スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

不登校セミナーで感じた事

今回の不登校セミナーは
不登校を経験した子ども達の体験談がメインでした。

その話を聞いていて思ったのは
子ども達の住む環境が相当悪くなっているという事です。

そこでふと思い出したのが
この本です。

○ひきこもれ-ひとりの時間をもつということ
著者:吉本 隆明さん


ひきこもりとは心優しく
敏感なまじめな子に多いんです。

クラスにいじめはなくなっていません。
今の社会が変わらない限り無くなるはずが無い。
そう感じます。

いじめの原因は様々ですが
根本にあるのは
大人世界の鏡が
子どもの世界にも入り込んでいるという事です。

大人の世界は
成果主義、競争社会、個人主義、勝ち組負け組、
コミュニケーション不足、ストレス社会

これが子どもの世界にも反省されています。

成果主義の競争社会では
常に勝つ事を要求され続けています。

テストの点をあげるために
塾に通います。

スポーツをするために部活もします。

朝7時から、部活の練習をして
夜の9時まで塾に行っている子ども達の心は
とても狭く、必死に生きています。

心の狭いときはいらいらしやすく人に対しての配慮も出来ません。
元々、子どもは人に対して配慮するという能力が
まだ成長しきっていないので
露骨になります。

それでも、先生の前では
いじめはいけないという認識だけが統一されているんです。

この現実を正面から受け止めた子どもが
学校に行けなくなります。

きっかけは色々ありますが
共通しているのは人間関係です。

いじめられたから不登校になるという
簡単な問題ではありません。

不登校は誰にでもなるんです。
そんな環境に私たち大人がしているんです。

大学を卒業しても40代で
年収1千万も貰っている人は少ないです。

高卒やら中退で頑張って王将でバイトして正社員になって
エリアマネージャーになれば
年収1000万以上はあるんです。
(カンブリア宮殿より)

殆どの家庭が学歴を追い求め
子どもの時間を勉強だけに使い
その結果、劣悪な環境にしてしまいます。

今の子ども達は
相当悲惨な学校に通っているような気がします。
これは、表面上では現われないのかもしれません。

学校崩壊もセミナーで聞いたら相当酷いです。
授業参観なんて、まともな授業じゃないそうです。

そんな環境で
繊細な子ども達が
始めて『行きたくない!』と声をあげてくれるのです。

先生は熱血で真面目な人も多いそうですが
問題の本質が見えてない気がします。

例え見えていたとしても
その圧倒的な社会の力には
太刀打ちできないのかもしれません。

出来る事といえば
毎日子どもの様子を見に来る事です。

心を打ち解けてくれるまで
頑張るしかないみたいです。

そして、クラスの皆から
学校へ出ておいでと
心無い手紙を貰います。

そんな書かされた手紙が
子どもの心をもっと傷つけます。

いじめをなくし
子どもの心を取り戻すためには
子どもの社会に夢と希望をあたえ
教育のゆとりではなく
心のゆとりが出来る環境に
するべきだと思います。

確かに、知識は必要ですし
勉強しないのがいいというわけではありません。

毎晩9時まで、また、
夏休みも冬休みも
勉強ばかりしないといけませんか?

友達や年上、年下の近所の子ども達と
遊ぶ時間を作れませんか?

子ども達だけの世界を作れませんか?

テレビやゲームを1人で楽しむのではなく
友達同士の方が楽しいという当たり前の事を
子ども達に返しませんか?

不登校の体験者が不登校を辞めたきっかけもまた共通しています。
それは
『学校で友達が出来た!』
なんです。

人間不信で不登校になり
自分を見つめなおし
学校に行ってみたら
友達が出来る。

不登校は登校出来ないという意味ですが
不登校というレッテルを貼らずに
今日は行かなかったと
軽い気持ちで見てあげてください!

いつもと変わらず
プレッシャーをかけず
普通にしてもらうのが一番なんです。

変えなきゃいけないのは子ども達じゃない!
社会環境だ!

親世代としてやらなきゃいけないことが
あるはずだと思います。

社会を変えていかなくちゃ!
改めてそう感じました!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

テーマ : 知っておいて損はない!! - ジャンル : ビジネス

タグ : 不登校

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント

不登校の原因は人それぞれで違うし、何とかサポートしてあげたい人にとっても、難しい問題ですね。

>変えなきゃいけないのは子ども達じゃない!
>社会環境だ!

社会環境が子ども達に与える影響は大きい。
でも社会環境が変わらないと子ども達が変われないほど弱くはないと思いたい。

悪い環境を良い環境に変えたい、誰もが望むこと。
でも変えられるか、いつ変わるかまでは誰にもわからない。
その間にも子ども達は年齢を重ねてしまう。

不登校を全く否定してはいない。
何にでも意味があるし、そこから得ることもあると思う。
遠回りかもしれないが、人生に無駄はないはず。
ただ、引きこもっていた時期を、全く得るもののない空白の時間にしてしまう人がいたとしたら、それは本当に残念。

生きている誰もが、今を生きなければいけない。
例え、生きにくい世の中であったとしても、その中で生きていく方法を探さなければならない。
そのためには、回りの環境変化を待つのではなく、自らも変わっていく姿勢が必要だと思う。

助けて欲しいことがあるなら、助けを求める勇気を持つことが必要だ。
それもまた勇気だ。
格好悪い自分も許そう。

自分をもっと出すことで、開けることがあると思う。
辛い思いをしている方々、もっと気持ちを楽にして、一歩踏み出してみて下さい。

全て優希さんに賛成!

優希さん、こんにちわ。

今回の記事の内容は、私が普段感じていること
そのものです。

優希さんも、そう考えておられたのかと思うと、
とても安心感があります。

子供の世界は大人の世界の縮図です。 大人の世界が
イジメだからこそ、子供の世界にもそういった問題が
生じるのでしょう。

これは教育だけの問題でなく、立派な社会全体の
問題です。

さて・・・、

優希さんなら今の社会環境をどうやって帰るのでしょう??

優希さんの考えを聞いてみたいですね。

もし私なら、自由化しすぎたあまり歪になった産業の
活性化から、大企業集中型の雇用問題もあわせて着手していきます。

こんばんは

小中学生に子供がいますが・・・

かなり不登校は多いようですね!

自分のときにもいましたが・・・

ごくごくわずかでした・・・

今は・・・

1クラスできてしまうほどに人数だそうです・・・

何とかしなきゃ!

ぽち!

難しいですね。

「いじめはいけない」というわかっているのに(子供たちだってわかっているはずです)、なぜいじめがなくならないのか・・・。
今ほどひどくないにしても、わたしが子供の頃も不登校はありました(保健室に来てる子がいました)
そういえば動物の世界にもいじめはあるって聞いたことがありますが・・・。
複雑な問題ですね。

んー。
難しいですね。
システムの問題だと思います。
社会が複雑になっているのに、システムは簡素化(民営化)されています。
選択と集中。
民営化という名の構造改革をやめることですね。
いじめをなくすには、子供を自由にさせないことですね。
子供を見守る大人は未熟ということです。
もちろんすべての大人です。
しかし子供はそれ以上に未熟なのです。

おはようございます。
ご無沙汰いたしております(*_ _)人
子育て事業・男女参画・・・と多方面でご活躍なさってる優希さん。
うちの子ども達の周りでも不登校や保健室登校の子が増えています。
不登校になる原因はその子その子によって違うでしょうが
やはり社会環境の影響が影に見え隠れしますね。
大人の影響がそのまま子ども達の社会生活にまで影響してる…
なんだかかわいそうです。
最近のあった話ですが
理由も聞かずに頭ごなしに怒る教師…
「なぜ?」そういうことになったのか、という
問いかけの「なぜ?」がないんです。
理由があるからそういうことになったんだと思うのですが
その理由を聞かなければ本当の内情も見えてこないのに…
大人にも「心のゆとり」「子ども達を見守る心」は必要じゃないかな~と思います。

らいふさんへ

> 不登校の原因は人それぞれで違うし、何とかサポートしてあげたい人にとっても、難しい問題ですね。
なんで不登校になるのかの原因も単純ではなく
特に感受性の強い時期になると
言葉には表現できなくなるんですよね~

> 社会環境が子ども達に与える影響は大きい。
> でも社会環境が変わらないと子ども達が変われないほど弱くはないと思いたい。

不登校の子どもの親の殆どが同じことを言います。
『うちの子は大丈夫だと思った。』

これは当然の人間心理です。
誰もが癌になるとは思っていません。
まさか自分がというのが本音だと思います。

> 悪い環境を良い環境に変えたい、誰もが望むこと。
> でも変えられるか、いつ変わるかまでは誰にもわからない。
> その間にも子ども達は年齢を重ねてしまう。

学校に行けなかった子どもが悪いわけでなく
社会の体質そのものが悪くなっていくと感じています。

子どもに深刻な被害を出さなくするためにも
対策は大人である私たちが
急がなくてはいけませんね~

> 不登校を全く否定してはいない。
> 何にでも意味があるし、そこから得ることもあると思う。
> 遠回りかもしれないが、人生に無駄はないはず。

紹介の本にもありますが
不登校の中で自分を見つめる事が出来る子は
そこで何かを見つける事が出来ます。

それが出来るか出来ないかで
大きく変わってきます。

出来ない人は
精神障害までひきおこします。

ひきこもりになり
大人になっても外に出られなくなるのです。

> 生きている誰もが、今を生きなければいけない。
> 例え、生きにくい世の中であったとしても、その中で生きていく方法を探さなければならない。
> そのためには、回りの環境変化を待つのではなく、自らも変わっていく姿勢が必要だと思う。

変わろうと思えるだけの力を蓄えるのが
今日は学校に行かないという選択肢なんです。

だから、十分に考えさせてあげてください!
大人が作り出した酷い環境の中で
子どもたちは必死で生きているのですから!

> 自分をもっと出すことで、開けることがあると思う。
> 辛い思いをしている方々、もっと気持ちを楽にして、一歩踏み出してみて下さい。

昔の自分は捨てて
新しい人間に生まれ変わる事が
一歩踏み出すという事につながります。

踏み出すタイミングは人それぞれです。
それはまさにバンジージャンプを飛ぶとき
くらいの覚悟が要ります。

あせらせないで
自分のタイミングで
動けるようになるまで
温かい目で見てあげて欲しいです!

タカビーさんへ

タカビーさん!こんにちは!!

> 今回の記事の内容は、私が普段感じていること
> そのものです。

共感していただき嬉しいです!
同じ考えを持つ人の力で
社会を変えようとする気持ちが高まってくることを
期待します。

> 子供の世界は大人の世界の縮図です。 大人の世界が
> イジメだからこそ、子供の世界にもそういった問題が
> 生じるのでしょう。

いじめの発端は自己の正当性を主張し
弱い者にその罪をかぶせる事です。

ミスを許されない社会。
責任追及の社会。
責任転嫁の社会。
その構造自体がいじめの元凶となっています。

大人もいじめているという感覚は薄いと思います。
ただ、交流が無くなったり
無関心になったり
関係が希薄になります。

愛の反対は憎しみではなく無関心です。
この大人世界の無関心さが
そのまま子ども世界に投影されているんです。

人間関係や物事に無関心な子どもが増えているのは
そういう生き方をしている大人をみているからと
私は考えています。

> もし私なら、自由化しすぎたあまり歪になった産業の
> 活性化から、大企業集中型の雇用問題もあわせて着手していきます。

大企業のパワーは
圧倒的な技術力と販売網、
そして広告力と生産力です。
最大の強みは安さです。

これに対抗するために
同じ商品を作っていては難しいです。

中小、ベンチャーが生き残れるには
特異性が必要ですね~

大企業の出来ない
人と人とのつながりが
小さな会社の特徴だと思います。

小さな会社が伸びるためには
社会貢献にお金をかけようとする
民間の力が必要だと思いますし
小さな会社も
地域密着で社会貢献しながら
事業をしていくべきだと考えます。

misawaさんへ

こんばんは!

> 今は・・・
>
> 1クラスできてしまうほどに人数だそうです・・・

不登校の数は圧倒的に多くなっています。
福岡市では11万人の小中学生がいますが
そのうちの1600人は不登校です。

数でいうと2%程度ですが
その数は増加傾向にあります。

misawaさんのお子さんが通われている学校も
大変な事になっていますね~

早めになんとかしないと。。

亜沙美さんへ

> 「いじめはいけない」というわかっているのに(子供たちだってわかっているはずです)、なぜいじめがなくならないのか・・・。
社会がそれだけ無理をしているということなんでしょうね~
それを変えなければ
子どもの環境も変わらないと思います。

いじめの原因は心にありますからね~

> そういえば動物の世界にもいじめはあるって聞いたことがありますが・・・。
動物には生存競争とストレスからくるいじめがあります。
狭い場所にずっと閉じ込めておくと
仲間同士でいがみあいますね~

子どもたちの住んでいる世界も
同じ状況だと思いますよ~

かずやさんへ

> 社会が複雑になっているのに、システムは簡素化(民営化)されています。
問題は単純じゃないですね~
でも単純に問題を解決しようとしすぎますね~

> いじめをなくすには、子供を自由にさせないことですね。
確かに洗脳教育は効果を発揮しますね~

ただある意味すでに子どもの自由を奪っている気がします。
子どもには受験以外の選択肢はなく
自由な時間が存在しません。

目の前にあるのは
やりたいことではなく
やらなきゃいけないことばかり。

> 子供を見守る大人は未熟ということです。
> もちろんすべての大人です。
> しかし子供はそれ以上に未熟なのです。

大人がこの現状をきちんと理解し
対策を取ろうと真剣に考えれば
解決策は見つかるはずです。

過激化している受験戦争以外に
子どもの幸せ
明るい未来を創ることが大人に出来ないのか?

総論賛成各論反対が多いんですよね~

自分の身に降りかかると
誰もがやろうとしないから
社会が変わらないのです。

少数派の子どもたちは
見ないようにする。
落後者のレッテルを張る。

そんな安易な解決策で
苦しんでいるのは自分たちだという事を
認識できないでいるんですよね~

みらいさんへ

おはようございます!

> うちの子ども達の周りでも不登校や保健室登校の子が増えています。
> 不登校になる原因はその子その子によって違うでしょうが
> やはり社会環境の影響が影に見え隠れしますね。
> 大人の影響がそのまま子ども達の社会生活にまで影響してる…
> なんだかかわいそうです。

みらいさんもそう感じますか!
不登校の子どもに大きな原因はないような気がしています。
これはその事を詳しく知った方なら
分かると思います。

> 理由も聞かずに頭ごなしに怒る教師…
> 「なぜ?」そういうことになったのか、という
> 問いかけの「なぜ?」がないんです。
> 理由があるからそういうことになったんだと思うのですが
> その理由を聞かなければ本当の内情も見えてこないのに…
> 大人にも「心のゆとり」「子ども達を見守る心」は必要じゃないかな~と思います。

この原因も大きいでしょうね~
結局は大人の環境に子どもが犠牲になるんですよね~

先生も頑張っていると思います。
でも、学校の仕組みをなんとかしないと
いけない時期に来ていると思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。