スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

男女共同参画講座の見学実習

ついに男女共同参画サポーター活動も始まりました!
まずは、実際に行われている講習の見学です。

私は3期生になるんですが
実際に、サポーターの先輩(2期生)が講演している姿を見たり
内容を確認したり、会場の雰囲気を感じたりと
1時間半の間でやることがいっぱいあります。

現在行われている講演を参考に
私の講演内容やプログラムを作り上げていきます。

やる気満々の私は全2回行われる実習講座全てに参加します!
やはり、体験は多いほど勉強になりますからね~
アンテナでまくりでかなり集中して会場の雰囲気を確認していました。

平日の19時半に開始されたのに
参加者は年配の方が圧倒的に多く
若い方の地域への関心の無さが分かります。

地域によって、来客層も違ってくるとは思いますが
働き盛りのお父さんやお母さんは家でゆっくり又は仕事中。
育児している方は子どもを置いて1人で聞きに行きたいとも感じていない。
そんな気がしました。

よって、時間に余裕があり、地域への関心が高い
高齢者が増えるのも納得できます。

講師の方は元アナウンサーで声が綺麗!
人気の秘訣が分かります。

このサポーター以外にも様々な会場での司会をされているので
講演会の実績があるから需要もあるんでしょうね~

盛り上がったのは男女共同参画クイズをやった時です。
一方的に聞くよりも参加できた方が盛り上がりますね~

会場で眠っておられる方はやはり1割はいらっしゃいました。
ここに目が行くか、真剣に聞いていただいたいる方に
目が行くかで、大きく変わってくると思います。

みんなに楽しんでいただこうとしたら
やはり、眠れない、楽しい内容がいいかもしれません。

ただ、今までにやったことのないプログラムは
依頼するほうも警戒し、需要が無いかも。。。
このあたりは、ニーズを上手く把握する必要があります。

やはり、住んでいる地域の男女共同参画会で
プログラムの練習をさせていただけるのがいいかもしれませんね~

内容は男女共同参画とは?っていう
どうしても固い内容になってしまっていまして
学校の授業みたいでした。

『政府が薦めている理由』、『ジェンダー(社会的性差)とは?』
『男女共同参画の現状』『各種データ』『最近の新聞記事からの話題』
『何故、男女共同参画社会にするのか?』
『私が思う男女共同参画社会』『家庭から始める男女共同参画』
『昔と今で変わる男女平等』『女性が働くということ』

最後のほうで盛り上がありました。
やはり、高齢者が多いので、昔と今との違いや
女性が働くことについて思うこと、感じた事があるみたいです。

会場に耳を傾けると
『女性は家にいるのが一番楽や』とか
『女性が働くと子どもが産まれんはずや』とか
女性が社会に進出したが為に
少子化が行われていて、そんなことしないほうがいいという
考え方が地域にあるのが良く分かります。

だから、働く女性は蔑まれたり
非国民的な空気がやはりあるんでしょうね~

戦後の『産めや増やせや』の価値観をもたれている方が考える
少子化の原因は、やはり、女性は産む機械なんでしょうね~

『男子厨房に入らず』という価値観を持った方に
この男女共同参画社会を理解していただくには
どうしたらいいもんか。。

女性が出産育児で会社から離れなきゃいけないのが
非常にキツイので、出産をしないという選択を選んでいるのが
現実です。
この部分には共感がありませんでした。
身勝手(我侭・自己中心的)という考え方があるんでしょうね~

女性に生まれたら働かない方がいい。
それが社会のため。

そういった考えでは地域の協力が得られないばかりか
働く女性に対し冷たい眼でみられたり
パートナーの親からも働くことを反対され
育児を強要されることになりかねません。

子育てって夫婦だけでするもんなんでしょうか?
子は宝です。
地域や親が子育てに参加して
多くの価値観を子どもに与える必要があると思います。

地域や子どもの親の親世代が女性の社会進出に反対する態度を
取る以上、世代間の溝が埋まらない気がします。

高齢出産は母体や生まれてくる子どもに悪影響を及ぼします。
幸せな家庭を作るためにも地域の協力が必要になってくると
私は思うんです。

女性が社会進出する現代社会と、地域が歩み寄れる提案を
私はしていきたいと考えています。
お互いがお互いを必要としているんです。

意地を張って個人の権利を主張したり
価値観を曲げないで押し付けたり
そんな社会を変えることで
幸せを一杯!増やしたい!!


それが私の目指す男女共同参画社会でもあります!
いい仕事を選びました!
これからもっと楽しくなってきそうです!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

テーマ : 頑張りまっしょい! - ジャンル : ビジネス

タグ : 男女共同参画

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント

なるほど~

出産すると社会復帰が難しい⇒出産しない女性が増える⇒少子化⇒女は社会進出するべきではないという価値観⇒最初に戻る

というデフレスパイラルですね~!!!
どこかで断ち切らないと・・・!!!

こんにちは。
んーー、これって、どうなんでしょう・・・
子供を産みたい女性は多いですよ。
それを、社会に出ているから。
と決め付けるのは違うと思います。
確かに、キャリアを優先すると結婚も出産も遅れるし、
諦めてしまうケースもあるでしょうが。

過去のことや、こうなった経緯を言っても仕方ないので・・・
これからのことを考えると、少子化高齢化というのはもう決まっていることです。
年金問題や、その他もろもろこの問題を引き起こすことを防ぐには、
もう女性に社会進出を促すしかないのではないでしょうか。
はたまた、高齢者自身に働いてもらえる整備をする。
私は、この2つしかないと思っています。

それに優希さんが言っておられるように、
子供は女性一人の子供ではなく、夫婦二人の子供です。
子育てに、仕事をしているしていないは関係のないことだと思います。
お互いが、尊重しあい、譲り合い、受け入れることができたなら、
社会的援助は必要かもしれないけど、夫婦共働きでも可能だと思うんです。
優希さんのなさろうとしていることは、
これから必ず必要になってくることだと思いますよ。

気が付けば、だらだらと長くなってしまいました。
このところ、こんなことを考える機会が増えているのもので・・・
お許しを

すごく難しい問題なんですよね~
女性の考え方(タイプ)によっても違ってくるでしょうしね~

妊娠~出産~育児(特に小学校に入るまで)は、ほんと大変なんです。
親が一緒に住んでいる方ならまだしも、そうじゃない夫婦の場合はとくに大変です。
※なんて言ったって、親がいないと何もできない時期なので・・・

うちは生まれてから半年で、保育所に預けて共働きをしてましたけど、それはそれで生活に追われる感じで大変でした。(当時は嫁さんも仕事にやりがいを感じていて、早期復帰を望んでいたので)、でもそんな追われる生活にも疲れて、幼稚園のタイミングで嫁さんには専業主婦になってもらい家庭にも余裕がうまれました。(逆に生活は大変になりましたが)・・・

どっちが幸せ感があったかと言うと、嫁さんが家にいた時かなぁ~(ちなみに今は嫁さんはバイトに出てますが)

長々書いてしまいましたが、いろんな問題があるということなのです。
なので、地域の力がもっと身近で感じられれば、違った展開が生まれるかもしれませんね!

頑張ってください!!

こんばんは~。

>女性が出産育児で会社から離れなきゃいけないのが
>非常にキツイので、出産をしないという選択を選んでいるのが
>現実です。

いや~、この件については僕には何も申し上げることはありません。。。
優希さん、相変わらずで。うはは。

今回の記事で思ったのは、やっぱきれいな声ってのは大切なんだろうなってことです。
小奇麗な格好しているとか、そういう要素も講演の際には大きなものになってくるんでしょうね。

こんばんは・・

日本の今の政治は・・

少子高齢化を・・国が・・

あっせんしている様な・・政治ではないでしょうか?

うちは3人子供がいますが・・

どこに泊まりに行っても・・・

4人部屋が多く5人家族を・・考えていません・・

なぜ・・・・

応援!ぽち!

このブログにも書かれてますが
やはり若い世代の参加が必要ですね。

これからの地域を支えるのは若い力。
その世代の方々を巻き込んだディスカッションが
地域活性化の鍵になるかもですね。

難しいことですが優希さんなら
できると思っています。
応援ぽち!

元気もらいました☆

活力溢れる記事に、元気をもらいました☆
それにしても、やっぱり年配の方ほど
もっと社会と繋がりたい!と、役割を求めておられるんですね☆
これから、楽しみですね(^-^*)

おはようございます。

一般的には硬いテーマなので、参加型のセミナーで分りやすいセミナーにすると参加者の満足度は高いでしょうね。
セミナー後の感想はいかがでしたか?
感想を読むのも、主催者の楽しみなんですよね。

次回も楽しみ!

ポチッ

亜沙美さんへ

素晴らしい分析ですねっ!

出産すると社会復帰が難しい⇒出産しない女性が増える⇒少子化⇒女は社会進出するべきではないという価値観⇒最初に戻る
この流れを断ち切るには
出産後の社会復帰を楽にする事が大切です。
地域や家族の協力があってこそ
成り立つ事だと思いますよ~

本当に勉強になりましたよ

ありなさんへ

こんにちは!

>子供を産みたい女性は多いですよ。
そうなんですよね~
子どもを産みたいっていう気持ちはあるんです。
でも、産みにくいっていう環境もあるんです。
結婚して退職すれば確かに子どもを産みやすい
環境にはなるんですけどね~

それ以前に男子も女子も働きすぎで
出会いが少ないみたいですよ~

>子供は女性一人の子供ではなく、夫婦二人の子供です。
>子育てに、仕事をしているしていないは関係のないことだと思います。

この価値観があるのは若い人だけなんですよね~
これを地域に理解してもらうのが大変なんです。
子育ては2人だけの問題じゃなく
必ず周りを巻き込みますからね~
それでいいんです!
夫婦だけで全てをやろうとするよりも
多くの人を巻き込める環境に私はしていきたいです!

熱いご意見ありがとうございました!
熱いありなさん!大好きです!

らんさんへ

男女共同参画に熱いご意見ありがとうございます!
私が理想としている家庭であるらんさんのお話は
とても参考になります!

らんさんの家庭のような大変さを軽減するために
コミュニティビジネスがあります。
昔は地域でやっていた事を
ビジネスがサポートするんです。
今日はその話を聴いてきました。

らんさんはやはり、帰ってきたら
『おかえりなさい』って出迎えて欲しいタイプですね~
やはり、帰ってきての癒しを求めるんでしょうね~

でも、今、パートに出られているって事は
やはり、働きたいんだと思います。
その気持ちを大切にされている
らんさんが素敵だと思います!

ドクさんへ

こんばんは!

ぉ!流石ドクさんですね~
一方向からのデータの見方をすると
厳しい突込みが来ます!

私もドクさんに突っ込まれて
これは決めツケだって感じました。

やっぱり、共感した所って
納得しがちなんですよね~
例えそれが1方向からしかみてないデータでも
つい信じてしまいます。
勉強になりました!

misawaさんへ

こんばんは!

確かに今の政策では
少子高齢化を改善できそうに無いですね~

年間1.7兆円も使っているんですけどね~
どこに消えているんでしょうね~

5人家族の部屋がない。。
納得です。。
大家族割りってあった方がいいですね~
そういうとこに補助金出せばいいのに。。

takaさんへ

若い世代は率先して
社会を変える努力をしないといけませんね~

働く権利を主張した時は
働ける環境を作る義務もあると思っています。
男女共同参画社会を作り上げるのは
権利を守るための責務です!

女性が働きやすい環境にしなくてはいけません。
まだまだ日本は劣っているんですからね~

あこりんへ

ご年配の方は地域への関心が高いです!
昔はそれが当然だったんですよね~
その価値観が無くなっていく事で
多くの弊害が生まれました。

もう一度、地域への関心を高まることで
社会問題を解決していく方向に
進むことが出来たら
日本はまだまだよくなると思いますよ~

頑張りましょうね~

YHさんへ

おはようございます!
参加型にするのはいい方法です!

みなさんがどう感じたのか
感想も聞いてみたいですね~
またお伺いしてリサーチさせてもらいましょう!

mihoさんへ

勉強していただき
ありがとうございます!
嬉しいです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。