FC2ブログ

次の秋葉原無差別殺傷事件を無くせ!教育・社会を変えます!

社会起業家としてみんなが幸せになれる
よりよい日本にしたいと考えるのは
とても楽しい事だし
それに賛同していただけたら
それだけで嬉しくなります。

この事件は、私の変えたかった、現代社会が引き起こした
歪みです。

まるで、地震の様に、社会の歪みが起こした事件と思います。

例えば、いじめ自殺でも
こども同士の交流に親のストレスが関わってきていると
私は思います。

秋葉原無差別殺傷事件の犯人も、親からの愛情を認識できずに
過度のストレスから開放するために
本音を閉じ込め
心が傷つかないように、仮面をかぶる。

自らを殺して、相手を喜ばせようとする
自己犠牲は、心に大きな闇を産む事になります。

本来は、親と子、お互いの心を開放し合い
良い面も、悪い面も認め合い、
気持ちを理解しあって
始めて教育ができるもんだと思います。

思春期は特に、ホルモンのバランスが崩れ
親からの注意や指導を抑圧に感じ
ストレスから逃げるために、感情の赴くままに行動しやすいんです。

親としては、そういった感情を受け入れつつ
決して目を離さずに、正面からこどもに向き合う必要があります。

しかし、両親とも共働きが増え、こどもを愛する時間がなくなってきています。

そういった社会状況の中で、いったい私に何が出来るのか?
その答えで今、出来る事がペットだと考えているのです。

イメージしやすいように、ペットを犬として考えます。

犬は、飼い主を愛します。
犬には飼い主以外に、遊ぶ相手も、話す相手もいないからです。
犬はとても寂しがり屋です。
飼い主に尽くし、飼い主を見つめる事。
それが犬の仕事です。

ペットを飼う理由の第3位が、こどもの情操教育です。

命の大切さ。
愛し、愛される事の安らぎ。
相手の為に生きることの嬉しさ。

犬からは大切な事を教わります。

こどもがちゃんと犬を飼えないのは
犬と心を交わせていないからです。

情操教育は教育です。
何故?どうして?を教えることができないと
『しなさい!』では『したくない』となってしまいます。

心を開放し、本音で話し聞いてもらえることでストレスを無くす。
そういう社会に日本を戻していく事が大切だと思います。

さらに犬を通して、地域交流が出来れば
おじいちゃんやおばあちゃんとこどもが話す機会が増えるかもしれない。
『あなたは決して1人じゃない!』
『あなたは必要とされている!』
そうみんなが思える社会を作れたら。。。

社会起業家として、
使命をもって障害を乗り越えていきたいと思います。

行動すれば、壁に当たる。
当たった壁を越えられた経験は信頼と自信になる。

もう迷わない!全ての障害を乗り越えて
みんなの笑顔に出会いたい!
今日は、見えなかった新しい壁を見に行くぞ!

『なんくるないさ!』

今日は事業計画書を持って
福岡市の商工会へ行ってきます!

どんどん行動あるのみ!
応援よろしくです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー
スポンサーサイト



テーマ : 成功をかなえる自分に向かって - ジャンル : ビジネス

タグ : 社会起業家 ペット 秋葉原無差別殺傷事件 教育