スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

生涯学習のために

今回も地域づくりセミナーの推薦図書の紹介です!
今回こそはその本ずばりを読むことが出来ました!
私が目指しているパソコン教室の内容と一致している点も多く
大変、参考になりました!

講師を目指す方以外でも、生涯学習の気づきが生まれると思います。
人間、いくつになっても学習する事は大切です!
学習の基本となる『学び』について
正面から真剣に考える事で
学ぶとはいったいどういうことかっていう理解が深まると思います!

「学ぶ」ということの意味 (子どもと教育)
著者:佐伯 胖さん

学ぶとは主体的に取り組んでいる事です。
『いやいや学ぶ』『学ばされる』という学の否定語から
強要される事ではないと捉える事が出来ます。

学ぶ目的はなんでしょう?

学んだ結果、何かが良くなるといった
『希望的観測』が見出されるものを学ぶというのではないでしょうか。

学んでいればいつかは・・・

そういう感情が生まれる事で人は学ぼうとするんだと思います。
この目標こそ、理想の自分に近づく行為であり
その理想の自分を探す事が『自分探しの旅』なんです。

今の現状から良くなり、理想としている自分に近づくために
人は学び、学ぶ意欲が掻き立てられ、希望に満ちた生活ができるんだと思います。

『学ぶ』を考える時に『教える』についても考える必要があります。
教える事は強いる事になってはいけません。
学ぶ事が強いる事でないように
教える事も強いる事ではないはずです。

ところが、学ばせるために強いないといけない必要性も出てきます。
本来は、子どもに『教えないで教える』のが理想的ですが
それにかかる時間や曖昧さが自由な教育を許さずに
試験の結果を目的とした、単純作業による学習と
記憶力を試す試験が繰り広げられています。

教える時は教わる時と理解して
相互理解の元、自主的に勉強を出来る環境を作り出すのが
講師の役目だと私も考えています。

この共に学ぶという考えをこの本では
『学びのドーナッツ』という理論で説明しています。
これは、読んでいただくとさらに理解が深まるのですが
簡単に言えば

自我と他人との境界第一接面
他人と社会の境界を第二接面と考えるのが
学びのドーナッツです!

第一接面では、交流した相手の中に
自分の考えや価値観が広がっていきます。
いわゆる相互理解です!

相手に受け入れられて認められていることで
自分の考えや学びを理解する事が出来ます。

これに対して、第二接面はそれが全体的に広がった時に
どのような価値観になるのかを見れる世界です!

例えば、麻生総理の発言が問題になっていますが
麻生さんの性格を知っている人や
発言した状況や表情をみると
実に麻生さんらしく楽しい話題だったりします。

つまり、第一接面での会話では麻生さんの発言は全く問題になりません。
ところが、麻生さんは日本国のトップであり、その発言は常に注目されています。
なので、第二接面まで考えた発言をしないといけないのです。

一部分だけを切り取られたり、社会全体から発言が不適切になる事があるのは
こうした二つの接面を意識する必要があるんです。

学ぶという事は、社会的にも個人的にも総合的に学ぶ必要があります。
個人グループでは許される行為も
社会全体から見ると迷惑な行為が沢山あります。

学ぶことはこの両方の接面から考えていく必要があるんです。

最近はこの接面が1つだけになることがあります。
第二接面だけだと、個人の次はもう社会です。
グループや友達がなく、社会で孤立した存在になりがちです。

ただ、そういう人も常に孤立しているのではなく
会社に行けば集団の中に入ります。

人間は常にその場、その場で対応を分けているので
常に同じ状態は存在しないのです。

つまり、学ぶという事は相手や社会・環境が影響してくる事が多く
その成果も相手や周りの人に大きく左右されるんです。

会社だったら、同僚や上司との関係が第一接面での学びです。
仕事の成果や会話が直接やる気に影響されます。
その良い成果を上司が報告し、社内に広まったり
成果の出た上司が出世する事で第二接面での学びが起こり
成果にさらなる満足が与えられるんです。

こういった学びを経験する事で人は成長していくんだと思います。

是非、この本で得た事をパソコン教室に取り入れていきたいと思います。
小グループに分けて取り組んだり、大きなグループで自分のグループを見ること。
これが、第一、第二接面の学びになると考えています。

成果を認められるから楽しく学べるのであって
学ぶという事は社会との交流だと思います。

人が生きているということは
社会に影響を与えるだけでなく
社会から影響を受けること!


つまり、人に与えるだけでなく
人から影響を受けることも
人の役に立つという点では大切な事なんです!

今まで生きた中で社会に何が出来たかばかりが注目されますが
どれだけ受け入れたかも大切な事なんだと思いました。


パソコン教室を通して色んな事を受け入れさせていただき
相互理解を深められる楽しい教室にしたいです!
ワクワクしてきました!
頑張ります!!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

テーマ : 成功する為に必要な事 - ジャンル : ビジネス

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント

優希さん、ご無沙汰しております。
お元気でしたか?
私は、とりあえず元気です^^

ようやく落ち着きかけたんですが、
また急遽仕事が入ってしまって、
またしばらく更新できそうにないです^^;
伺うのも激減していますが、頑張ってください。

お身体ご自愛くさいませ。

こんにちは
>今まで生きた中で社会に何が出来たかばかりが注目されますが
どれだけ受け入れたかも大切な事なんだと思いました。

このフレーズいいですね~

教えとは学びですもんね!

いい言葉聞かせていただきました!

がんばください!

気合の入った記事だ!

優希さん、こんばんわ。

うーん、かなり濃い記事だったので、
何度か繰り返し読みました。

「生涯学習」「地域デビュー」
これら二つは、今団塊の世代への課題として
よく言われていることですね・・・。

これらのことは・・・、

>人が生きているということは
>社会に影響を与えるだけでなく
>社会から影響を受けること!

まさに、社会から影響を受ける為に必要な
ことなんですね・・・。

この本は読んでいませんが、「学びのドーナツ」
とはいい言葉です。

今日もいいことを学ばせていただきました。
学ぶということを、こういった切り口で認識する
ことは重要だと感じました。

PS

本日優希さんから頂戴したコメントの質問への
回答を、私なりに考えてコメントさせていただきました。

またお時間があれば、どうぞご覧くださいませ。

それでは


学ぶことの深さを感じた記事でした。

>今まで生きた中で社会に何が出来たかばかりが注目されますが、どれだけ受け入れたかも大切な事なんだと思いました。

優希さんのパソコン教室は、ただパソコンを教えるだけではなく、本当の学びを受けられる教室になりそうですね!

いや~、勉強になりました^^

こんばんは~。

おおっと、何を隠そう、僕は教育には一家言あるんですよ。
その全貌を語るにはここは狭すぎますが、ひとつだけ、「学びとは、現存の枠組みを壊すこと」だと思っています。
現存の枠組みの外側に『何か今より価値あるもの』が存在すると信じることなしに、学ぶ意欲はありえない。だからこそ「師」は絶対必要な存在なのだ、と。

う~ん、思いっきり端折って書いたらちょっとわかりにくいかなあ。
ま、要は「今日の優希さんの記事には共感します」ってことです。

内容が濃いですね~
交流会も充実でしたね・・・

日々学びですよね。私も43歳になって初めて学んだ事ばかりです。生涯学習という言葉がありますが、これからも勉強、学ぶという姿勢を続けていきます。
コメントなかなか返せなくて申し訳ありません。

学ぶことは、人にとって一生続く取り組みですね。
学校を卒業したって、学ぶ対象が変わっていくだけで、その時々で学ぶべきことは必ず生じるように思います。

学びで地域や人とつながるって、素敵なことですね。
大変なことも多いでしょうけど、がんばって下さい。
応援、ぽち♪

ありなさんへ

ありなさん!お久しぶりです!
年末年始は超ハード!
2月は日にちが少ないので逃げる
3月は期末、年度末の忙しさで去る
っていわれていますね~

ありなさんも忙しくとも心に余裕を持ち
仕事に励んでくださいね~

misawaさんへ

こんにちは!
受け入れるって大切な事なんですよね~
私も気づきを得る事が出来ました!

いい本ですよ~

タカビーさんへ

タカビーさん!こんばんは!!

十分に理解していただいて嬉しいです!
特に学びのドーナッツは
今の考え方にない学びの方法なんで
私も何回か読んで理解に努めました!

返信コメントありがとうございます!
楽しみにしています!

らんさんへ

やりたいことはあるんですが
実際にどこまで優希流で出来るか!?
それが楽しみです!

受け入れられる事が出来る体験をするためには
教室の中で覚えた事をグループに発信し
さらに教室に発信する事が大切なんだと思います。

どこまで出来るか分かりませんが頑張ります!

ドクさんへ

「学びとは、現存の枠組みを壊すこと」
ドクさんらしい言葉ですね~
当たり前と思っていたことはただ、1部分から見た見解だけで違う観点から見たところに学びがある。
そういうことですかね~?

共感してもらえて嬉しいです!

tamirinさんへ

とてもいいセミナーでしたよ~

gonsukeさんへ

私も教えてもらってばかりです!
覚える事が多いって楽しいですね~

お忙しい中、いつもコメントありがとうございます!
無理せず、ゆっくりお越し下さい!

らいふさんへ

新しい事を始めるときに学びが大きいです!
教える事で教わる事も多く
楽しい時間を過ごしています!

好きな事を知るってこんなにも楽しいんですね~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。