スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

内需拡大になるためには私たちの力が必要

不況を乗り越えるために内需拡大が叫ばれています。
日本経済が足並みそろえて内需拡大に動けば
人々の暮らしも楽になるんですけどね~

経済の競争原理が働いている以上は
内需拡大にはならないんです。。
なので根底から変える為にも本来は政治の力が必要ですが
本当のところを言うと私たちで内需拡大になるんですよね~

内需拡大とは単純な話で
国内で作ったものを国内で買いましょうという話です。

日本の農家さんが作った食材を食べて
日本の企業が作った商品のファンになって
日本の販売店で購入する。

上の日本というところを住んでいる地域にかえることで
地域活性化になるんです。

住んでいる地域経済が活性化すれば自然と
暮らしも楽になるんです。

では何故内需が縮小しているのでしょうか?
それは市場原理に基づいて経済が動いているからです。

デフレの今は特に市場は安い方向に動きます。

企業は安さを求めるために国内よりも安い海外の材料を使います。
生産工場も人件費の安い海外を主力とします。
海外ブランドも円が高騰している今はどんどん日本に進出してきます。

こうした内需縮小の動きで日本のお金が海外に流れ
国内経済がさらにしぼみ雇用や賃金に影響が出て
さらに経済が縮小していきます。

私たちが出来る事は
多少高くても国内の商品を購入し続ける事です。

海外との貿易摩擦をなくすために自由化をして
海外と競争力を持つ事は大切だとは思います。
しかし、その一方で日本人が日本人を守るという意識も大切なんです!

まずは力をあわせて日本人の生活を守りましょうよ!

株式を公開している大手チェーン店は利益の多くを海外の投資家に持っていかれます。
安いからといって国内のお金を上場企業に渡していると
地域経済や国内経済はどんどん疲弊していきます。。

私たちは地域の品を選んで購入するという流れを作るだけで
企業は内需を意識しないと物が売れなくなり
自然と景気が回復するんです。

日本は貿易黒字の国です!
さらに他国からの借金が少ない国です。
だからこそ円が安定していると考えられて
円高になっているわけであり
日本人が悲観的な気持ちを無くすだけで
経済なんて回復するんです!

実は経済っていうのは国民感情で動くんです。
日本という他国から見れば恵まれた立場にいるのに
国民が苦しんでいるのはどうも納得できません。。

自分さえ良ければいいという気持ちを今は隠して
頑張って地道に働いている顔の見える人から
商品を買うことできっと経済は上向きに改善してきます!

私たちがこうした方から物を買うことで内需拡大になるんです!

日本の未来って明るいんですよ~
私はそう考えているんです!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー
スポンサーサイト

デフレ、円高なんて小さい事 日本が変わる2010年

私は来年の日本経済をイメージしています。
それは2007年会社を辞めて先の展望を見通すことが必要となりました。
その時に経済情勢も見越して先手先手を打たないといけないと感じていたからです。

2007年は次の年の2008年に開かれる北京オリンピックにより
中国が急成長しそれに日本経済が引っ張られて景気が回復していました。

さらに、2007年問題といわれた団塊の世代の退職が始まり
企業が人材不足になるため就職率が向上していました。

一方、投資家が地方都市のマンションにまで投資を始め。
プチバブルのような動きになっていました。
これはおかしいぞという経済の動きをその当時感じていました。

そしてその年2007年の8月にサブプライムローンが表面化しました。

投資家のお金が小麦、石油に流れ込み
景気が落ち込むのにも関わらず原材料費が高騰し
物価が上昇するという最悪のスタグフレーションを2008年に迎えます。

経済のねじれは当然、長期間続きません。

年明けにはベアスターンズが経営悪化のために救済合併。
夏にはフレディマック、ファニーメイとアメリカ大手の銀行の危機が表面化し
リーマンブラザーズの破綻やメリルリンチの救済合併により
100年に1度の世界恐慌に突入します。

前回の世界恐慌では経済の回復傾向が見えるまで2年の歳月を要しました。
つまり、歴史が繰り返すならば2010年の夏までは経済はどんどん落ち込むのです。

個人的には自民党はそれを見越して政権を手放したのかと思うくらいです。

金融は全世界の流れなので自立した独立国家以外は影響を受けます。
二番底は年末や年度末(3月)にかけてどんどんと2段階に落ち込むでしょう。

夏の参議院選挙で日本の行方が決まりそうです。

強烈なリーダーシップを必要とする経済中心の強者依存型競争社会が楽で戻りたいのか?
1人1人が政治の事に関心を持ち議論して作り上げていく民主主義の国に変わりたいのか?

この選択次第で8月以降経済が回復した時の日本の姿が違ってきます。

この不況は日本を変えるチャンスでもあり元に戻るチャンスでもあるんです!
もはや経済が崩壊した段階で次の日本の姿を見出すチャンスなんです。
その一方で自民党は変わらないためにスキャンダルを利用して
勢いを止めようとするでしょう。

新生日本!
来年の夏にその可能性が見えます!
ここを越えたら2012年に向けての変革が起こるかもしれません。
変革をしないように国内外の権力を持つものが抵抗するでしょう!

全てを無くした時に国民が選択するのは心か金か?

『ぼろは着てても心は錦』の国か
『アメリカンドリーム
(均等に与えられる機会を活かし、
勤勉と努力によって勝ち取ることの出来るもの)』の国か

日本を変えるのは誰でもない国民の私たちです!
新たな国の形をいまこそ考えるために
ここで国内の既得権益をまずは崩壊出来るのかやはり日本らしさに戻せないのか?

焼け野原から日本は再び立ち上がれるのか?!
その先にあるのは高度経済ではない!
その次の未来国家なんです!!

これが私の考える来年の日本経済です!
個人的に民主党政権では経済発展は考えられないと思っています。
経済は衰退しつつも幸福度を上げる事を選択出来るのか?
私は出来ると思っていますが巨大な力はそうはさせないかも。。

国民感情がどのように経済を動かしていくのか?
とても楽しみです!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

タグ : 未来を占う

ざっくり商品の利益配分を考える

一般的な商品でざっくりと利益配分を考えています。
あくまで一般的な商品です。
食品など流通に時間をかけられない商品や
コンタクトレンズ、化粧品など商品の技術料が多く含まれたり
利益率の高い商品の場合には全く異なりますのでご注意下さい!

3000円のドッグフードを販売するとしてどれくらい利益配分があるのか?

まずは生産者。原料を作ります。
2割の利益を取るのですが家畜の食料費、施設維持費などかなりの経費がかかりますが
利益が少ないです。
そのため、人件費を載せる事が出来なくなり収入が下がります。

ただ、作った分は買い手があるしある程度の保障があるのですが
儲けようとすると大変です。

生産者は流通に載せて販売する事が多く(市場、せり、協同組合等)
そこでも利益を取られます。

生産者利益分600円

次が製造元。
生産者から産まれた原料を加工し製品を作ります。
直販や委託販売がありますが食品の場合在庫を抱えてしまって
売れ残った場合は廃棄しないといけません。

製造や保管過程で製品として出せないものもあるし
商品の開発にもコストがかかります。

高リスクな分だけ利益も高く。
製造業が産業の中で大きくなる事が出来やすいです。

ここでは最高の4割の利益となります。

製造者利益分1200円

次が卸業者です。
製造業が直販出来るくらいに販路を持っていればいいのですが
作っても売れなければ仕方がありません。

とにかく作った分を買い取ってくれるところが卸業者です。

卸業者も在庫管理が大切です。
売れない商品を大量に抱えたり
売れ筋業品の在庫を不足したりすれば経営に響きます。
さらに販路を拡大しないといけないという営業力も必要になります。

営業力によっては製造者からの仕入れコストを下げて
利益を2割に上げる場合もありますが
ここでの利益は1割です。

卸業者利益分300円

最後が販売会社です。
私の事業もここになります。
私は卸業者から3000円で売るペットフードを
600+1200+300=2100円で仕入れます。

最終的に消費者と接する所になるので
お客様に販売できなければ廃棄するか
ディスカウントに買ってもらうかしかありません。

万引きや劣化などのリスクも負わないといけません。

売れるかどうかの最終的な営業になるので
利益が2番目に高くなっています。

利益は3割になります。

販売業者利益分900円

これが一般的な物流ですが
現在は卸業者や製造業が直販する場合が多くなっています。
また、大手では販売業者が製造まで行ったり
生産まで行うところもあります。

そうなると物の価格が下がり
販売業者は利益を下げて価格で対抗しないといけなくなります。

定価販売出来るところは少なくなり
販売価格を下げれば下げるほど
薄利多売な売り方をしないといけなくなります。

そうなると維持をしていくのが大変になり
店舗を閉めないといけなくなってしまうのです。

私も量販店に価格では対抗できないので
配送サービスや人と人の心のふれあいを大切にしていこうと考えています。

販売店は価格以外のところに価値を付けていかないと
生き残っていけませんからね~

それでも3000円の商品で900円の利益しか出ません。
商品が売れなくて返品があったりお届けの移動費など
経費はかかってきます。

それを全く無視して月に10万円の手取り(利益)を貰うためには
33万円売れないといけません。
1つ3000円のペットフードだけなら111個。。。
休み無く毎日働いて1日3~4個売り続けないといけません。

さらに定価から1割引なんかしたら利益は600円。。
これで10万円を稼ごうとしたら1日に5~6個。。

月間に1つ売れるかどうかの今からは到底先の話ですね~

月に10万円を稼ぐというのがどれだけ大変なのか。
分かっていただけたらと思います。。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

タグ : ペットショップ 経済

デフレを止めて景気回復

100年に一度の不況が私たちの生活に実感できるものとなってきました。
不況になると売上が下がり
経営が苦しくなり
生活が出来なくなっていきます。

物が売れない→値段を下げる→利益が下がる
→給料が減る・雇用が無くなる→物が売れない

という悪循環に突入しています。

この流れを変えるには
単純にお金を使うしかないんですよね~
地域でお金を使う→地域に雇用が産まれる→地域が活性化する
という構造に変える必要があります。

地域以外でお金を使うと
お金を使う→企業の利益が上がる→株主に配当される・経営陣に配当される
この構造が富の集中を生み
お金を持っている人にお金が集まる仕組みになっています。

この格差があっても今まではそこまで問題なかったのですが
所得の低い人が多くなった時に
問題の大きさを多くの方が実感できるようになりました。

みんなが動けば世の中は変わります!
日本はまだ世界各国に比べれば
不況の影響が少ない国なんですよね~
他の国は内需が弱いので立て直すのに必死です!

みんなの気持ちをひとつにして
いまこそ、地方から日本を活性化する時期だと思います。
みんなが協力すれば景気回復なんて
なんてことない国なんですよね~

日本人の助け合いの精神が
こういうときにこそ発揮できる事を願っています!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

タグ : 経済

田舎の現状(地方都市の衰退)

インターネットをしている方は都会の方が多いように感じます。
なので都会の方に田舎の現状を知ってもらいたく
地方都市のお話をいたします!

現在衰退している地方都市の多くは炭鉱の町です。
炭鉱という産業で街は活性化して
多くの人が住んでいましたが
産業が衰退すると共に
人口が減ってきて過疎の町になって行きます。

子どもが産まれても産業が無いので
都会に就職する事になり
街の高齢化が止まりません。
地方都市に行けば行くほど高齢化が高くなってきます。

地方都市の中心街にあるのは商店街です。
人口の多い時は商店街が活気に満ちていて
人通りが激しい状況でした。

商店街に隣接した百貨店やスーパーなどが多くのお客さんで賑わったいたり
アーケードをつけて雨でも買い物を楽しめるようにしていました。

ところが今はアーケードも老朽化して
取り外すところが多くなったり
商店街自体がシャッター通りになっています。

高齢化が進んでいるとはいえ
買いたい商品が商店街から無くなると
遠出をしてでも買い物に行かないといけなくなります。

超高齢化とは人口の40%が65歳以上の年金対象となった事をいいますが
日本の社会は先進国に先駆けてこの超高齢化に突入しています。
そして高齢者に住みにくい街になっています。

商店街の疲弊の理由に大型店舗があります。
国道沿いに駐車場を設けた大きなショッピングできる施設は
商店街の売上を根こそぎ持っていきます。

しかも、その売上は地元に還元される事が殆どありません。
あってもパートという安い賃金と土地の賃借料くらいなものです。
売上は本社のある都市圏へと持っていかれるのです。。

地産地消を全く無視した店舗は
日本各地の工場や農地で作られた製品や産物を地方都市に持ち込み
その土地で作っている商品よりも安く大量に売りさばきます。。
若い人はそれに飛びつきます。。
その結果さらに地方都市ではお金が回らなくなり
生活がどんどん苦しくなっていくのです。。

自民党政権はそんな地方都市に道路を作るという
公共工事を通して仕事を与えてきました。
地方に車が殆ど通らないのに綺麗な道路やトンネルがあるのも
この政策のためです。。

しかし、この方法では過疎化は止まりません。。
地方の高齢者が住み良い街それは
私たちが高齢になっても住み良い街ということです。

老後も楽しめる社会を作る事は
結局は自分への投資にもなるのです。

地方都市に再び活性化を取り戻すことが出来れば
愛する地元で生涯を終える事も出来ると思います。

日本は貿易黒字をしている素晴らしい国です!
利益を外国人投資家に渡す企業を応援する政策をせっかく転換したのですから
内需拡大を目指すためにも国内のお金が無くて困っているところに
上手に使ってもらえるようにして欲しいものです!

日本のどこに行ってもにぎやかで活気のある
楽しい国にしたいもんですね~

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。