スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

優希流『7つの習慣』第5回 第4の習慣『Win-Winを考える』

『7つの習慣』を要約してやっと半分が過ぎました。

Win-Winの関係って良く聞いた言葉だったんですが
どうもこの本の影響みたいです。

しかも、本を読むまでは
本当のWin-Winが何かを理解していませんでした。

大岡越前さんの『三方一両損』って話ご存知ですか?
私の好きな落語のネタなんですが

ある2人がどちらが3両もらえるかで喧嘩していました。
そこで大岡さんが懐から1両出して
4両にして、お互いに2両ずつ渡したのです。

喧嘩している2人は3両もらえるところを1両づつ損をして
2両になった。
そして大岡さん自身も1両損をした。
3人が1両ずつ損をする事で
この話、円満に解決しようではないか。

というお話です。

Win-Winもこれに似ているのかな~
お互いの主張のどちらかにするのではなく
お互いの立場を理解し
お互いが納得できるものにする。

今日はそういったお話です。


○7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー さん(著), ジェームス スキナーさん (著)
, Stephen R. Covey さん(原著), 川西 茂さん (翻訳)


お互いが、お互いの立場を主張しあう事
これは良くある事です。

親と子、上司と部下、
会議での提案者とその反対意見、
営業と顧客。
いろいろあります。

そんな時一番良い解決がWin-Winの関係になることです。

今回はペットショップの経営者と
雇われ店長(アルバイト)に起こった問題で考えてみましょう。

店長は良く働く頑張りやさんでした。
しかし、パソコンのネットワークゲームにはまってしまい
夜中3時まで起きてはゲームばかりしています。

ついには、寝坊する事も多くなってしまいました。

経営者は店長と話すことにしました。

1.Win-Lose
経営者命令は絶対です。
『遅刻するな!』


世の中の常識からも寝坊する事はあってはならないことです。
本人はもちろん自覚しているでしょう!

次に寝坊したら罰金です!

経営者がWinで店長がLoseの解決策です。

殆どはこの解決策をみなさん狙います。
とにかく力や理屈でねじ伏せる。

理由がわからないならとにかく言うことを聞けばよい。
そういうことが多いと思います。

多くの人は如何にして他人の意見を変えるか
その事で頭が一杯です。

有利に立とうとする
競争社会で勝ち抜く
当たり前のように行っている事ではないかと思います。

2.Lose-Win
今回は多めにみます。
でも次回からは許しませんよ!


店長に辞められたら困るんです。
だから主張を取り下げて相手の言うことを聞く。
もしくは何も注意しない。

Lose-Winは事を荒立てたくない人が良く使います。

人とぶつかる事を避け
嫌な思いはただただ耐える。

この選択肢を取り続けるとどうなるか。
当然ストレスが溜まります。

おとなしい人が急に切れる。

それは自らLoseを選び続けていて
不満が爆発した時です。

実はWin-Loseの考え方を持つ人にとって
Lose-Winの人は非常にありがたいんです。

言うことを利いてくれますからね~
しかし、本心は全く別のことを考えてるかもしれません。

溜まっていたマグマがいつかは噴出す
そんな解決策です。

3.Lose-Lose
そんなにゲームが好きなら仕事を辞めてもらいます。

相手も自分も全てを破壊して
無かった事にしてしまう解決策です。

この解決策からは何も生まれません。
同じ問題が起きた時
また、ぶち壊すのみです。

人間関係が嫌になって転職した。

そういう人も多いと思います。
Lose-Loseの選択を選んでいると
希望をどんどん失う事になります。

失敗は成功の元と自分に言い聞かせ
いくら前を向こうとしても
気に入らない結果はぶち壊す。

そういった習慣では
何も生まれません。

4.Win-Win
このまま遅刻を続けたらどうなるか
そして、頑張って仕事をすればどういう未来が待っているか。

社会人にとって時間を守ることの大切さを教え
信頼は積み上げていくものだと教えます。

ペットショップに働いたそもそもの動機を思い出してもらい
5年後、10年後の未来までも一緒に考えます。

お互いの信頼関係、人間関係があってこそ
1つ1つの言葉に重みがあり
経営者が言った約束は必ず守ります。

相手の人格を一緒になって形成していくためには
相手が何故、深夜のゲームに夢中になっているのか
理解するところから始めます。
そして、相手を認めます。

仕事よりも楽しい事があるというのは
仕事そのものに魅力を失っているという事です。
それをキチンと理解するのです。

店長に明確な売上目標と
それに対する報酬を規約化し
達成する喜びを分かち合います。

ペットショップ内の人間関係を改善し
働きやすい環境に変えていきます。

この解決策こそが
店長もWinであり
経営者もWinなんです。

頭ごなしに否定するのではなく
何故そういう状況になったのかキチンと理解し
変革する努力を惜しんではいけません。

Win-Winの関係になるには
多くの努力が必要になるのです。

┌┐
└■目次──────────────────────────
第1回 序章
第2回 第1の習慣『主体性を発揮する』
第3回 第2の習慣『目的を持って始める』
第4回 第3の習慣『重要事項を優先する』
第5回 第4の習慣『Win-Winを考える』 
第6回 第5の習慣『理解してから理解される』
第7回 第6の習慣『相乗効果を発揮する』
第8回 第7の習慣『刃を研ぐ』
第9回 終章

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

テーマ : 人生を変えたい! - ジャンル : ビジネス

タグ : 7つの習慣 Win-Winの関係

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント

こんにちは

優希さん、こんにちは。

三方一両損の話。小さい頃、加藤剛さんが大岡越前役を
していたTVドラマで記憶に残っています。
(やるな~越前。と偉そうに心の中でつぶやいていたこと
を思い出します。〈笑〉)

WinWin。
おっしゃるように、相手と自分との違いを受け入れて、
徹底的に話しあう、理解しあう。
この姿勢が大切ですよね。

つい、このことを邪魔くさがったり、避けたりして
しまいがちですが、急がば回れですね。
しっかりやっていきたいと思います。

優希さん

こんにちは。
win winの関係。言うのは簡単ですが、実際にやろうと思ったら本当に、気力や、我慢など努力が必要です。win win関係構築能力は、この大変な努力を通過してこそ築かれるものだと思っています。職場の関係、夫婦の関係、親子の関係、いろんな失敗や挫折を味わいながらも、あきらめずに前向きに捉えていけば必ず道は開けるのではないでしょうか。

 だいぶん前、優希さんと交流するようになってから間もない頃、私のブログの「刃向かう社員」という内容にコメントをしていただいたことを覚えていますか。上司の私に何かと刃を向ける女性社員がいるのですが、この社員は、ある業務命令をかたくなに拒んできたのですが、先日、面接をしたところ、しばらくの沈黙の後「やります」と返事をしてくれたのです。

 私はこれまで、上司としての威厳を保ちながらも、こちらから必ず挨拶し、ぞんざいな言葉使いにも、筋が間違ってなければ黙って聞いて受け入れてきました。まだまだ、努力が足りないと思いますが、太陽のような心をもってがんばります。

優希さんは本当に伝える力が高いですね。

win-winの関係、すごく分かりやすく説明されますよね。

私も他の本と平行して、読んでいますが、なかなか頭に入らない時はちょっと厳しい本です。

これ以上ないくらいに、分かりやすい説明です。

私はこのような部分が弱いので、勉強していきたいと思います。

ホントwin-winしか、これからはないですね。

突然の訪問ですみません。
はじめまして、金森秀晃といいます。
経営者のブログを探してたどり着きました。

私は
東京・飯田橋でリラクゼーションサロンFee'zを経営し
その他、スクール事業や物販事業などをやっています。

経営者としては、まだまだ未熟者です。

一人でも多くの経営者の方のブログに触れて
たくさんの情報を吸収し、勉強していこうと思います。

皆様と情報交換ができることを願っております。
今後ともよろしくお願いいたします。

ジェイさんへ

ジェイさん!こんにちは!

三方一両損のお話をTVドラマでやっていたんですね~
このおはなし、心に残りますよね~

Win-Winの関係は
時間と根気がいります。
信頼や信用は簡単に両者の間には
築けないですからね~

でも、急がば回れ!
一番大切な関係なんです。

楽していい関係になろうっていうのが
甘いんだと思います!

優希さん、おはようございます!

今回も、大変勉強になりました。
WIN-WINの関係で、とっても分かりやすい内容でした!

理解し合うまで話し合う、お互いにとっての幸せを一生懸命考える、多角的に見て最善策を考え提案する・・・

出来そうで出来ないこのWIN-WIN!でもそうであるべきですね♪

やっちゃばの士さんへ

こんにちは!
誰もが相手といい関係を築きたいと望むのですが
これが簡単なことではありません。
だからこそ、より強固な信頼関係が出来るのですが
最近の人はこの努力が億劫に感じるんでしょうね~

希薄な人間関係は
Win-Loseの関係になりがちです。
だから人は
自分はWinになっていたい。
そう思うんでしょうね~

『刃向かう社員』
覚えていますよ~
少しいい関係になれたんですね~
女性の場合、褒める事が大切です!
叱る5倍は褒めないといけませんから
扱いが大変なんです。

大変だけど、潜在能力は高いですよ~

Lose-Winにならないように
Win-Winの関係にしていきたいですよね~
これからも時間を作って
良い関係にしていく必要がありますね~

小さな約束を守って
信頼関係を築く事が大切ですね!

gonsukeさんへ

7つの習慣は読みにくさNo.1ですね~
行間を理解しないといけないのは
この本だけだと思います。

私の説明は本のただ1部の箇所を
大きく引き伸ばしているので
分かりやすいんだと思います。

7つの習慣は濃縮されていて
全ての要素を取り出そうとしたら
原本1冊で7冊は本が出せそうです!

これからも1つの要素を取り出して
分かりやすくお伝えします!
後半分!
頑張ります!

金森さんへ

初めまして!

ブログのルールとして
コメントするときは内容に触れた方がいいですよ~

2日前にリサーチされて
今回19秒でコメントされていることから
機械的に人に会っているのが
まる分かりです。

礼儀とは
ブログでも人でも同じと思います。

機械的、マニュアル的な応対は
相手に不信感を抱かせます。

サービス業をしていた私にとって
そういう応対は厳しく教育をしてきました。

今回のテーマのWin-Winで例えれば
こういった世間でのルールや当たり前の約束事を
1つずつ守ることで
お互いの信頼は生まれるのです。

Win-Winの関係を続けたいと望むのであれば
当たり前の事は当たり前にすることが
大切だと思います。

らんさんへ

お褒めいただき嬉しいです!

いい本なんで
後半分、出来る限り詳しく説明していきたいと思います!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。