スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

福岡に障がいを持つ家族が気軽に来れるサロンを作る

ついに『障がいを持つ親と子どものサロン』の立ち上げが始まりだしました!
4月の本格始動に向けて
これからは試行錯誤していきます!

福岡市内では
障がいを持つ家族のためのサロンはありません。

サロンとは
子育てをしている方同士
気軽に立ち寄りお話し交流できる場です。


子どもから多少目を離しても
周囲に大人がいて
安心という場所です。

託児ではないので
親が面倒を見るのが基本となっていますが
人が多いということは
それだけ子育てに手をかけなくてすみます。


持ちつもたれつの関係が
サロンの良い所なんですよね~
そして、交流が出来るのがとても大切です。

障がいを認められない方が沢山います。
そのなかで、認めていた人同士が
手を取り合って
認められない方を仲間にして
心を開放して
楽になって欲しい!

そんな気持ちでサロンは作ります!

元々子育てサロンというのは
各自治校区に存在し
社会福祉の費用があります。

だから、参加者は無料で利用出来るんです。

しかし、このサロンは
善意で成り立っています。

今は、やる気のある方が立ち上げるのですが
存続させるとなると
無理な仕組みを作るわけにはいけません。

社会起業家としては
善意だけでこのサロンを作ってもらっては困ります。

ってことで、積極的に会議で発言を致しました!

問題は、運営スタッフです!
運営スタッフが無理の無い仕組みを
最初から作り上げることが大切です。

無理が出そうな点は
○サロンで昼食の手間・費用
(お弁当を作ったり買ったり。)

お昼を一緒に取りたい気持ちは分かりますが
それが制度になると負担になる人が出てきます。

○責任者
ボランティアスタッフは生活が優先されます。
仕事でお金を頂いているのなら
生活の一部となり優先されているのですが
ボランティアとなると
生活の余った時間を提供するという形になります。

なので、何かあったときに
参加出来ない事が非常に多いです。

これは、非正規雇用にもいえます。
仕事の優先順位が低くなっている時は
必ずやるという責任感が
ボランティアスタッフに対し
負担となるんです。

だからなるべく
責任は薄くしないといけません。

○交通費
施設の近くに住む人以外は
公共の交通機関か
自家用車しかありません。

それが自己負担のなるのでは
遠くの方にとって
大きな負担となります。

○通信費
連絡を取り合うときの通信費は負担になります。
特に、高齢者はメールという手段がなく
連絡がつきにくいです。

連絡がつかない人に対し
何度も連絡をする事自体が
大きな負担となります。

携帯の電話代もばかになりません。
通信費が負担にならないように
システムを作る必要があります。


このように
今回は、社会起業家として
大変シビアな話題を振らせて頂きました。

これも、このサロンを成功させたいという想いからです。
発言が多かった、この私も
時間や費用の負担が大きく
毎回サロン活動に参加できるわけではありません。

だからこそ、
少ない参加時間で
良いサロンを作り上げる
お手伝いをしていきたいです!

この事業が成功すると
福岡市の各区でも
サロンが開かれる可能性があります。

熱意だけではない
サポーターの負担を減らして
続けれるサロンの仕組みを作り出したいです!


本当はコミュニティビジネス化するのが
理想なんですけどね~
今回は敢えてこの話題には触れませんでした!

凄く、意義のある事をやらせてもらっている気がします!
これも
NPO団体『住み良いまちづくりを勧める会』と協力して
いい知恵をいただきながら
作り上げたいです!

毎日充実!
とても楽しくなってきました!!!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

テーマ : 夢を叶える - ジャンル : ビジネス

タグ : 社会起業家 障がい 子育て

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント

障がいを持つ子供のご両親は、いろいろな悩みを抱えてらっしゃるのでこういう取り組みはすばらしいですね。
ぜひ継続できる仕組みを完成させ、優希さんの熱い想いを実現させてほしいです!頑張ってください!

コンセプトはすばらしいですね。

しかし、ボランティアの要素が大きいので
責任を薄くすると馴れ合いになるような
気もします。

運営費だけでも、何かしらの収入源があり、
責任あるスタッフがサポートする必要性を感じます。

そうなると、また別の問題も発生するので
難しいですね。

優希さん、こんにちは!

どんな良い活動も続かないと意味
ないですからね。

仮に一部は自己負担であったり、
そこに集まる人向けのサービス
を行う営利団体からの支援であって
も、継続するための手段をセット
にしないとね!

社会起業家の腕の見せ所ですね!

NPO同様難しい問題あるんですね。

優希さん、こんにちわ。

サロンというのですか?
恥かしながら、サロンの意味を今日初めて知りました。

NPOも運営する上で一番の問題が、職員の生活のことと聞いています。
優希さんが書かれていらっしゃるように、やはり最優先されるのは、
関係者の生活なんでしょうね・・・。

しかもボランティアとなると、全く報酬ゼロですから、
一層難しい問題なのかもしれません。

このあたりの打開を、優希さんがどうされていくのか、
私は俄然注目しています! 頑張ってください!

いい試みだと思います!
優希さんの意見もみなさんに届いたのでは?

たしかに問題はたくさんあるでしょうし、簡単ではないですけど、ボランティアだけで生活は出来ませんし、負担にならず継続できる仕組みをみんなで考えないといけないですよね!

収入を生み出せる社会起業家を目指して、頑張ってください!

人の善意はもちろんありがたいことですが、それに頼った仕組みはどこかで無理を来すことは確かに避けられないと思います。

無理をせず、それぞれの大きな負担とならない範囲で、サービスを提供する人も、受ける人も気持ちよくありたいものですね。

組織の運営ですから責任も生じます。
責任を薄めてどこに責任の所在があるか分からなくなることは問題ですが、互いにカバーし合って全体としてきちんと責任を果たすようになれば良いのでしょうかね。

この当たりの調整は本当に難しそうですね。
充実パワーでがんばって!応援しています♪

優希さんは多方面で同時進行されてて
ほんとすごいな~と思います。

しかも、どれについてもぬかりなく
しっかりと考えていらっしゃる。

問題点を洗い出すことは大切ですね。
勢いだけではできないですからね。

サークルではなく、サロン

昨日のサロン準備会合では色んな事が
頭をよぎりました。

娘が小さかった頃、誰かと話がしたいけど、
子供を連れてだと行く場所が限られるし、
お友達といってもその人の「家」に
上がり込むと迷惑になるんじゃないかなと
思うし、かといって、公共の場は室内で
雨の日も遊べる場所なんてなかなかありません。

障害を持つお子さんになれば安全な場所を
確保するのはなおさら難しいです。
でもそういった場所のニーズは
障害があるないにかかわらず、非常に高い。

育児サークルをはじめ、留学生のホストファミリー
英語講師の勉強会の運営、
Dicekeyの特別レッスンなど、
いくつかのボランティアワークを経験してきましたが、
なぜ続けられたのかといえば、やはり、それは
ギブアンドテイクのバランスがきちんと保たれていたからです。
時にそれは交通費であったり、会費免除であったり、
自分の経験を積むために勉強させて頂けるという場所の
提供であったりするわけです。

行政の援助金なくしてこのサロンの開設までは
辿り着いたとしても、運営していくには
乗り越えなければならない問題が沢山あります。

行き当たりばったりで、という話もありましたが、
恐らく、今の状況で始めてしまうと、
失敗に終わるのではないかと危惧しています。

でも、成功例として東区から発信することが
できれば、これが他の地域でも広がっていき、
住みよい社会になれるはず。

サークルではなく、自由に出入りができる
このサロンでどういったサポートが
できるのか、今は未知ですが、この立ち上げに
関わり、勉強できる事は嬉しいことです。

私は近くまた参加するので、ご報告しますね!

おはようございます。

障害者のサロン、とってもいいですね!
身近なところに障害者がいるのですが、交流の場なんてありませんでした。絶対に必要ですよね。
優希さん、いい仕事していますね!

ポチッ

こーしろーさんへ

あくまで民が主導になるので
私達が維持・継続できる仕組みを作らなくてはいけません。
行政をいつもでも頼ってられませんからね~
凄く楽しいです!

モリシンさんへ

> ボランティアの要素が大きいので
> 責任を薄くすると馴れ合いになるような
> 気もします。
>
> 運営費だけでも、何かしらの収入源があり、
> 責任あるスタッフがサポートする必要性を感じます。

理想はきちんとした収入源があり
事業として運営できる所だと思います。

それが寄付なのか売上なのか広告費なのかは
問いませんが、
責任者を雇えるほどの収入を作るのが
一番なんですけどね~

無収入でやる時には逆に
責任者には負担がかかります。

期間が決まってればいいのですが
10年20年単位になると
負担をどれだけ緩和するかが
必要になりますね~

岡本さんへ

岡本さん!こんにちは!!

> 仮に一部は自己負担であったり、
> そこに集まる人向けのサービス
> を行う営利団体からの支援であって
> も、継続するための手段をセット
> にしないとね!

行政の枠に留まっていると
営利団体の支援を受けられないんです。

営利目的が少しでも入ると
行政は困るんですよね~

って事は、参加者から多少は負担していただくのも
一つの方法なんだと思います。

これを誰が言い出すかなんですよね~

どうも私が火中の栗を拾わないといけない気がするんですが。。

タカビーさんへ

タカビーさん!こんにちは!!

> サロンというのですか?
> 恥かしながら、サロンの意味を今日初めて知りました。

私も地域活動は全くしていなかったので
それまでサロンって何なのか知りませんでしたよ~

参加者の中にも知らない人が多かったので
タカビーさんの感覚は一般的だと思います。
つまり、皆知らないと思っていただいてもOKです!

> NPOも運営する上で一番の問題が、職員の生活のことと聞いています。
> 優希さんが書かれていらっしゃるように、やはり最優先されるのは、
> 関係者の生活なんでしょうね・・・。

続ける事を考えたときに
一番先に考えるのは維持する側の事です。
参加者に喜んでいただくためには
きちんと維持できる仕組みを作り上げる必要があるんですよね~

仕組みづくりは私の得意分野です!
ここは頑張りますよ~

> しかもボランティアとなると、全く報酬ゼロですから、
> 一層難しい問題なのかもしれません。

この善意の気持ちが結構厄介なんですよね~
ある意味、仕事と割り切って
強制力がある方が安定しているんです。

善意の気持ちが負担にならなければいいとおもうんです。

心から行動に移るものなので
負担が大きいと心が折れるんですよね~

> このあたりの打開を、優希さんがどうされていくのか、
> 私は俄然注目しています! 頑張ってください!

人生のドラマが楽しすぎて
ギャンブルなんか依存している暇はないんですよね~
タカビーさんの所に来られる方も
充実した時間が持てれば
ギャンブルに依存しなかったのかもしれませんね~

その意味でも
ボランティアをさせていただけることは
心の健康に繋がるのかもしれませんね~

らんさんへ

> たしかに問題はたくさんあるでしょうし、簡単ではないですけど、ボランティアだけで生活は出来ませんし、負担にならず継続できる仕組みをみんなで考えないといけないですよね!
今回のサロンは報酬が無いので生活出来ませんから
あくまで地域の方の協力で運営されます。

しかし、負担が大きすぎると最初はいいのですが
それぞれ個人の理由が多くなり
(子どもが風邪をひいた。用事が出来た等)
どんどん参加者が減る事になりかねません。

本来は、これで生活が出来るくらいの
仕組みを作ることなんですけどね~

ボランティア活動は生活の中で時間を作ってすることなので
時間が出来ない時もあることを忘れてはいけませんね~

らいふさんへ

> 人の善意はもちろんありがたいことですが、それに頼った仕組みはどこかで無理を来すことは確かに避けられないと思います。
>
> 無理をせず、それぞれの大きな負担とならない範囲で、サービスを提供する人も、受ける人も気持ちよくありたいものですね。

まさしく私の言いたかった通りですね~
理解していただけてとても嬉しいです!

> 組織の運営ですから責任も生じます。
> 責任を薄めてどこに責任の所在があるか分からなくなることは問題ですが、互いにカバーし合って全体としてきちんと責任を果たすようになれば良いのでしょうかね。

これもまさしくその通りですね~
運営する以上、責任は必ずついてきます。
互いにカバーするのにも
通信費が発生します。

この負担を以下に減らせるのかが大切になりますね~
スタッフ同士の交流の必要性は
この組織力を高めるためにあるんですからね~

けこさんへ

> 優希さんは多方面で同時進行されてて
> ほんとすごいな~と思います。
>
> しかも、どれについてもぬかりなく
> しっかりと考えていらっしゃる。

ペットの資格勉強が全く進んでいません。。
やりたい事を優先に動いてしまうのが
非常に良くないんですよね~

前回はそれで失敗しましたので
今回はなるべく勉強日を多く取るようにしています。

やりたいことは沢山あれど
時間は24時間しかないですからね~

Dicekeyさんへ

> 障害を持つお子さんになれば安全な場所を
> 確保するのはなおさら難しいです。
> でもそういった場所のニーズは
> 障害があるないにかかわらず、非常に高い。

ニーズがあるから今回初の試みになったわけなんですね~
何とか成功まで続けていきたいですね~

> 行政の援助金なくしてこのサロンの開設までは
> 辿り着いたとしても、運営していくには
> 乗り越えなければならない問題が沢山あります。

運営していく中で問題を発見するのもいいと思いますが
実感がわいた所で改めて問題に対し
解決策を考えるのもいいのかもしれませんね~

経営者・運営者的な視点をだれもが持っているわけではありません。
運営をする立場になって始めて見えることもあるとおもいます。

現段階では
参加者がその事に気づき
前向きな解決策を模索できるようになるまでの
助走期間だと認識しています。

> でも、成功例として東区から発信することが
> できれば、これが他の地域でも広がっていき、
> 住みよい社会になれるはず。

1箇所だけでなく多くの場所で開催できたらいいですね~

東区のプラザでも
月に1度は障がいを持つお子さんの日を作れる可能性だって
あるんですからね~

> サークルではなく、自由に出入りができる
> このサロンでどういったサポートが
> できるのか、今は未知ですが、この立ち上げに
> 関わり、勉強できる事は嬉しいことです。

サークル活動の経験も活きると思います!
楽しんでくださいね~

> 私は近くまた参加するので、ご報告しますね!
すっごく楽しみにしていますよ~

YHさんへ

おはようございます!

> 身近なところに障害者がいるのですが、交流の場なんてありませんでした。絶対に必要ですよね。
サポーター未経験者でも
気軽に参加出来る場があればいいですね~

地域の方が
温かく見守れる場を創るのが
私たちの仕事だと考えています!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。