スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

地域課題解決に向けて

昨日は待ちに待った地域づくりセミナーでした。
この日の為に『地域課題解決方法の検討』をしました。

まちづくり1・2、子育て、環境、高齢者・身障者の5つのグループに分けて
各グループで課題の検討を行います。
まちづくりは防犯も含めているので、人数は多めになって2グループになりました。
私は子育てチームに入りました。

今回は、実際に計画を実行するのではなく
実行するためにはどんな手順や議論を展開したり時間配分を検討したり、
そんな経験を積む事が目的です。
だから、ここで生まれた解決策を実行しなきゃいけないというものではありません。

それをふまえて検討する事にしました。

1.地域課題の明確化

①地域課題は何か?
この課題はグループ内(2人だけでしたが)で意見が一致しました。

私の出した課題は『子育て世代の孤立』
ですので、それを含めてグループの意見を調節していきます。
グループでは家族間の交流不足という形にしました。

②地域課題が生じている原因は何か?

私の意見は『子育て世代の地域との交流下手が地域問題の原因となっている』
という物なので、これをふまえて掘り下げていきます。

何故、子育て世代は交流が下手なんだろう?
それは、地域交流経験がないから。

地域との交流は親から当たり前のように受け継がれていきます。
親世代が交流を経験していなかったり
地域交流を消してしまっているので
今の子育て世代が交流のやり方を知らない。


井戸端会議
それは、地域の親同士が交流している場でした。
親同士が外で仲良くしているので
子ども達は外で安全に遊んでいました。

年齢の差はあれど、地域(近所同士)が付き合うことで
子ども達同士も年齢差を越えて仲良くしていきました。

それが、集団登校という自然発生的な文化を創りました。
集団登校は地域の子ども達が自発的に集まり
年長者さんが年少者さんを安全に学校に届ける地域文化でした。
もう今は、この文化は地域にありません。

また、井戸端会議も外に親の目があることで
地域には人の目があり、安全だったのです。
こちらも地域に存在しません。

親世代が人との交流を避け、仕事に時間を使いすぎたために
安全・安心がなくなってきた。
その結果、子ども達が地域で遊べなくなってきた。

それは、交流の面でも、安心の面でも外で遊ぶ事は決して
楽しいものではないという価値観が生まれてしまった。
そのように考えました。

③この地域課題が解消したらどのような効果が生じるのか?
ここでのポイントは解決を明確にすることです。
どこまで行けば解決なのか。
それが漠然としていると目標が無いので解決に向かえません。

まずは、効果を考えます。
もちろん、その効果は世代間での交流が出来る事です。
交流が出来る事で孤立がなくなります。

また、話してスッキリしたり、互いに助け合う事で
家庭だけに絞り込んでいたストレスを吐き出すことで心に余裕が出来ます。

一番いいことは、子育ての負担や不安が減ります。
親だけが子育てをすると、子どもの教育にもよくありません。
1つだけの価値観・経験しか知らない子どもは
親としては育てやすいのですが、子どもの将来を考えると
困難を乗り越えられる能力を身につけることが出来なくなっちゃいます。

じゃぁ、交流できた目標はどこにあるのか?
目に見えやすく、実感できる目標達成を考えていきます。

そこで見た目でも分かりやすい、
公園で地域の方が遊ぶ(話す)事!
これに決めました。

公園によっては色んな良い面、悪い面があります。
地域の方が公園に集い、公園を好きになることで
良い面は伸ばし、悪い面は改善していく。
外からでも賑やかな事が分かる公園は地域活性化の元気の印なんです!

この賑やかがどの程度か、数値化できるのが1番です。
時間帯平均で、現在10人しかいない公園を30人にすれば賑やかになれば
それが、その公園の数値目標です。

みんな公園にいると思ってもらえるだけの占有率(40%)を目指します!


2.地域課題の解決方法

①地域課題の発生原因の解決方法は?
交流の基本は会話です。
会話を増やす事ので一番簡単なのは挨拶です。
挨拶は朝の散歩でよく見られる光景です。
朝の挨拶運動なんかもいいかもとは思いましたが
やはり、上に出た公園をもっと広げていきたくなりました。

ってことで、どうすれば公園の利用を増やせるのかを真剣に考えました。
テーマは楽しい公園!
公園に楽しさを作るにはどうしたらいいのか?
楽しくなければ続かない!

公園で楽しく遊ぶ事を考える仲間作りからはじめよう!
そんな結論に達しました!

②解決方法の中で最も容易に出来るものに絞って、
具体的な方法を5W2Hで考える。


誰が、誰と、いつまでに、何を、どこで、どのような方法で、どれくらい行うのか?
これがキチンと抑えられてより具体的になります。
漠然としたアイデアを現実のものとして
人に伝えやすくするためには5W2Hは欠かせません。

上の課題を具体的に考えてみました。
誰が
これが結構、問題です。簡単に考えがちですが人を集めるのは容易ではありません。
ってことは、既に集まっている地域の人に協力してもらえばいい!
集まっている地域の人=公民館のサークル&サロン
高齢者から子育て世代まで幅広く地域の人が楽しんでいる!
このメンバーに手伝っていただこう!
そういうアイデアが出ました!

誰と
もちろん、ここは地域の方とです。
公園で楽しそうな事をしていれば、周辺地域の方が見に来ます。
その方々を引き込むのが目的です!

何を
サークルやサロンの活動を

どこで
公民館の中だけでなく公園で

どのような方法で
みんなで外で遊ぼう企画として

どれくらい行うのか?
月に1度。
もちろん、色んな団体の日程がかぶってもいいんです!
そこから交流がはじまるんです!
だから合同になってもいいです!

これが子育てグループが出した結論です!
2時間という時間内で上手くまとまりました!

凄く楽しかったです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

テーマ : 地域活性化のために - ジャンル : ビジネス

タグ : 地域活性化

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント

こんにちは!

身近な公園がコミュニティーの場になり、地域活性化につながっていくというアイデア、素晴らしいですね♪
何かと物騒な世の中ですから、そういう集まりが公園に出来ると子供も安心して遊べますね!どんなにテクノロジーが発達しても、大切なのは人と人のつながりですからね。

子供は外で遊ばせなくっちゃ・・
いかんですよね!

小学生は、ゲームボーイ・

中学生は、携帯電話が・・無いと・・

友達が出来ない今の世の中を変えなければ・・

どんどんおかしな子達が増えて行っちゃいます・・

外で遊ぶ!最高!

ぽち!

こんばんは~
今回も共感一杯の記事ですね~~~
読んでいて嬉しく元気になれるんですよね!
いつもありがとうございます♪

私も会話は挨拶からだと思っています!
毎日中学生と目を合わせて、おはようございます!と声を掛け合っているんです。(って掃き掃除しながらなんですけど)
とっても気持ちの良いスタートになっているんですよね~
子供達よ!ありがとうって気持ちなんです(^^)

>親世代が人との交流を避け、仕事に時間を使いすぎたため>に安全・安心がなくなってきた。
>その結果、子ども達が地域で遊べなくなってきた。
そうですよね。そう言えば、親同士の井戸端会議って見なくなったなぁ~って気づかされました!
人との交流を避けているのは寂しいことです!!
こんな良いこと無いのにね~

地域活性化は、身近な視点、身近な場所からスタートですね。
コミュニティーの輪が大きくなればすばらしいと思います。

娘が小さい時には、行政でやっている家庭支援センターの遊戯施設場や公園などに良く行きました。
子育てに参加するお父さんも多く、子供をきっかけに親通しの交流もできたような気がします。

活気があって、安心できる地域環境が良いですよね。

TVのサザエさんに出てくる、幼稚園にも上がっていないタラちゃんが三輪車に乗って一人で出かけていく、なんてのは今では考えられないことで、サザエさんの放送内容と現実とにギャップを感じることが多いですが、こんな昔ながらののどかな環境が良かったのかもしれません。

がんばっている優希さんに応援、ぽち♪

公園を利用するのは、とっても良い企画だと思いますよ♪
自分もよく公園は利用しましたが、年齢層で自然に分かれる傾向がありましたね。

でも、そこに優希さん達が加わったり、地域の方達が協力してくれたりすれば、かなり楽しい場になると思います!

集団登校は、小学校に入学したての頃に高学年達に協力してもらいましたよ!
それと、井戸端会議は今でもあります!
ただし、幼稚園までは専業主婦が多いので比較的多かったのですが、小学校に入った途端パートやバイトを始めるお母さんが増えたので、以前よりは減ったかもしれませんねぇ~。

とくにうちはマンションなので、マンションの下で子供達が自然発生的に集まり遊んでいるので、そこからお母さん達の井戸端会議が始まる感じですね。(子供が小さい時がとくに)
見ていて感じるのは、それぞれの子供の年齢が近い同士の親が交流を持ちやすいので、子育ての先輩である上の世代の方とはなかなか共通点がもてないように感じますね。

子育てグループの活躍を期待してます!!



こんばんは~。

2時間という短時間で、よくもここまで幅広く考えられましたね~。感心します。
やはり議論する際は少人数がいいと改めて思いました。

楽しさが伝わってきます。
実のある議論はいつだって楽しいもんです。

具体的ですね!

こうやって、具体的につめていくって
大切ですよね☆
あとは公園で、どんな楽しそうなことをするのか?ってところでしょうか。
いろんな企画、たのしみにしています☆
これからも、頑張ってください(^0^)ノ

おはようございます。

井戸端会議という響きがいいですね。
幼稚園のバスが来るころに、子どもを見送ってお母さんたちが立ち話をしている風景はたまに見ます。
そういえば、最近は井戸も見ませんね~。

今日も明るく元気に!

ポチッ

おはようございます

僕もあし@はいっちゃいました・・

ご報告だけ・・また後でよります・・

とりあえず・・応援!

こーしろーさんへ

こんにちは!
子育てチームはいいアイデアが出たと思います!
公園を活用するっていい面が多いんだな~って感じました!

大人が外に出ている事って大切ですよね~
人と人とが繋がれる世の中にしていきたいです!

misawaさんへ

親の知りあいが近くにいない→
外は知らない人ばかり→
知らない人は危険で不安→
子どもを家に閉じ込める

ってことで、親の生活環境が
子どもにそのまま乗り移っています。

自宅で出来る遊び=ゲーム
になっているのは親の責任ですね~
交流しなきゃです!

masamiさんへ

こんばんは!
一杯共感してもらえて嬉しいです!
masamiさんの熱いコメント!
やる気倍増です!

朝から挨拶できて気持ちいいですね~
私も散歩で挨拶の良さを知りました!

しかし、挨拶をしない人たちには
挨拶が迷惑と思っている交流下手があります。
挨拶をしてこなかった習慣があるので
今更、挨拶って出来ないんですよね~

人との交流の楽しさを知らない世代は
ある意味可哀想です。。。
こんなに楽しいのに!
なんとか、この楽しさを伝えたいですね~

らんさんへ

公園の利用は時間帯と年齢層で別れますね~
世代の違うもの同士が公園で話し合うのが
理想なんですよね~

井戸端会議あるんですか!!
らんさんの地域はいい地域ですね~
井戸端会議が多いマンションっていいですね~
福岡の子育てが集まるマンション情報も聞きたいですね~
これは楽しくなってきました!!

ドクさんへ

こんばんは!
議論するなら3人がいいかもですね~
2人は考える範囲が狭すぎる気がします。
直ぐに決まるんですよね~

2人とも持論を持っているので
考えが深いです!
とても楽しい時間でした!

あこりんへ

あとは公園で、どんな楽しそうなことをするのか?
ここが大切ですね~
まずは、公民館での活動を公園で伝える事からです!
新しい事を始めるには
今ある事を活かすのが早いですからね~

その中で楽しい事を見つけていくのがいいですね~

YHさんへ

おはようございます!
井戸っていう外にある共用の拠点があるから
人は外に出て人に出会い
そこでおしゃべりが始まるんですよね~

それは決して無駄な時間ではなく
人生で必要な時間だった。
そんな気がします。

何でも家の中だけで済ませる時代を
変えていくには外での楽しみを見つけるしかないですよね~

misawaさんへ

あし@登録されたんですね~
より多くの方と出会えたらいいですね~

らいふさんへ

家庭支援センターの遊戯施設場や公園などに良く行きました。
子育てに参加するお父さんも多く、子供をきっかけに親通しの交流もできたような気がします。

これが今、私の行っている子育て支援そのものですね~
もっと多くの方に施設や公園に来てもらうためには
楽しさをアピールする必要がある!
そう考えます!

たらちゃんが1人で遊んでいても不自然じゃない
世の中に戻したいですね~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。