スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

命を懸けてでも社会を変えたいですか?

社会の常識を変えようとする事は
少数意見を持つ考え方の力を団結する所から始まります。

そして、活動を始めると必ず反対勢力にぶつかります。
このときに、本気で活動をしていないと
『何でここまでされなきゃいけないの?
社会の為に正しい事をしているのは私達なのに。。』
という気持ちが優先して
自分が被害者となり心が折れてしまいます。

善意の気持ちとは怖いもので
一歩間違えると善意の押し付けになったりします。
『あなたのため』という気持ちはあくまで
個人の主観であり
相手が望んでいる事ではなかったりします。


現に、男女共同参画は男性受けが悪いです。
子どもの時から男らしく生きる教育を受けていた人にとって
価値観を変える様な考え方は親も喜ばないし
周囲の考え方に反すると考えます。


思想を変えるって簡単な事ではないんです。
例え理屈で分かっていても、感情が邪魔をします。

『男は弱い』っていう言葉があります。
恋愛にしても物事にしても
落ち込むと立ち直りにくく
傷つきやすい時に使われます。

私は強い弱いには性差は無いと考えています。

ただ、男らしくという生き方で
○メソメソしない
○豪快
○立ち直りが早い
○泣かない
○勝気
○負けを認めない
○前を向いて生きる
という男らしさに当てはまらない態度が
男は弱いという印象に繋がるのだと考えています。

このように、
男性は強く、稼げるために
人に勝つ、自分に勝つ生き方を強いられているにもかかわらず
それが美徳と感じる価値観が
たとえ自分や社会を苦しめていようとも
変える事が出来なかったりします。

子育ても同様で
自分が育てられたイメージ以外の育て方に対して
違和感を覚えてしまいます。
昨日のお話

このあたりの考え方を変える活動は大変だけれど
分かってもらえたときは楽しいです。

さて、今回のタイトルの話になるんですが
またコレ異常に重いテーマになっています!

社会を変えるのに命を懸けれるかです!

懸けるといってもギャンブルではないので
命を担保に成功か失敗かということじゃないです。

例えば、社会起業家の多くは
海外に出かけています。

海外の悲惨な状況を変えようとするのですが
海外は治安が悪く
命の危険性にさらされます。

それでも、使命感がその恐怖に打ち勝ち
(毎回、恐怖の中を出かける人も多いですが)
目標達成に向かい努力をされています。
その前向きな姿勢に感動します!

日本でぬくぬくと社会起業家をする私にとって
命の危険性がないのでしょうか?

答えはNoだと考えています。

まだ、私の活動は非常に小さく
『小学校に入ったらやりたいこと』って
考えている程度のウキウキ感で
行動していると捉えられているレベルです。

所詮、何も出来ないと考えている人が多く
脅威には感じていません。

ところが、活動が活発になり
影響力のある人と私が出会う時になって
始めて反対派の目障りになってきます。

私が命を狙われる可能性があると考えているのは
ペット事業です。

ペット事業では展示販売を止める事を広げようとしています。
それは、これまでの販売方法を覆そうとしているのですが
当然、その方法で利益を得ていた人たちにとっては
目障りです。

下手に調子に乗って
政治を動かされて
法律を作られては大変です。

日本がまだ命を物として扱っているからこそ
命を商品にして莫大な利益を出して売っているのに
それが出来ないとなると私は邪魔な存在になります。

しかも、不況になればなるほど
人は癒しを求め
ペットの需要が高まります。
そんな時に下手に動いて欲しくは無いでしょう。

そんな事、考えすぎといわれるかもしれません。
しかし、この業界をちょっと調べれば
その可能性はゼロではないと直ぐに気づかれると思います。

ペットを大量に狭いゲージの中に押し込めて
夜中まで営業し
1頭当たり10万以上の利益。
1日に10頭売れて1ヶ月300頭。
つまり、1ヶ月で3千万の利益、
1年で3億もの利益がある事業です。

捨てようが何しようが
売れば儲かるのです。

だからこそ、社会が変わらないのです。

分かりやすく例えると
日本では公営ギャンブルにパチンコ・スロット業界は入っていません。
ギャンブルにより商品を現金化出来なくなっています。

ところが現実は、違います。
ちゃんと、現金化できるのです。

ちなみに、この業界の売上は
大型の1店舗で月に数千億円です。
これは売上なので利益ではありませんが
多くのお金が動いているのは事実です。

しかし、これを闇でやると摘発されます。
カジノバー等も大きなお金が動くので
長期間の営業は出来ません。

つまり、大きなお金が動いている所には
それなりの社会と関係性があったりします。
(風俗産業も関係性がありますね~)

だから、ペット業界を変えようと出来ずに
挫折する方もいらっしゃるんです。

ただし、月に数億程度の利益なので
小さい稼ぎだとは思います。
でも、その小さい稼ぎでも
目障りな動きは排除する必要があります。

それを分かっていてする私。。
こんな事っておばかしか出来ないですよね~

社会を変えるってある意味
おばかな人間にしか出来ないのじゃないかって思います。

反対派を越える覚悟で頑張ります!!
(といいながらも、どこかに杞憂であって欲しいと願う私。。)
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

テーマ : 成功する為に必要な事 - ジャンル : ビジネス

タグ : 社会起業家

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント

優希さん

わかります!!

出るくいは打たれる!
日本はよけいにその風習が残っていますね!

政財界も・・・何かに・・・繋がっていますし!

どんな業界もうらの・・ドンがいますね!
逆らおうものなら・・必ず圧力をかけてきますね!

我々の業界もそうですから!

ある程度の段階が来たら・・・
ブレーンも考えなきゃ!

本当に気をつけなければ・・いけませんよ!

プロフの・・写真変えました?

応援!

途中でよめなくなっちゃいましたw
ごめんなさい(汗
あまり肩に力をいれると、つかれちゃいますよw
肩の筋肉は自律神経が支配しています。
自律神経はフィードバックすることができないため、コントロールできません。(フィードバックできればコントロールできますよ:補足)
肩に力をいれると、しらずしらずに自律神経が狂います。
自律神経が狂うと、ホルモンや感情が上手く操作できなくなります。
そいで何がいいたかったかというと、男女の性差の考え方が間違ってます(汗。
性差を社会的なことだけでとらえてはいけませんよ。
ヒントをいうと3000年前と現在の人間を動物という視点から比較すると、その差はわずかしかないということです。(人間も所詮、生き物です。自然には逆らえません。)
人間というものは99.999%くらい無意識で生きているんですよ。

優希さん、こんばんは!

気合入ってますね(笑)

出る杭は打たれるが出過ぎてしまえば
打たれないって言いますから、
出過ぎた杭になってくださいね!

優希さんは本当に正義感の強い方ですね!

私はまだまだ優希さんが考えていらっしゃるような、
大きなことは考えられていませんが、
小さな田舎で活動をするにあたって、
目立つことを嫌う田舎の独特の雰囲気を肌で感じました。

もちろん、そんなことに負けませんけど♪

賭けると懸けるは違う

優希さん、こんばんわ。

初めて優希さんの弱気なところを拝見して、
驚いた反面、ホッとしたというのがホンネです。

多くの金が動けば、その分多くの人間がかかわり
それだけの利権が存在します。

私の元へは、今までにも何通もの脅迫的なメールや
書き込みが来ています。

こういったものは確かに脅威です。 しかしながら
超えないことにはどうにもならない・・・。

でも、命を賭ける必要は無いと思うのです。
懸けるのなら、素晴らしいことでしょう!

まだまだこれからも幾多の試練がありましょうが、
頑張っていただきたいです。

優希さん、あなたは平成のジャンヌダルクなんですよ。


展示販売禁止大賛成

我が家が犬を家族に迎えようと決めたのは
娘(5歳)と私がオーストラリアにホームステイした時。

そのご家庭はご両親と娘さん1人、犬2匹でした。
当時、まだ英語が理解はできても話せなかった娘。
現地の幼稚園から帰宅して一番楽しかった時間は
「2匹の犬と遊ぶ時間」だったそうです。
子どもは犬の扱いも乱暴ですが、それにもじっと
我慢して?噛んだりすることなく、
とてもよくしつけられていて、本当に感心しました。

そんな様子を見て、私達も家族に犬を迎える決心を
しました。

まずは自分たちの生活に合う犬種を探すべく、
本屋さんで色んな犬の事を調べ、第一候補に
ミニチュアシュナウザーを選びました。
この時に優希さんと出会っていたら、
間違いなく、With meさんでお世話になっていたはず!!

でも、まだ優希さんとは繋がっていなかったので、
仕方なく、ペットショップへ。。
そこで、出会ったのはミニチュアじゃなくって
デカイ「シュナウザー」
しかも、そのシュナウザーは子供にボールを
ぶつけられてから、大の子供嫌い。
娘はワンワン吠えられて、
「シュナウザーは怖いからやめよ。」と言い、
飼い方の本まで買っていたのに、諦めることに。。

どうしたものかと途方に暮れていた時、
知人がドッグスクールでも時期が合えば、
犬を譲ってもらえると教えてくれて、
山越えてドッグスクールへ。

そこでまた色んな犬種に会い、
先生が
ジャックラッセルテリアか、
スコティッシュテリアがいいのではないかと
言って下さいました。

私達は足が短く、顔の大きい
スコティッシュテリアがのんびりしてて
可愛いと思いました。

それから生まれるまで半年ほど待ち、
生まれた中から、更に家族構成や
5歳の娘がいることなどから、
のんびり屋の長男を譲って頂くことに
なりました。

こうやって我が家にスカイ君がやってきました。

飼い主に似て?ちょっと鈍くさいスカイ君。
見てるだけで笑いが出てくるスカイ君。
我が家のアイドルです。

日本は大きなショッピングセンターや
ホームセンターには必ずといっていいほど、
ペットショップが入っています。

イギリス人の知人は「日本に来た時、
なんでショーケースで犬が売られているのか
不思議に思った」と言っていました。
「犬が欲しい人はまず、保健所みたいな
所に行って、命を救うべきだと僕らは考えるから」

素晴らしいですね~~

今は人々は病院で最期を迎えることが多いです。
ゲームなどの影響か、亡くなってもまた生命は
自然と蘇ると思っている子供もでてきてしまうほど。

ペットが身近に命の大切さを教えてくれる
役割をも果たしてくれるでしょう。
沢山の人にペットを通じて、色んな事を
知って、学んでほしいですね。

う~ん???

優希さん、非常に考えさせられましたよ!
何が善で何が悪かわからない時代です。

価値基準が多様化しているので、
昨日のブログのような子育てにもギャップがあると思います。

わかっていてもできないこと。
いわゆる社会的ジレンマがあるから、
この世の中成り立っているのでしょうかね???

優希さんの覚悟の大きさがひしひしと伝わってきました。
それだけに現実社会への憤りと、それを変えようとする悲壮な決意に、気圧される感じがしました。
でもあまりに力が入ってしまうと、疲れてしまうのではないか、すり減ってしまうのではないか、と心配にもなりました。
大きなことを成すにしても、小さなことを積み上げていくよりありません。
一歩ずつがんばりましょう♪

ペットを店舗販売することが悪いわけではないとは思いますが、その売り方と値付けに問題があるように思います。

規制をかけないと、その裏で起きてるさまざまな問題がいつまで経ってもクリアされない状況が続きますからね。

今までも、いろんな業界でいろんな規制緩和が起き、新たなビジネス展開が生まれてきました。
不可能ではない!

反対派と戦うわけではないですが、自分の信念を信じてですね♪

misawaさんへ

> 出るくいは打たれる!
> 日本はよけいにその風習が残っていますね!

杭を打とうとする人は
活動に関心がる人です。

打たないと生活がかかっている人は
懸命に打ちに来ます。

また、事を荒立てたり
変革を嫌う人も打ちに来ます。

面倒を避けようとするんですよね~

皆と同じがイイという性質は
日本人に多く見られますね~

>どんな業界もうらの・・ドンがいますね!
>逆らおうものなら・・必ず圧力をかけてきますね!
>
> 我々の業界もそうですから!

美容師業界もそうなんですか!?
どの業界にもあると思いますね~

> プロフの・・写真変えました?
はい!こっそり変えています!
ショップの写真変えたのを機に
ブログも変更しましたよ~

流石、細かい所までも
観られていますね~
プロの目ですね!!

かずやさんへ

> 途中でよめなくなっちゃいましたw
> ごめんなさい(汗

男女共同参画の話題は
本当に人気が無いんですよね~
男性が大切にしている事を
否定する事は
家族や友人からの教え、経験を否定されたと
捉えられても仕方ないですからね~

> そいで何がいいたかったかというと、男女の性差の考え方が間違ってます(汗。
> 性差を社会的なことだけでとらえてはいけませんよ。
> ヒントをいうと3000年前と現在の人間を動物という視点から比較すると、その差はわずかしかないということです。(人間も所詮、生き物です。自然には逆らえません。)
> 人間というものは99.999%くらい無意識で生きているんですよ。

人間の無意識は18歳くらいから変化すると
アインシュタインは言っています。

18歳以降は
経験則が無意識に行動を判断するようになるんです。

18歳以前は
経験則が不足しているもんで
真似て、人と同じようにしようと考えます。

どうしていいか分からないときの行動基準は
無意識では動けない時が多いんですよね~

その基準を作るのが教育であり
男らしさも教育から生まれている所が多いんですよ~

岡本さんへ

岡本さん!こんばんは!!

> 気合入ってますね(笑)
頑張っている人を観ると
改めて気合を入れたくなりました!
結構、影響を受けやすいんですよね~

> 出る杭は打たれるが出過ぎてしまえば
> 打たれないって言いますから、
> 出過ぎた杭になってくださいね!

マスコミの助けを借りて
一気に出る杭になろうとか考えています。

じわっと飛び出すと
叩かれますからね~

飛び出す時は
一気に行きますよ~

大変遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!
お正月でのんびりしすぎました(笑)

社会を変えるのに命を懸けられるかというテーマ、すごく心にずしりときます。そういう覚悟でなければ社会を変えることは出来ませんよね。中途半端な気持ちで取り組むと、関わる人達に迷惑をかけかねません。本気で取り組むから、人の心も社会も動き出すのだと思います。
心にくさびを打つから「必ず」という字になると聞いたことがあります。その必ずという決意で何事にも向かっていきたいですね。
僕も誰かのために役立ちたい!という想いをフツフツと抱えていますが、保身の気持ちからなのか、なかなか具体的に行動が出来ていないなあと感じています。
なので優希さんからガンガン刺激を受けていますよ。
今年もよろしくお願いします!

けこさんへ

> 小さな田舎で活動をするにあたって、
> 目立つことを嫌う田舎の独特の雰囲気を肌で感じました。

田舎は特に強いんですよね~
いろどりの横石さんも
この力には負けないように
懸命に努力されました!

自腹で高級料亭に連れて行き
村で取れた葉っぱを見せたりしたんです。

けこさんも前向きでGOですね~

タカビーさんへ

タカビーさん!こんばんは!!
このお話はタカビーさんの活動と
坂本竜馬さんのお話に刺激を受けたんです!

> 初めて優希さんの弱気なところを拝見して、
> 驚いた反面、ホッとしたというのがホンネです。

強い所も弱い所もあるのが人間ですね~
みんな同じ人間なんだと思いますよ~

> 多くの金が動けば、その分多くの人間がかかわり
> それだけの利権が存在します。
>
> 私の元へは、今までにも何通もの脅迫的なメールや
> 書き込みが来ています。
>
> こういったものは確かに脅威です。 しかしながら
> 超えないことにはどうにもならない・・・。

私の元には何も無いですが
これから来る事は簡単に予想できます!
タカビーさんはそれに打ち勝ち
前に進まれている
尊敬いたします!

これからも
いい刺激をよろしくお願いします!

dicekeyさんへ

> 現地の幼稚園から帰宅して一番楽しかった時間は
> 「2匹の犬と遊ぶ時間」だったそうです。

私も中学の時は
友達の家で飼っている犬と遊ぶ時間がとても好きでした!

幼稚園の頃は親戚の家に預かけられていて
インコと一緒に遊んでいました!
ところが当時は何も分からずに
インコと遊んでいて
じゅうたんに爪が引っかかったのを
無理に引っ張って
骨折させて
それが原因で死んでしまったそうです。

大人に成った今でもその事は覚えています。

> 子どもは犬の扱いも乱暴ですが、それにもじっと
> 我慢して?噛んだりすることなく、
> とてもよくしつけられていて、本当に感心しました。

大型犬は噛まない子が多いですね~
小型犬は嫌がったときに
あまがみをする子が多いです!
特にシュナは甘えんぼなんで。。

> まずは自分たちの生活に合う犬種を探すべく、
> 本屋さんで色んな犬の事を調べ、第一候補に
> ミニチュアシュナウザーを選びました。
> この時に優希さんと出会っていたら、
> 間違いなく、With meさんでお世話になっていたはず!!


この出会いが私の求めている出会いなんですよね~
飼うきっかけになった時に
私から飼って頂く!
雑種でもよければ
動物センターの雑種を!

私は飼うために必要な事は教えれますからね~
わんこを飼う費用と思っていただければ嬉しいです!

> それから生まれるまで半年ほど待ち、
> 生まれた中から、更に家族構成や
> 5歳の娘がいることなどから、
> のんびり屋の長男を譲って頂くことに
> なりました。

こういう出会いを私は求めているんです。
ポイントは
○衝動的に飼うのではなく
生まれたてのわんこに社会性を身につけさせて
性格を見極めてから自宅に送る事。

見た目も大切ですが家族と性格が合わなければ
15年も一緒に暮らせませんからね~

> 飼い主に似て?ちょっと鈍くさいスカイ君。
> 見てるだけで笑いが出てくるスカイ君。
> 我が家のアイドルです。

スカイくんは愛嬌たっぷり
とても可愛いです!

> 日本は大きなショッピングセンターや
> ホームセンターには必ずといっていいほど、
> ペットショップが入っています。

ショッピングセンターは売上の3割が賃借料です。
それだけ払っても十分採算が取れる業種なんですよね~

> イギリス人の知人は「日本に来た時、
> なんでショーケースで犬が売られているのか
> 不思議に思った」と言っていました。
> 「犬が欲しい人はまず、保健所みたいな
> 所に行って、命を救うべきだと僕らは考えるから」

イギリスは動物虐待禁止法があり
違法したショップは摘発されています。
海外でも特に厳しい国です!

> ペットが身近に命の大切さを教えてくれる
> 役割をも果たしてくれるでしょう。
> 沢山の人にペットを通じて、色んな事を
> 知って、学んでほしいですね。

命を大切に感じるのは
ペットとの死です。
心から愛し愛されたペットの死を受け入れる時に
命の尊さを感じる事が出来ます。

死ぬ所をみたくないという理由で
保健所に持ってくる人が多数います。
愛しているなら
最期まで一緒にいて欲しいです!

しょうちゃんへ

いろいろ投げかけたので
しょうちゃんが何を感じたのか気になるところです!

1.善意での行動の続かない
2.出る杭は打たれる
3.男女共同参画は男性から受け入れられにくい
4.男性は社会とって厳しい教育がなされている
5.社会が変わることで家庭教育を変える必要性がある
6.社会起業家は治安の悪い国で活動することに抵抗感が無い
7.私の活動はまだ小さいけれど、今後は抵抗勢力が存在する
8.ペット産業は儲かる方法がある
9. ギャンブルには多くのお金が動いている
10.将来的には危険が伴う可能性が高い

こうしてみると
えらく詰め込んだな~って思いますね~

らいふさんへ

> 優希さんの覚悟の大きさがひしひしと伝わってきました。
> それだけに現実社会への憤りと、それを変えようとする悲壮な決意に、気圧される感じがしました。

何となく、年始で私も気合入れようかな~って思いました!
今年は勝負の時ですからね~
大きな波が目の前に見えています!
乗り切るために気合入りまくりです!

> でもあまりに力が入ってしまうと、疲れてしまうのではないか、すり減ってしまうのではないか、と心配にもなりました。
私も改めてみて
凄いちから入っているな~って思います。
正月の笑いはどこに行ったんだ??
って感じですね~

一度気合を入れなおしたんで
再びいつもの感じで楽しみますよ~

らんさんへ

> ペットを店舗販売することが悪いわけではないとは思いますが、その売り方と値付けに問題があるように思います。
これを一概に悪いと否定してしまうと
相当の敵を作る事になりますし
日本では得する人は誰もいないですからね~
否定する理由が無いのはそこにあるのでしょうね~

> 規制をかけないと、その裏で起きてるさまざまな問題がいつまで経ってもクリアされない状況が続きますからね。
問題があるとするならば
殺処分にかかる税金が年々増えている事でしょう。

施設の人は仕事が忙しくなる事で
非常に心を痛めています。
でも、問題になるのは費用面だけです。

> 今までも、いろんな業界でいろんな規制緩和が起き、新たなビジネス展開が生まれてきました。
> 不可能ではない!

殺処分を減らす努力は
政府からすると
ゴミの再利用と同じレベルです。

もう少し違う観点から
命の大切さ
動物愛護を考えて欲しいものですね~

社会問題を上手くビジネスに取り込めるためには
行政の対応も考えるのが大切かと思います!

こーしろーさんへ

明けまして!おめでとうございます!
ゆっくり休まれたようで
正月ってこののんびり感がいいんですよね~

> 社会を変えるのに命を懸けられるかというテーマ、すごく心にずしりときます。そういう覚悟でなければ社会を変えることは出来ませんよね。中途半端な気持ちで取り組むと、関わる人達に迷惑をかけかねません。本気で取り組むから、人の心も社会も動き出すのだと思います。
みんながやっている事を変えようとするのは
相当の覚悟が必要です!
今回はチョットその覚悟を紹介してみました!

> 心にくさびを打つから「必ず」という字になると聞いたことがあります。その必ずという決意で何事にも向かっていきたいですね。
> 僕も誰かのために役立ちたい!という想いをフツフツと抱えていますが、保身の気持ちからなのか、なかなか具体的に行動が出来ていないなあと感じています。

誰も火中の栗は拾いたくないですからね~
私も自らがやるという決断をするのには
躊躇していましたよ~

今年もよろしくお願いします!!
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

命を懸けてでも社会を変えたいですか?

社会の常識を変えようとする事は 少数意見を持つ考え方の力を団結する所から始まります。 そして、活動を始めると必ず反対勢力にぶつかります。 このときに、本気で活動をしていないと 『何でここまでされなきゃいけないの? 社会の為に正しい事をしているのは私達...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。