スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

不況下のハローワーク事情

私の所属しているNPO団体は講座やイベントなどを行うのですが
月に一度はみんなで話し合う場を設けています。
そこで私は今の試行錯誤している現状を打ち明けてみました。

すると採用が決まった会社は私に合わないのじゃないか?
という意見を多く頂きました。
私も週に3,4日程度のアルバイトをしながら
今の仕事を続けたいという気持ちもあり
今回の採用は見送ることにしました!

面接をしたときは入社する気が高まっていたのですが
冷静に考えてみるとみなさんのアドバイス通りで
週6日勤務の12時間労働で報酬制という賃金形態の会社は
私に合っているのか分からなくなりました。

働かせていただけるならどんな環境でも文句は言えない
環境に自分を合わせなきゃと考えていたのですが
客観的な意見を聴いているうちに感情の高まりが落ち着き
冷静に会社を見る事が出来ました。

また、私はパソコンや教える事が得意という個性を持っているので
パソコン講師を探せばいいのにという意見がありました。

実は何回も応募しては経験不足で落ちているという話をしたのですが
ハローワークには行ったの?という質問で
私は『ハローワークのような無料で募集している企業は本気じゃないから
あまり採用されないんじゃないか』
という常識や経験が見えない壁を作り
自分で可能性を潰していることに気づきました。

そうと決まったら即実行!
ハローワークでパート職を探します。

確かに求人情報誌ではみない職も多数あります。
もちろん、求人情報誌にあった職もハローワークには存在しています。
しかし、やりたい仕事には良く見ると条件がかなり付いています。
○1年以上の経験者
○簿記3級以上。簿記2級優遇。
○~資格保有者
資格を持った即戦力をどこも欲しがっているんですね~

職員さんが言うには求人する会社が増えてきたという傾向にはあるみたいですが
採用後すぐに利益を出せる人間を募集しているようで
その段階でかなり振り落とされているみたいです。

経営側の欲している人材と求職者との間にある大きな未経験という壁が
ハローワークに長蛇の列ができる原因の一つなのかもって感じました。

1時間半待ってやっと1社の推薦状をいただきました!
仕事を求める方がかなり多いです!!

私が応募したのは週1回で3千円くらいにしかならない仕事ですが
とにかく働かなくっちゃ!!

将来的には様々な講習会を開きたいので講師のお仕事をやりたいです!
それ以前に面接までいけるのか?

やってみなきゃ分からない!
やる前から可能性を潰したくないんです!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー
スポンサーサイト

子ども手当てと時代の変化

飲み会のお誘いをお断りするというのはどうも最近では多いみたいです。
若い方の間ではノミニケーションが少なくなって来ているようで
いざなみ景気(2002年~2007年)の日本はバブル以前とは違うんだと感じます。

しかし、高度成長であったいざなみ景気(1966年~1970年)の時では
まだまだ外での飲食は贅沢だったと思います。

つまり、昔の日本では親戚や誰かの家にみんなでお酒を持ち寄ったりして
みんながお金の無い時代でした。
だからみんなでつつましく生きることが出来たんです。

ところが現代ではみんながお金を持っている時代です。
たった千円や安くて3千円という時代の常識とは違うんです。

実際に私もアルバイトでも何でもすれば
お金を手にすることは出来ます。

ところが昔は職に就けたとしても賃金が少なく
生活するのがやっとでした。

昔と今とでは普通の定義が全く違うんです。

子どもに対する教育にかかる費用もその普通が
昔と今とでは全く違います。

1960年代では中学校の就学率が8割。
1971年にやっと9割を越えたくらいです。

それが今では高校への進学率が95%。大学も50%を超える方が進学をしています。
昔と今とでは教育にかかる普通の費用が全く違うんです。

この進学率を上げている要因に塾に通っている子どもの率
つまり通塾率の向上が上げられます。
特に大都市圏で高くなっています。

小学校6年生で4割を越え
中学生にいたっては6割を超えています。

月謝も小学生で月に1~3万。中学生で1.6万~6万と
かなりの負担になっています。

だれでも進学が出来るのが普通になり
お金のある家庭では塾に通って高学歴を得るといった
家庭の貧富による子どもの格差も生まれてきています。

どれだけ親が節約しても子育てにお金がかかる時代になってきている今を
本当にこれでいいのかと疑いたくもなります。
子ども手当てというお金の負担だけでなく
こんな日本のシステムでいいのだろうか?
そう思えるんです。

勉強を強要しない自主的な勉強方法で
日本よりも勉強時間を少なくして世界1位になっている北欧フィンランドの例もあるとおり
子どもたちがどうしたら幸せなのかをもうちょっと考えて欲しいと思います。

みんなが裕福になった時代にはその時代に合わせて
社会や教育は変えていいと思います。
ゆとり教育を推進するなら入学試験を廃止すべきでした。

天下りが多い大学経営を守ったために
こうなったようでとても残念です。

日本のように人口の多い国が大きく舵取りをするのは大変だと思います。
だからこそ私たちは子どもが競争社会に巻き込まれないように
1人1人を大切にした教育のほうが儲かるといったビジネスを生み出せればと思います。
社会起業家が出来る事といえばビジネスで解決することですからね~

ペット事業で成功してゲーム事業を展開して子どもの能力が発揮できる社会を
いつか作りたいな~
この夢が叶う時には私は何歳になっているのだろうか?
ぼんやりしている場合ではないのになとしみじみ思うわけです。。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

タグ : 子育て

尼崎のペットショップが違法飼育

MBSニュースより
http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE091210161700303409.shtml

兵庫県尼崎市のペットショップがおよそ200匹の犬をビルの屋上などで
違法に飼育していたことがわかりました。

 さらに、売れ残りの犬など毎年50匹以上が保健所に持ち込まれ、
殺処分されていたということです。

 尼崎市によりますと、問題の業者は10年以上前から5階建てのビルの中で
チワワやダックスフントなどの犬を繁殖させ、
店頭やインターネットで販売しています。

 犬は現在およそ200匹、多いときは450匹を飼育していました。

 しかし、業者はたくさんの動物を飼う場合に法律で義務付けられている許可を得ておらず、
狂犬病予防法による登録や予防接種も受けさせていなかったということです。

 「市はこの業者に対し5年以上前から指導を続けてきましたが、
違法飼育は改善されなかったということです」(記者リポート)

 市にはショップの近所の住民から鳴き声や臭いの苦情が相次いでいたといいます。

 「前々から臭いとか騒音とかすごくて洗濯物干せない状況」
 「『ウーワー』いうてお昼。金曜、土曜はスゴイ」
 「保健所に苦情を言ったが『ここは準工業地帯だからお昼の騒音はどうにも出来ない』と」(近所の人)

 尼崎市保健所は住民からの苦情を受けて業者を指導してきましたが、
その一方で売れ残った犬を毎年50匹以上も引き取って殺処分していました。

 市が1年に処分する数のおよそ3分の1がこの業者からだったということです。

 「こちらの指導不足は否めないが、やむない措置としてとってきたもの。
近隣住民の迷惑を出来るだけ減らすことを最優先にしたので」(尼崎市保育所 後藤修志課長)

 業者は取材を拒否していますが、市は今年6月以降で引き取りをやめ、
今後、指導に業者が従えば飼育許可を与える方針です。




今日、ショッキングなニュースを見ました。
利益を優先しているペットショップが報道にさらされました。

ネットで販売をしているとの事で探してみました。
かなり怪しい店舗がありましたが確かにこれは分かりにくいです。

ブリーディング(増やす仕事)をするには保管の許可が必要ですが
このショップではそれを取っていません。

動物愛護法ではこうした殺処分するような増やし方をしたものに対し
罰金があるのですがどうもそれを科させてはいないようで
好き放題です。

これが日本の愛護法の現状です。

そのショップも営業許可を取り上げられるどころか
まだ営業を続けています。

お客様はどうしてこのようなショップで購入されるのか。
知らないということはこうしたショップに利益を渡して
営業を許すということです。

自分さえ良ければ良いという社会を変えようとしている私は
こうした事件を発奮材料にして
昔はこんなことをしていたんだな~と
過去のものにしていきたいと思います!

頑張るしかないです!!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

タグ : ペットショップ ニュース

食は命の源であり命の終着点でもある

報道番組が元サッカー選手の中田さんにスポットを当て
日本の農業に興味をもたれているという放送をされていました。

海外での生活の中で日本食の良さを再認識した中田さんですが
自らが日本の食の事を何も知らない。
今回の報道では宮崎県の有機農業をしている村を訪ねられていました。

有機農業とは化学肥料も農薬も使わない野菜本来のうまみを引き出す
農法の事です。

一番問題になるのは農薬を使わないことで害虫が多い。
次に化学肥料を使わないので形が統一されない。
見た目が悪い野菜は消費者が敬遠するだけでなく
販売時のパックや移動時のダンボールでの出荷が難しく
現在の小売業界ではデメリットしかありません。

しかも、市場での単価は有機野菜以外と大差が無いのです。

有機野菜を食べた人はスーパーの野菜と全く違うと
感動をされます。

この感動を届けるために青虫を箸でつまみ出したり
水を1日に3回もかけたりして
他の農家さんよりも苦労をする割には
収穫が少なく生活が出来ない状況になっています。

生活できるまでは3年はかかるそうで
生活できるきっかけになったのは有機野菜をメインにした
飲食店と直接取引きが出来たという事です。

市場に出しても生活できませんので
高値で引き取ってくれる所を探しています。

中田さんは有機農業のブランド力を上げる事だと言われていました。

有機農業とは何か?知らない方も多いです。
まずは知っていただく事が大切です。

私は食べるものには命が宿っていて
命を頂く事で自分の命を守ってもらっていると思うんです。
だからこそ、命の終着点でもある食事を大切にして
食べるほうも食べられるほうも
命の大切さを感じて欲しいと思います。

有機栽培の専門料理店が増える事で
命を大切にする人が増えるような気がします。
自然を愛し他人を愛し自分を愛する。
そんな社会に日本がなっていけばいいな~と
番組を観ていて感じました!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

タグ : マクロビ 有機農業

食べ放題に潜む罠

私のペットショップはどこで産まれたわんこかお客様には分かるようにしています。
今の商品は不十分ですがお客様から買い取った商品は
その想いを買っていただけるお客様にも届けたいと思っています。

最近は産地情報を気にして購入していただける方も増えましたが
それでも地産地消はまだまだ進んでいません。

地方都市では特にこの地産地消を進めることにより
その地域の産業を守りるだけではなく
地域経済を活性化することは自分の仕事にも影響してくるという所まで
考えて消費していただければと思います。

食材についてはどこで作られたかという事に関心が高まっているのはイイのですが
飲食店については産地表示の義務が無いために
地産地消を進めていくのは難しい状況です。

そんな中で緑提灯(http://midori-chouchin.jp/index.php)という取り組みが行われています。

これは日本産食材を50%以上使っているというお店を分かりやすく紹介しているもので
北海道から始まったこの取り組みは日本の産業を守るためにも
大切だと思います。

外食産業で流行している食べ放題の殆どは海外の食材を使っているみたいです。
日本の食材であの価格は維持できませんからね~
その中で特に酷いのは『かに』です。

かにの食べ放題ってお得な感じがしますが
かには元々数が限られている海産物です。
食べ放題にするためにどのようにしているのか?
今まで私は何の疑問も湧きませんでした。

昔と今が違っているのは理由があります。
養殖で増やしているという理由が無い限り
そこには乱獲と違法輸入しか入手する方法は無いわけで
無知な消費者が結果的に日本の漁業を苦しめたりしています。。

天然資源をもっと大切に見直さないと
食べるものが少ない日本はどんどん苦しくなると思います。

世の中には知らないことが多いな~と感じます。
1人1人が知ることで日本人が協力し合って
助け合っていかなければ
これから相当厳しくなると思います。

この不況を乗り切るには
地元の商品を購入し地域の産業を活性化することが
大切だと思います!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。