡が出来なくなります。
そのときに頼れるのは人から人への情報の伝達のみです。

福岡県西方沖地震で玄海島の家屋が倒壊し
その映像が全国に放送されたことを覚えている方も多いでしょう。
あの映像は行政の映像ではなく報道の映像です。

報道のヘリコプターが上空を飛んだときに玄海島の集落が
大規模の崩壊したのを偶然捕らえて
そのことで報道が集中しました。

しかし、かなりの被害を受けた近隣の志賀島や能古島は報道されず
緊急の対策が遅れました。

大きな災害が起きたときに情報は混乱します。
人命救助が優先されますが到着までに時間を要することがあります。
なので、地域の方が情報をつかみ発信することが大切なんです。

倒壊した家屋の中にいて助けてほしいと考えたときに
どれだけ早く地域の方に通報していただけるかで
命が助かるかどうかの分かれ目になるからなんです。

こうした緊急のときはパニックの電話が消防局にかかってきます。
『地震によって家が壊れそうなんですけど』
こうした電話には逃げてくださいとしか対応できません。
倒壊に巻き込まれないようにまずは身の安全が第一なんです。

さて、ここでみなさんに考えてほしいのは
震度7の地震が起きた時にどうしますか?

まずは家族の安全を確かめるでしょう。

もし、家屋が倒壊し家族が下敷きになっていたらどうしますか?
家の外に出たら隣の家屋が倒壊していたらどうしますか?
自分の家がどんどん崩れてきて中に入れなくなったときに
どうしますか?

いつ起こるかわからないもしもを事前に考えておき
地域でどのような情報網を作っているかが
とても大切になるんです。

さて、地震が起きたときですが
家族の安全確認→地域の安全確認→公園に非難(情報収集)→公民館に避難→小学校に避難
という経路をとると思います。

公民館は小学校の体育館と違い寒い冬でも暖房施設がついています。
暖かい場所には身体の弱い方を優先して非難していただきたいのですが
先に元気な家族が入って占領してしまうと
寒い小学校に移るときに揉め事になります。

地震が起きる前に緊急のときはどのようにするかという
モラルを徹底していればそうした問題も軽減されます。

また、大地震が起こると近所のスーパーは盗難を恐れてシャッターを下ろし
閉店することが多いです。
救援物資がないときに近くにスーパーがあるのに購入できないというのでは
意味がありません。

地域で事前に連携を取り
大地震が起きたときは食品や懐中電灯等の必要な品を
個人ではなく地域で購入できるように
事前に打ち合わせをしておくことが大切になってきます。

もしもに備えることが出来ている地域は
安全・安心に暮らせる地域だと思います。

災害が起きた時に助けることの出来る命が
私たちにはあるということを災害が起きていないときから考え
準備しておくことが大切になります。

その準備が逆に
自分や家族の命を救ってくれることにもつながります。

遠くの親戚よりも近くの他人です。
地域の交流を常に活性化していることで
より快適に心地よく人生が送れるのだと
私は思うんです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

タグ : 地震

基金(助成金)を申請

ある政府系企業の基金に申請しました!
申請が通ると年間20万円まで助成していただけます。
申請は地域活動(住み良い地域づくりを進める会)の団体を代表して行いました。

こうした助成金の申請をするのは初めてです!
非政府組織(NPO)を作って1年が経ち
過去の実績が出来てきましたので申請に踏み切りました!

1年間で団体としては色んな活動を行いました。
○高齢者用の社会福祉施設で身体が不自由になった方でもおしゃれを楽しめる
ファッションのショー。
○市民センターとの共催でシニア向けのセミナーと男女共同参画のセミナーを企画・実演。
○幸福度世界一のデンマークについて学ぶ講座を共催。
○コミュニティビジネスを知っていただくためのイベントに参加。

このほかにも個人のコミュニティビジネスを
支援しながら地域貢献をしてきました。

元々、私の所属している団体は個人で地域問題に取り組んでいる方ばかりが集まり
1人1人の力を合わせて大きな仕事を請け負うという主旨で作られています。

なので、今回のように1人での活動としては助成金を受けられないのですが
団体として活動していると受けられるようになります。

地域問題を解決する手段は個々で違いますが同じ目標に向かって
みんなの力をあわせるのが私たちなんです。

助成金は人件費や交通費に使うことが出来ないのが殆どで
活動のために必要な備品の購入や会館の使用料、広告費などに使います。

20万円という金額が高いのか安いのかは使い方次第です。
大切な事は支援を受けて活動をしているという責任感を持つことだと思います。
地域の皆様に喜んでいただくために私たちが活動を続けられるように
支援していただければ本当にありがたいです。

発表は来年3月です!
楽しみです!!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

タグ : 助成金

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。