スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

愛のある教育

フリースクール、子育てプラザ、交流会講師
男女共同参画講師、パソコン教室講師、ペット情報放送
私の今、やっている事をまとめてみると
『教える事』っていう共通点が浮かび上がります。

現役のときは教育大学を目指し、諦めていた夢を
こういう形で叶えるとは考えてみませんでした。

やはり、人間というのはやりたい事しか出来ないんですね~
そして、やりたい事は楽しい事になるんです!
楽しい事ならどんな苦労があっても続けられるし
成長していきます!

私が今、教えている事は、
『受け入れる事』です!

って漢字は
受けるの『受』の真ん中に『心』が入っています。
つまり、心を込めて受け入れる事だと私は考えています。

ちなみに本当の漢字の成り立ちは違います。
愛は心の高まりを表し、その結果、切ないものになるという
悲しみを表現した漢字です。


優希流はどんな状況になっても受け入れる事が出来るのが
愛なんだと思います。
その事をテーマにお話すると色々な事が分かるようになります。

以前、子育ての話題の時に亜沙美さんからとても素晴らしい質問がありました!
この回答を始めとして愛があるとどのように考えられるのか
まとめてみました!
子育て、部下への教育・指導、ペットのしつけ、人との交流
いろんな応用が考えられると思います。
是非、参考にして下さい!

Q.亜沙美さんより
やっぱり、夫婦の価値観は同じほうが、衝突が少ないしやり易いかな~って思うのですが・・・。
例えば、いわゆる「教育ママ」で、勉強は大事!って母親と、「勉強なんてしなくていい!遊べ!」って父親だったら、当然夫婦の衝突が起こるし、やっぱりどちらかに教育方針を統一する必要があるんじゃないかな?と思います。
例えば、お受験をするかしないか・・・とか、答えを出さなければならない岐路がありますよね?
そう言う時はどうしたらいいんでしょうか?


A.『両親が違っているからいい』
人が惹かれるのは相手に自分の無いもの持っているからです。
いわゆる『隣の芝生が青い』のと同じで、
か弱い人はたくましい人に憧れ
強い人は弱いものを守りたくなる。
そんな気持ちが相手の魅力なり、結婚に結びつく事も多いかと思います。

もっとも、今の結婚はもっとシビアにこの人と生活できるかどうか?
という現実的なことかもしれませんが
好きになる事って無いものねだりが多いのかも知れません。

その、価値観が違う2人が生活を同じくする結婚生活において
相手を受け入れる事はとても大切になります。
愛があるから、違いが素敵に感じて共感しようとするのです。

さて、それが子育てに関して意見の食い違いが発生した時は
どうすればいいのでしょうか?

答えは実に簡単です!

答えを言う前に考え方をお伝えします。
『受け入れるとは誰が何を受け入れるのでしょうか?』

この問題はという所がポイントとなります!

もうお分かりですね!
その話題をしているとこの『誰』がパートナーだったり
パートナーの親だったりします。

しかし、本当の対象は教育を受ける子どもなんです。
どうしても親というのは『木の上に立ってみる』という
漢字の成り立ちのように
上から目線で子どもの将来を考えがちで、子どもの目線には
なかなかなり難いんです。。

つまり、親が子ども楽しんでいる事を受け入れるのが
本来の親の仕事なんです。

子どもが失敗しようと何しようと
常に親がそれを受け入れてあげればいいだけの話です。
還る場所さえあれば子どもは何でも頑張ります!
どれだけ多くの失敗を経験したかによって
子どもは強くなり、どんな時代でも生きていけるようになるんです。

親が出来るのは、子どもの環境を変えるだけで
選ぶのは子どもです!
遊ぶのも勉強するのも子どもが好きなほうを選べばいいんです!
もちろん、両方選ぶのもいいし、全く違う事を選ぶときもあります。

例えば、『友達が行っているから同じ塾に行きたい』って子どもから言えば
塾に行かす方がいいですし、みんなと遊びたいといえば
一緒に遊ぶのがいいでしょう!

勉強を母親が進めているのはキチンと勉強するように育ったか
勉強できる人に憧れたかです。
父親が遊びを勧めるのは、自分も遊んで経験を積んでいたのか
勉強ばかりして本当は遊びたかったです。

つまり、どちらの教育も、親自身の体験が生きており
親の体験しか子どもに伝えられないのです。

好きになったパートナーの考え方を受け入れるのも
結婚生活の楽しみです!
相互理解をしながら子どもと一緒に家族を作り上げるのが
人として最も大切な事だと思います。

子どもはちゃんと親を見ています!
勉強した方がいいのか、遊んでてもいいのか
きちんと分かっていますし、
分かっているからやりたいって思うんです!

『勉強したらいい大学に入れていい会社に入れて老後も安心』
こんな言葉が本当かどうかは子どもはチャント分かっています!
それは、親を見ているからです!
子どもに建て前は通りません。
ちゃんと本音が伝わっています!
だから、子どもはちゃんとやりたい事を選びます!

子どもの時から親が何でも選んできた人がいます。
本当に可哀想なのはそういう人です。
自分がやりたい事は何なのか?
良く分からない人が増えています。
子どもの道を親が決める過ぎるのは問題なんです。

ただ、1つ考えなきゃいけないのはゲームです。。
これは、非常に孤独な遊びで、コミュニケーションを取れなくなります。
だから私はゲームを根底から変える事業を将来的にしたいわけで
ゲームを受け入れるのは危険な環境といえます。
同じ事は携帯電話でもいえるんですが。。

子どもがいじめられようが何しようが
ダメなものはキチンと理解してもらう必要があります。

もちろん、ゲームが全て悪いわけではありません。
ゲームは時間イーター(eater)で子どもにとって大切な経験の時期を
ゲームというものに大きく食われてしまうんです。

その危険性を十分に大人は認識し
キチンとルールを作れるならいいのでしょうが
子どもの自主性に任せすぎると
いけないことが多いのも事実です。

つまり、ゲームという環境をどこまで上手く入れれるかが
現在の教育に大切な事だと私は考えています。

っていっても、私も学生の頃はパソコンしまくっていた人間なんで
ゲームが悪い事ばかりでは無いって思っています。
ただ、現代社会において子どもの時からゲームしか遊びを知らない事は
交流できない一因になってしまうのが良く分かります。

子どもを受け入れる事は全く違う価値観を受け入れる事です。
強いる教育にならないように
家族が楽しく、互いに愛を持ち
相手を受け入れる習慣さえつけば
全ての人間関係が上手く行くと思います。

もし、受け入れられられないのであれば何故か?
何でダメなのかを真剣に考え、相手の立場になり
受け入れる努力を続ける事で
人は成長していくんだと思います。

意見の違う出来事が起きてこそ人は成長できるんだと思います!
子どもから教えられる事って多いですよね~
子育てって本当に奥が深いです!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

テーマ : 頑張りまっしょい! - ジャンル : ビジネス

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント

親の持つビファインドより・・・。

優希さん、おはようございます。

なるほど・・・、子供のことを小さい頃から
一方的に決めすぎる親が多いです。

私もそういった環境で育った結果、ACになりました。
私の両親も断言できませんが、おそらくACでしょう・・・。

亜沙美さんのご質問にもありましたが、夫婦間で
子供の教育に関して、意見が割れることは多いですね。

我が家でもそうですが、最近気付いたことがあります。

“押し付けようとする親は、子供に押し付ける対象に
対してコンプレックスを持っていることが多い。”
ということです。 例えば・・・、

学歴にこだわる親は、自分の学歴に大きな劣等感を持っている
といったことです。

そういった意味で、優希さんの取り組みは素晴らしいですし、
その考え方については大賛成です。 それと・・・、

私は、親たちのメンタルブロックをいかにして
取り除くかも、重要課題と思っています。

まあ、究極は親のヒーリングとかになるのでしょうか・・・?

子育てを支援する中で、そういったことも提案・実現できたら
きっと素晴らしいと思います。

ありがとうございました。

愛は与えることばかり考えていましたが、心を持って受け入れるというのにかなり納得です!体に電気が走りました!
子育ての話もずきっと胸にくるものがあります。勉強をすることで自分の存在を認めてもらえた家庭に育ったので、子供には勉強を押し付けないと考えていましたから・・。

優希さん、いつも勇気をありがとう!

>やりたい事は楽しい事になるんです
この一言に全てがまとめられていると感じました。

自分もそう、子供もそう、家族もそうだね♪
主体性を持って取り組めることが大切ですね。
それによって生まれるエネルギーは果てしな~い!

なるほど~!!
子供が選べばいいんですね!!
納得です!!

・・・でも、それはある程度の判断力を子供が持っていることが前提ですよね?
それまではどうしたらいいですか??
・・・って、質問ばかりでスミマセン・・・まだ子供もいないですが、やっぱりいつか欲しいので、ついつい、いろんなことが心配になります><

優希さん

関係ないかもしれませんが・・

僕はお客様で小さい子が来ると・・
完全にその子の目線まで体を下げて応対します!
なぜなら・・上からものを話すのは・・
叱られているように感じ・・子供さんが・・
怖がってしまい・・きちんとカットができなくなるからです!
同じ目線で話をしてあげると、何でも話してくれます!

また自分の子供を叱るときも同様!
上から押さえつけても子供には・聞き入れてはもらえません
同じ目線で、真剣に話すと・・
子供はわかってくれます!

すばらしい!
最近、人間に対する捉え方が非常に広い視点からでてますね☆
個別の事象に対してある結論を導くには、本のように個別の事象を平均化したものよりも、広い視点からの自らのバイアスを通して集中化した結論のほうが価値があります。
その代わり反論されやすいのですが・・・。
少なくともゆうきさんの考えは十分に支持できるものだと思います。
「子供は親のいうように育たない。子供は親のようになるのだ。」
という言葉があります。
まさに子供は親の姿をみている。
親が子供の視点に立てば、自ずと自らの行動をどうとるか導かれるはずです。
いい話をありがとうございました。

こんにちは。
受け入れる。って大事ですね。
これが、なかなか出来ないことも事実・・・

>親が出来るのは、子どもの環境を変えるだけで
選ぶのは子どもです!

共感です!
時には、間違うこともありますが、私の子育て観そのものです。
子供の人生は子供のもの。
間違いそうになれば、正すことは必要ですが、最終子供が選べばいいし、
選択に迷うのなら、話し合って決めるようにしています。

これって、根気が要るんですが、
自分の選択に責任を持って欲しいから、
そのためには、時間は惜しみません。
いつまでも、親は一緒には居られませんしね^^

このことが、今後どう出るかは分かりませんが、
何事も一貫していることが、大事だと思っています。

すごく勉強になりました。

>親が出来るのは、子どもの環境を変えるだけで選ぶのは子どもです!

頭では理解しているつもりでも、もしかして子供に答えを押し付けてしまう時もあったかもしれません。

優希さんの話を読んでて、なんか反省しまくりです^^;

自分達が意識しているのは、親として見られて恥じない生き方を示すことです!
子供に難しい理屈は通じませんから、行動と背中で見せているつもりですが・・・小学校に入ったあたりからだんだんレベルが上がってきて難しさを感じる場面もでてきました。

でも、今日の優希さんの記事を読んで、なんか親としての在り方を学びました。

これから親業を体験の中で学びながら一緒に成長していきます!

ありがとうございました。

優希さん
本当に奥が深いですね。
優希さんのお話を聴いているとウンウンと頷いてしまいますね。子供より親の方が心が狭いなんてこと多いですよね。
私も・・・反省しなければ・・・。

タカビーさんへ

タカビーさん!おはようございます!!
高度経済成長期には親が貧乏に育ったから
子どもには貧しい暮らしはさせたくないと
頑張ってきました!

その子どもが大人になると
学歴社会に負けたので子どもには勝ち組になって欲しい
そんな身勝手な願望で教育するような気がします。

そのために、子どもの大切な遊びの中から
人との交流を学んで行く経験をせずに
知識を覚える事のみで行動に移せない
頭でっかちな人間が大量に生まれている気がします。

失敗を怖がり、傷つけ・傷つけられる事を怖がる
そんな勝ち組になれなかった負け組みが社会に
どんどん作られようとしています。
非常に悲しい事だと思います。

親を癒す事で心ある家庭を作って欲しいです!

こーしろーさんへ

愛は心で受けるものとは
こーしろーさんの所へコメントするときに
ふと!浮かんだんで大切にしています!
愛の話が刺激になりました!
ありがとうございました!

勉強が悪いとは思いませんが
東大を合格できる人ってもっと視野が広いんですよね~
勉強と遊び
特に、『何で?』を大切にする気持ちが
脳の色んな所を活性化するのでしょうね~

しょうちゃんへ

しょうちゃん!素敵なコメント39です!!

主体性を持って結果が出た時はとても幸せです!
毎日、試行錯誤、失敗の連続!
思うようにはいきません!
でも、楽しいから続けられる!
そう思います!

明日も頑張ります!
毎日、明日の予定を見て
素敵な1日を想像して寝るのが楽しみです!

亜沙美さんへ

亜沙美さんの質問は
いつもとても素晴らしいです!

この日も同じ事を聞かれています!
今回のようにいつかじっくりお話したいと思います!
(また、熱くなる??)
専門的過ぎないように
子育て以外でも応用が利くお話にする予定!
お楽しみに!!

misawaさんへ

私もサービス業のときから
目線を下げていました!
片ひざを付いておこさんには接客をしていましたよ~

叱る時も、子どもの気持ちになる事が大切ですね~
言葉が良く届きます!
こどもは言い訳に聞こえたり
嘘をつくように聞こえたりしますが
これは大人の嘘とまた違うんです。
子どもは認識能力が劣っているために
本当にそのように感じていたりします。

大人目線で物事を判断するのではなく
子どもの時の感覚に戻る必要があるんですよね~

かずやさんへ

未就学児をみていると
子どもは本当に親を見ているな~って思いますよ~
いってきかすなんて親の傲慢だと思います。
子どもはしっかり見ていますからね~

子どもの話には熱いですね~
かずやさんもやりたい道が見えてきたかも?
人間、やりたい道にしか進めませんからね~

ありなさんへ

こんにちは!
選択に迷うのなら、話し合って決めるようにしています。

これって、根気が要るんですが、
自分の選択に責任を持って欲しいから、
そのためには、時間は惜しみません。

この時間を惜しんで結論をいそがせたり
だまって言う通りにしてと押し付ける人が
多いんですよね~

会話から本音が生まれてきます!
人と話す事で形になっていくんですよね~
流石!熱いありなさんらしい解決策ですね~
素晴らしいです!

らんさんへ

自分達が意識しているのは、親として見られて恥じない生き方を示すことです!
子供に難しい理屈は通じませんから、行動と背中で見せている

これに尽きると思います!
言葉で伝えれると思ったら大間違いで
態度で殆ど伝わるんですよね~

言葉を交わした後の態度、変化!
これは人との交流で一番大切なことです!
受け入れるとは相手に合わせて
変化できるということだと
私は考えています!

gonsukeさんへ

ありがとうございます!
力いっぱい!気合を込めてお話しています!
子どもって大きな世界に生まれてきています!
無限大の可能性を狭めるのは
親ですからね~

認めて広げて欲しいです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。