スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

悲しみの向こう側に

昨日は水曜日なんで、皆さんに反響がいい
地域づくりセミナーのいい話をしようか
それとも、『とんでもない無料セミナーに参加!参加者は私1人』
という楽しい話にしようか迷っていました。

チラシにいただいたご意見と
このとんでもないセミナーに参加して感じた事と
悪い点がかぶりそうなんで、
頭の中をまとめるべく
その話をしようと決めていました。

今日は朝から障がいのある子どものサポーターになるために
講座に出かけておりまして、前日にこのお話を書いております。

その前にみなさんからコメントをいただいていたので
日付が変わる前に応援クリックを先に済ませるブログ周りをしているときに
あるニュースを発見しました。

ライブドアって上に新聞記事の見出しが出るでしょ!
それをクリックしたら感動的な話があったんで
急遽変更してこのお話にすることにします。




http://news.livedoor.com/article/detail/3879030/
脳出血を起こした東京都内の妊婦が、かかりつけの産婦人科医院に搬送された。
担当の医師は、脳内に何らかの異常が発生していると判断し、
最初に都立墨東病院に受け入れを要請したが断られ、
墨東病院を含めて8病院に打診したものの、すべて断られた。

結果的に、最初の墨東病院が当直外の医師を呼び出して受け入れたが、
出産後に死亡した。

今回のケースだけでなく、受け入れを断る理由のなかに、「満床」があるが、
これを医療関係者の間でも、疑問視する動きがある。
10月28日に放送されたTBSの、「みのもんたの朝ズバッ!」のなかで、
名古屋第一赤十字病院が、「満床でも受け入れる。
治療後に安定したら、他の病院に搬送する」という方針を決めたことが取り上げられた。

この動きが全国に広がれば、悲しい出来事は減少するだろう。


ここまででもいい話です!
満床だから断るんじゃなくてまず助ける方法を取り
その後の事は落ち着いてから考える。

出来ないと簡単に断って責任を逃れるのは簡単ですが
そのために人の命を見捨てるってことは
相当な心の痛みが伴うはずです。

命を救いたいから医者になったはずです。
なのに。。。。現実は。。。
何の為に医者になったのか!
そこに立ち返った名古屋第一赤十字病院は素晴らしい決断です。

お医者さんだけに負担をかけささないためにも
患者さんも協力する必要があります。

無駄な救急車を呼ばない事や
妊娠したらかかりつけの産婦人科を作ったり
当たり前に協力できることをすることが大切です。

私が感動したのはここからです。


一方、死亡した妊婦の夫が厚生労働省で記者会見をしていたが、
まさに気丈な夫という感じだ。
記者会見のなかで、当直だった墨東病院の医師に対して
「病院をやめないで欲しい」と要望した。
そして、

「亡くなった妻に赤ちゃんを抱かせてくれた。墨東病院には感謝しています」
と現在の心境を明らかにした。

産婦人科を希望する医師が少ないのは、
勤務状況が厳しいということが理由に上げられるが、
出産時のアクシデントで、
その責任を医師に求めるという訴訟リスクも産婦人科が敬遠される理由だ。

しかし、今回の死亡した妊婦の夫の記者会見を見れば、
産婦人科の医師のすばらしさを知るだろう。
新しい命が生まれる出産に立ち会える産科医という仕事は、
すばらしい仕事だと実感した。


息をしなくなった妊婦さん
帝王切開でお腹は開かれていて
自分の命を子どもに託しました。

そして、その子どもを抱きたかったっていう想いを叶えさせてくれた
病院と、その事に感謝できる妊婦の夫。

こんな悲しい出来事なのに
どうして感謝できるんだろう
どうしてこんなに優しさに包まれているんだろう

この男性は悲しみの向こう側に何をみたんだろう
私が生きてきてここまでの悲しみに出会ったことはありませんから
どんな気持ちなのか、共感はできません。

今まで元気に赤ちゃんが誕生すると浮かれていた
幸せ一杯の家族から突然、愛する人がいなくなってしまう。

そんな深い悲しみのなかで感謝できるなんて

私も多くの人に支えられてここまで来ました!
感謝の気持ちは忘れてはいけません。
そして、これから出会う方も
1人1人大切にしていかないといけません。

何も無いことが幸せなんだ!
そして、何かあっても幸せなんだ!
どんなときも感謝を忘れてはいけない!
改めてそう心に誓いました!

泣きながら考えた事は。。。

チラシやり変えよう。。。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

テーマ : 知っておいて損はない!! - ジャンル : ビジネス

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント

こんにちは・・
この方の・・コメント・・テレビで見ました・・
僕も感動しました・・・
というより・・泣いちゃいました・・
もし・・自分だったら・・・

・・・・・あんなに人間できてないでしょうね?

あってはいけないことです・・勿論・・

病院が拒否をするなんて・・・

この事故を教訓に・・考えて欲しいものです!

・・・・ぽち!

モンスターペアレントならぬ、モンスターハズバンドが増えているそうです!
産婦人科医に無茶な要求をするそうです。
産科を廃業した病院もあったそうです。

それにひきかえ、亡くなった妊婦さんの旦那さんは素敵な方でしたねぇ♪

どんな時も、感謝の心を忘れずにいたいですよね☆

僕もその男性の会見の様子を見ました。
こういうケースで裁判になり争うという場面を見ますが、この男性のコメントに泣けました。果たして自分は同じ場面で同じことが出来るのだろうかと、真剣に考えさせられました。
どんな状況においても感謝を忘れない姿勢に胸をうたれます。

コメントありがとうございます。v-33

感動して涙がでました!!

そうです~
何もないことが幸せなんです~
感謝です。。。

このニュースは話題になりましたから知ってましたが、ほんと悲しみよりも感動をおぼえました。

産婦人科問題は全国的に起こっています。
仙台でも、出産できる病院って年々減っているのです。
出産前まで通える産婦人科はけっこうあるのですが、お産はしない(できない)のです。

総合病院は通うのが大変だし混むし・・・

できれば近くの産婦人科が一番いいのですが、どんどん減ってきてるし先生が足りないようです。
なので数少ないお産までできる個人病院は、料金が上がってきているのです。

少子化問題とか言ってるわりには、改善が見えないのが現状なのです。※来年からは、出産後に返ってくる一時金が増えるようなので、少しは改善されるようですが・・・

今回の旦那さんの気持ちを考えると、なんて言ったらいいのか言葉もでませんが、感謝の心の幅を感じる一件でした。

優希さん ご無沙汰です♪
っていつも読み逃げですみません。
でもいつも拝見してますし、応援クリックもしてますからね~(^^)

今回の記事。あまりに感動与えましたね。
心が洗われるようです★

こんばんは~。

今回のこの事件については、今の僕には他人事とは捉えられず、本当に心を痛めてました。
旦那さんのご発言、はじめて知りましたが、感動的と言うか何と言うか、胸が詰まります。

彼の心の中は、きっとやり場のない悲しみと、怒りと、不条理感でいっぱいで、混乱の極地にあるのだと思います。
おそらくはそんな心境の中、コメントでは医者を気遣い、「感謝」という言葉を吐いた。

その理性の強さ。そこに僕は、畏怖の念すら抱いてしまいます。

願わくは、このような事件が二度と起こらないことを。。。

優希さん
確か青森市立病院?だったかなこちらも名古屋の病院と同じく満床でも、研修医の当直室をつかってでも受け入れるって言ってました。
でも、ご主人は素晴らしい方ですよね。
私も子供2人とも立会い出産しましたが、もしこんなことが起こっていたら狂乱しますね。
私と器の大きさが違いすぎます。
本当に素晴らしい・・・。
お子様もスクスクお母様の分まで、一生懸命生きて欲しいです。奥様のご冥福を祈ります。
優希さん、何かなくてもありがとう・・・ですね。

この男性の会見を見たとき、ボクが妻の出産に立ち会ったときのことを思い出しました。
痛み苦しむ妻を見て、ボクが感じたことは、
「子どもよりも、妻の体の安全を最優先にして欲しい。。」

夫なら多分皆そう思うはず。
でも彼は逆になった。
底知れない悲しさの中での気丈な会見に涙が浮かびます。

人の命が失われる悲しいニュースが多いですね。

お母さんは子供を抱きたかったでしょう。
お子さんはお母さんに抱かれたかったでしょう。
お父さんも母子抱き合う、当たり前とも思えるそんな光景を見たかったでしょう。

人の生き死に比べたら、それ以外のことなど何も大したことはないように感じます。

生きていることに、生かされていることに、もっと感謝の気持ちを持たなければなと感じます。

小さなことにクヨクヨなどしていられない。
心ならずも生きることができなかった人の分まで、精一杯生きるのが、生きていく人の使命のひとつだと思いました。

応援、ポチ♪

おはようございます。

このご主人のコメントは知りませんでした。
立派な方ですね。
感動しました。
本来産婦人科医は、命の誕生をサポートする建設的な素晴らしい仕事ですよね。でも今は希望者が少ない。
それは患者側の責任もあるのですね。
このようなご主人ばかりだと、日本の少子化は解消され、いや前向きな素晴らしい社会が実現しますね。

いい話でした!

ポチッ

複雑

確か会見で素晴らしい生命の誕生と大事な命を失った
二つの出来事が同時に起こった
想像できません
立派な旦那でお父さんだと思う、病気は医者のせいではないのはわかっていても責める気持ちはあると思う、しかししない
子供が元気に成長することを祈ります
ありがとう、暖かい気持ちを思い出させてくれて

misawaさんへ

こんにちは!
産婦人科が懸命に対応してくれて
墨東病院もその気持ちに応えてくれたんでしょうね~

みんな必死だった!
だからこそ誰も責めれなかったんでしょうね~

病院が拒否しないために
私達で出来る事を考えるのも
社会貢献の一つだと思います。

今の社会問題を解決出来るように
頑張ります!

亜沙美さんへ

モンスターハズバンドですか~
始めて聞きました!

交流が少ないと我侭に育ちますね~
交流サロンではモンスターはいませんよ~
人と係わり合いを持とうとしている人は
モンスター化しないみたいです。

やっぱ交流が一番ですね~

こーしろーさんへ

どんな状況においても感謝を忘れない姿勢に胸をうたれます。
感謝の心って心を亡くしたら絶対に出てこないですよね~

自己中心的な人には無い感情です。

だからこそ、多くの人に感動を与えることが出来るんですよね~

mihoさんへ

私も泣きました!
読み返して、また泣きました。。

tamirinさんへ

今日1日何も無かった事に感謝できるように
なりたいですね~
毎日幸せです!

らんさんへ

出産できない産婦人科って増えてるんですか!
知らなかったです!!

少子化ってそんなところにも影響が出てるんですね~
子どもを産みにくい環境は改善しないといけないですね~

感謝の心の重みを改めて感じました。
私も出来た人間になりたいです!

masamiさんへ

こちらこそご無沙汰しております!
応援クリックありがとうございます!
ランキングも7位まで戻ってきました!
ブログ周りも出来ていない私に
これだけクリックしていただけて感謝しています!

このニュースを見たときに涙が出てきました。
悲しみの涙じゃないですね~
感動したんだと思います。
心洗われるお話ですね~
でも、この悲しみを作らないように
みんなで努力すべきですね~

ドクさんへ

こんばんは!
私もこの件については知っていたんですが
泣くなった妊婦さんの夫のコメントを
始めて知りました。

胸が苦しくなりながらも
悲惨な現場にある優しさを感じ取れました。

みんな必死に命を守ろうとしたんだ!
だから誰も責められない。

このような事態を作った社会構造に責任があり
それは、交流の無さにも関係してくるんだ!
そう思えてならないのです。

人々の交流が盛んになっても
明るい未来があるとは限りませんが
少なくとも、互いに協力し合う気持ちが
芽生えるはずです。

元気な日本をみんなで作りたいです!

gonsukeさんへ

引き受ける病院が広がっていくって素晴らしいですね~
それも、この方の影響力だとしたら
社会に与えた貢献度はもの凄い事だと思います。

器が大きい人って
何かを成し遂げる事が出来ますね~
この方も多くの方に支えられながら
生きていけると信じています。

私も頑張って器を広げていきたいです!

リックルさんへ

思い描いたことと逆になった現実。
それを受け入れ感謝できる。
その事がとても素晴らしいって感じますね~

この辛さを受け止めて前向きに生きることが出来れば
きっと多くの人が助けてくれると思います。
だから、人を責めないで欲しいです!
言うのは簡単ですが
こうして行動している姿を見ると
感激してしまいます!

らいふさんへ

人の生き死に比べたら、それ以外のことなど何も大したことはないように感じます。
まさにその通りですね~
自殺者が3万人もいるという事実に驚かされます。
こんなにも切ない死があるのに
自ら命を絶つなんて信じられません。

命を絶つのに値する事って何があるんでしょうか?
生きていることに感謝すべきですよね~
必要とされていない人間なんていません。
ボランティアの世界では人は足りないんです。

どうぞ、困っているところに行って下さい!
そこにはあなたを必要としている人はいるんです。
破産していたって必要とされているんです。
孤独になっている余裕は無いです!

精一杯生きて欲しいです!

YHさんへ

おはようございます!
社会を変えるのは1人1人が考え方を変えることです。
産婦人科が少ない理由を
医者不足の理由を
もっと考えれば、社会は変わるはずですね~

この方のような人がもっと増えれば
いい社会になると私も思います!

滝さんへ

滝さんも子どもの大切さを実感されましたね~
凄く嬉しいです!
改めて子どもの大切さを教えてもらいました。

命がけで産んだ子どもです!
大切にする気持ちを忘れてはいけないですね~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。