スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

三歳児神話について考えてみる

実は、私は、男女共同参画の勉強をする前は
三歳児神話について固く信じていました。

『三つ子の魂百まで』

このことわざの本当の意味も分からずに
3歳までは母親が愛情を持って接してあげないと
いけないって思い込んでいました。

三歳児神話をWIKIで調べると
いろんな事が分かります。

常識を疑ってみる、それが新しい常識を産み出します。

『情けは人のためならず』

このことわざの誤解は有名な話しで
情けをかけることはその人のためにならない
厳しくしないといけないという意味に捉えがちです。

でも実際は、人にかける情は見返りを求めてはいけません。
だから決して、その人の為にやっていると恩を売る行為で
してはならないという戒めであり
結果的には周りまわって人への情けは自分に返ってくるという
意味でもあります。
だから昔の人は、相手にわからないような親切を沢山していたんですよね~

つまり、人の思い込みって結構激しくて
それが分かるのも結構楽しめちゃうんです。

だから、私は男女共同参画の勉強に今はまっています!
目から鱗の考え方が沢山出てくるんですよね~

人って思い込みです。

ちなみに私は化学と数学が得意ですけど
物理は大嫌いです。

化学と数学はクイズみたいなんですけど
物理は暗記で覚えさせられたんですよね~
教育方法が違ったんです。

生物も嫌いです。
生物の中身とか、解剖とか、マジ苦手です。

つまり、理系といえども好きなのは化学だけなんです。
どっちかというと、理系の分野よりも
国語とか日本史とかの方が好きです。

ただ、突出して数学が大好きで
理論的な証明問題にはまりまくっていました!

つまり、自分では決して理系とは思ってないんですよね~
だって嫌いな科目は全て理系に集中しているんですから。。

これが、他人の思い込みです。
つまり、自分も他人も、一部分で思い込む事が非常に多いんです!

ってことで、三歳児神話に戻ると
『乳幼児期は母親の愛情が大切であり、
母親が育児に専念しないと子供が寂しい思いをし、
将来的にも取り返しのつかない傷を残す場合がある』
(WIKIより)

これって、いろいろと勉強していると本当に根拠が無いな~って思います。
不登校の子どもの多くは、母から愛情を多く受けています。
ただし、父からは厳しく育てられています。

また、不良少年の家族と話してみても
家族崩壊している家が溜まり場とはなっていますが
タバコを吸ったり、暴力行為をしたり、盗みを働く少年の多くは
母親の愛情を受けています。

私の考える三歳児神話は

Step1.1歳までの子どもは夜泣きや手がかかる事が多く
母親だけで育て、父親が子育ては母親がして当然という
理解のない考え方の場合、育児ノイローゼになりやすい。

Step2.育児ノイローゼではまともな子育ては出来なく
幼児虐待につながる。

Step3.6ヶ月までに母親の育児ノイローゼが一番酷く
1年経てばだいぶ楽にになります。
そして、2歳になれば反抗期がやってくる。
3歳になれば、自我が芽生え、楽になり楽しくなる。

つまり、三歳児神話は3歳までが育児の我慢の時!
3年我慢すればいいんだという一応の目安だったのかもしれません。

でも、今は、働き盛りの世代を家庭に3年間も縛っては
少子高齢化を乗り切れません。
育児ノイローゼを救えるのは
両親が共に育児を楽しめる家庭環境を作る事。
それはお互いが育児に対して理解しあえる環境なんです。

男性も女性も育児を経験し、家庭円満が
仕事の効率にも影響してきます。

家庭は人の基盤です。
家庭が不安定だと働く意欲を無くしてしまいます。
ストレスを発散できるのは、楽しい時間があること。
家庭はその一番大切な時間なんです。


今の時代にあった三歳児神話を作る事が私の仕事です。
まぁ、この勉強をしていなかった事の私には考えられない発想でした。
メンタルヘルス問題と男女共同参画、さらに子育て問題まで
全てか絡んでいるから実に面白い!

社会問題解決の第一人者になって
より多くの人を幸せにしたいです!

勉強って本当に楽しいです!
何があっているとか間違っているとか
もう、私にとってどうでもいいです!
1人でも多くの人が幸せになれる方法を探し出し
国が推し進めている政策に上手く載って
地域の応援を受けながら全国に広げたいです!

なんか、こう考えると、勉強にも力が入りますよね~
今日も講演プログラムを作成します!

本業のペット産業よ、もう少し待っておくれぇ~
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

テーマ : 知らなきゃ損するよ - ジャンル : ビジネス

タグ : 男女共同参画

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント

三歳児神話

三歳児神話・・・初めて知りました!
三歳までは母親の愛情が・・・というのは聞いたことありますが、根拠はなかったんですね~!
確かに今の時代、三歳まで育児に専念するのは難しいです。
今の時代に合った子育ての方法を考えていかないといけませんね!

思い込みって怖いです。根拠のないことが常識のように語られたりしていますので、おっしゃるように常識を疑ってみることが大切ですね。
「情けはひとのためならず」の意味、勘違いしてました(汗)

確かに、家庭は基盤ですよね。。。

こんばんは~。

確かに、三歳までの一切を母親の責任にしちゃうってのはとんでもない思想ですよね。それは共鳴します。
ただ僕は、特に幼少の頃は、誰かが深い愛情をとにかく注いでやることが重要だと思っています。ま、これも根拠がないんですけどね~。
とかく「(特に幼児)教育」で何が正しいかについては根拠がなかなか見いだせなくて、だからもっとも「それらしい」思想を選び取るという覚悟が必要なんでしょうね。

ちなみに「三歳児神話」とは、「三歳までは母親が育てるべき」という思想が、何の根拠もないデタラメ、まるで「神話」と同じレベルだってことで名づけられたものです。
ですから優希さんが「私が新しい三歳児神話を作る」と言っちゃうと、「新しくデタラメを述べる」と言うことになってしまいます。
それはまずいのでは?って、理屈っぽいですか^^;。

こんばんは
僕ね・・中学を卒業するまで・・

めちゃくちゃ不良で・・きっと・・

優希さんが・・想像以上だったと思います・・

なぜ・・道をはずしたのか・・はずすのか・・

普通に生きてきた方たちよりは・・

気持ちは・・わかると思っています・・

何かあったら参考にでも・・聞いてください!

ぽち!

三歳児神話!
人それぞれの思い込みって、あんがい多いかもしれませんね。

>両親が共に育児を楽しめる家庭環境を作る事

この環境作りはとっても大切で、重要課題だと思います!
優希さんの活動内容は、まさに日本を変えるくらいの大きな問題なのでしょうね~

>1人でも多くの人が幸せになれる方法を・・・

素敵なお仕事だと思います♪

今日の常識や思いこみをぶっ壊せという話、自分が今日書いたブログの内容とも共通していて、良くわかりました。

そんなつまらないことの先に、思いもかけない素晴らしい考えや結果が待っているような気がします。

優希さんも、突き抜けるような発想で頑張って欲しいと思います。

この「頑張れ」という言葉も他に変わる日本語がないので、つい使ってしまいますが、優希さんは違うにしても、かえって重荷に感じてしまう人もいると聞いて、違う言葉を使うようにしました。

You can do it.
英語に「頑張れ」という言葉はなく、それに変えて使われる言葉です。

元気良く、Yes, I can. と答えて下さいね。
今日も応援、ぽち♪

3歳児神話か~・・・。
うちは下の子のアトピーがひどかったから、
上の子はパパ、下の子は私、みたいになっていました。

いくら夫婦がお互いに頑張ろうと思っても、
今の子育て世代のパパの職場は過酷ですから、
その辺りからなんとかしないとですよね。

おはようございます。

優希さん、よく考えていますね~。
いつも感心しています。

家庭が一番大切。
私もそう思います。
職場でよく言うのは
「頑張れば、きっと子供さんは見ていますよ。
子どもさんも成長しますよ。
家族のために共に頑張りましょう!」。

今日も共に頑張りましょう!

ポチッ

亜沙美さんへ

根拠のない事って結構あるんですよね~
私も知りませんでした。。

アメリカでは逆に親離れ、子離れが出来ないから
なるべく早く仕事に復帰する事っていうのが
常識みたいです。

こーしろーさんへ

物事が上手く行かなくなった時は
その原点を疑ってみる事も大切ですね~
意外と思い違いをしている時もありますからね~

私も『情けは人のためならず』は社会人になって
思い違いをしていた事に気づきました。
あるあるですね~

tamirinさんへ

経営者は職場も家庭といえますね~
まずは身内ですね~

その前には自分の健康です。。

ドクさんへ

こんばんは!
幼児虐待も子どもは厳しくしつけるものだという
親の思想が入っています。
だから、本人には悪い事をしているという
自覚は無いんです。

どの思想をとるのかは自由ですが
子どもにとっていったい何が大切なのか?
本当に必要な子育てはやはり親次第だと思います。

子育てをする親を教育することから
始めないといけないケースが多いです。
地域や世代間との交流が無い子育てが
必ずしもいい方法とは私は思いません。

まぁ、この考えも神話で
全ての家族に適応できるとは思っていません。
だから神話でいいと思います。
共感できる人が増えればそれでいいのかも。

まさにブームメーカーです!

misawaさんへ

こんばんは!
不良と呼ばれる青年とは
何名かお話していますね~

今はお話していなかった引き篭もった人を
もっと知りたいと思っています。

外に発散できる子達って大人に成って
その経験が生きるって考えています。
転がり落ちない限り
人生でもいい経験をしていると思います。

内に篭る子達は自分を見つめればいいんですが
ゲーム等に逃避する傾向があり
人との交流を避ける傾向があります。

これはいい傾向ではないかもって考えています。
また、機会があれば色々とお聞きいたしますね~
よろしくお願いいたします!

らんさんへ

父親も母親も子どもから教わる事が沢山ある!
それが楽しい!

子どもの成長や必要とされる事。
子どもには魅力が沢山あります。
両親共に子育てをして楽しい家族を作れるような
そんな日本にしたいと思います!

らいふさんへ

思い込みを無くしていくと凄い可能性が広がっていますね~
新しい発想を皆さんにお届けするのが
私の仕事です!

>You can do it.
いえ~す!愛きゃん!

けこさんへ

親を見て子は育ちますね~
どちらを参考にしたのかでその後の人生が変わります!
下の子はラッキーですね!
波乱万丈の人生って最高ですよね~

>今の子育て世代のパパの職場は過酷ですから、
その辺りからなんとかしないとですよね。

職場環境は経営者が変えない限り
なんともなら無いですね~

家族と仕事どちらをとるか?
出世を捨てて家族を取る方が幸せな人生を
送れる気がします。
そのためには夫婦共働きが必要ですけどね~

YHさんへ

おはようございます!
職場で家族を感じれるっていいですね~
職場は家族を忘れる場所に
している方もいらっしゃいますからね~

今日も頑張りましょうね~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。