スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

子どもを花粉症にしないために

子育てプラザに行ってきました!
子育てのことで親御さんとお話させていただくのが
とても楽しいんです!

自然の環境で育てたいという親御さんとお話してきました。
とてもいいことだと思いました。
今の子育ては自然と切り離されていて
大切なものを失っているような気がします。

ところが
自然を切り離したことで得るものがあります。
それは、健康に育つということです。

今の子どもが鼻から青っぱな(緑色の鼻汁)を出しているのを見たことがありません。
青っぱなが出る理由は色々ありますが。
例えばお腹がすいた事による交感神経の活性化で
白血球が頑張って菌と戦い
死んでいって鼻水になっていくんです。

昔は殺菌という概念が薄く
自然界にある多くの細菌・真菌・バクテリアを
体内に入れ込んできました。

その経験から抗体が作られていって
抵抗力のある強い子どもに育つことが出来たんです。

しかしその一方で
弱い子どもは病気になりがちになり
お医者さんに通うことが多くなります。

その病院にいくのを避けるために
予防が発展してきました!


日本人の平均寿命が伸びたのも
長寿になっただけでなく
弱い子どものときに死ぬことが減ったことも
考えられるんです。

つまり、自然とはとても危険なものであり
その危険を乗り越えたものが
強く育つんですよね~


Yahoo!ニュースの
子どもを花粉症にしないための9か条の中で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090223-00000004-cbn-soci
▽早期に託児所などに預け、細菌感染の機会を増やす
▽適度に不衛生な環境を維持する
▽手や顔を洗う回数を少なくする
なんてところは特に
子育てにとっては悪影響とされているところなんです。

若いときの苦労は買ってでもしろとはいいますが
頻繁に風邪を引いたり、熱を出したり
肺炎にでもなって亡くなってしまってから
後悔しても遅いですからね~

でも、子どもって親が思っているほど弱くは無く
勝手に育っていくもんです。


特に、近所にお兄ちゃんやお姉ちゃんがいれば
必死にまねして覚えていきます。

お兄ちゃんやお姉ちゃんも
安全な遊び方をその上のお兄ちゃんやお姉ちゃんから教わっています。
こうした遊びを通して
子どもたちは自然と触れ合っていくんですが
この近所の子どもの遊びが
失われているんですよね~

そういう社会を作ってしまったのも
大人なんですよね~

また、花粉症は
『下水道などインフラが完備されている所、車の交通量の多い所で育つと発症率が高くなる』
ということですが
日本では一般的に交通量は多いし
下水道も完備されているところが多いです。

なんか血液型みたいに
あるある的なことかもしれませんが
都会で花粉症が多いということは確かでしょうね~

私も大人になってから花粉症になりました。。
子どものときは青っぱなを出していたのに。。
しかも、自然に囲まれたところに住んでいるのに。。。
まぁ、あくまで統計学ですからね~

ほんと、花粉の舞うこの時期は大変ですよね~
去年も同じようなことを言ってましたね~

かといって子どもには同じ苦労を味わって欲しくないです。
大人が作り出した苦しみなんだと思います。

免疫低下はいろんなところで問題になっています。
食べ物もそうだし
ストレスもそう
癌になる最大の原因は免疫低下です。

子どもの環境は親が作っています。
勉強しろと多くの心的ストレスを与えたり
合成添加物が一杯の食べ物を与えたり
身体を動かせて発散させずに
机に縛り付けたり。

おりこうさんという言葉で子どもをコントロールします。


子どもに大切な
免疫を多くするためには
子どものときから多くの危険を乗り越えないといけないんですよね~

かといって
親としては子どもに危険なことはさせたくないし。。

こんな話をしていました!
私のお話がお役に立てれば幸いです!
子育て支援やりたいな~

わんこを飼っているご家庭のお役に立ちたい!
子育て支援は国や福岡県の重要課題でもありますからね~
必要とされるために多くの経験を積みたいです!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

テーマ : 知っておいて損はない!! - ジャンル : ビジネス

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント

大好きな内容でしたよ

こんにちは

その通りですね!

僕たちの子供のころは・・
いっぱい居ました!
服の袖が・・カピカピになっている子供!

川で遊んだり・・怪我したら・・
おしっこかければ直るなんて・・(笑

だから強いのでしょうね!

ぽち!

温室育ちの弊害

優希さん、こんにちは。

今日の記事を読んで、思い出したことが有ります。

免疫力を高め、花粉症などから身を守る為に
わざわざ自らの体内に、「サナダムシ」を飼う
人たちがいること・・・。

「回虫」もいいいそうですよ!(^▽^笑) 

ゾッとされましたか? でも、太ることも防げるそうです。

昔の人たちは、こういった寄生虫とも上手に付き
合っていたと聞いて驚きましたね!

ドイツでは、大腸がんを防ぐ為に国による取り決めで
シャワートイレが製造・販売できないそうです。

このあたりについては、近いうちに記事にするつもりです。

ところで、今Google自身のPageRankはいくつでしょう?

こんにちは

ボクも聞きかじりですが・・・

免疫力は、その人が生まれながらに持っているもので上げたり、強くしたりは出来ないのだそうです。年齢とともに下がることはありえるそうですが・・・
だから、ボクたちにできるのは抵抗力を上げること。そして免疫力を下げないこと!

冷えの研究をしている方に聞いた話ですが、人間の体内温度が1度下がると免疫力が30%以上低下するそうです。
冷えの症状には、寝付けない、手足が冷える(逆に手足が火照る)、便秘、肌荒れ、朝が弱い、疲労回復が遅いetcなどです。
当てはまる場合は、おへそから拳一個分上の場所を湯たんぽなどで暖めながら寝てください。

参考になるかなぁ~?
ならなかったら忘れてください(●`ε´●) ぶー

こんにちは。

優希さんも花粉症なのですね。
つらい季節ですね。

職場の空気が悪いとき
・窓を開けて新鮮な空気を入れよう! という人
・窓を開けると花粉が入るので止めてほしい という人
・空気清浄機は音がうるさいので、とめてほしい! という人

がいて、折衷案を考え中です。(笑)
花粉症、今年は軽くすむといいですね。

ポチッ

花粉といえば

栃木県は日光市があります。
(知らないヒトがいるので念のため)

日光のお客様のトコにいくのに、
あの日光杉並木を延々といくのですが、
この時期フロントガラスが花粉でびっちりです。
(おそろしーーv-12

でも、確かに日光市のヒトが
都会より特別花粉症が多いとも聞きませんからねぇ。

どうまとめていいかわかりませんが、
……雑草は強い!!ということで。。。
まとまり悪くてスミマセン。
((。・・。))

優希さん、こんばんは!

時代が変わったんでしょうが、私たちの
頃は朝から晩まで外で遊んで、冬でも
半ズボンや裸足で校庭で遊んでましたが
どうって事なかったですからね。
今だったら野生児とか言われそうです(笑)
(もしかして私だけ(汗))

子供達が悪いとは思いませんが、もっと
アバウトに育てても良いのかな~なんて
思います。

適度に不衛生

この9カ条を読んだ時は
ホントに笑っちゃいました。
我が家は主人も私も花粉症ですが
娘はまだ発症していません。
でもしないかも?
だって、適度どころか彼女は
かなり不衛生(苦笑)
今は自然に囲まれた環境でのびのび
してますし、このままアレルギーとか
ないまま成長してくれるといいと思います。

あんまり清潔すぎると免疫力が
逆に弱くなるんでしょうかね~
その適度っていうのが難しいですよね。

適度に不衛生に・・・って、
賛否両論あると思うけど、
私も最低限の清潔さを保ってれば
後は適当でOK♪って感じです。

お薬なんかも、できれば飲ませずに
自然治癒させた方が免疫がつくともいいますよね。

親としてはその線引きに、いつも葛藤しますが^^

むむむ

あまり書きたくなかったのですが、どうしても気になってしまいました・・・

平均寿命が延びているのは、その通りです。

ただ問題は・・・

①自然とは危険なものであり~。とありますが、人間も自然です。いつも言うのですが、物事を分割して考えるのはだめです。

②花粉症にしないための9か条・・・子育てに関しては悪影響とされている。何の資料ですか?ヤフーニュースのほうが正しいです。その悪影響と書いてある資料なのか、自分の考えかは知りませんが、正誤をきちんときめるのは難しいにしても、9か条を否定する根拠がわかりません。

③癌になる最大の原因は免疫低下ですが、花粉症との関連をいう根拠はなんですか?なぜ花粉症の流れから癌がでてくるんですか?癌の病理学的な意味を知っているんですか?

④おりこうさんという言葉で子どもをコントロールする方法は、子育てにおいて非常に重要です。いつも言うのですが、「子供というのは善悪の判断ができません。」、判断基準というのは周りから与えられるものです。その上で、勉強の重要性を説くのは、非常に大事です。というか発達の勉強を本当にしてるんですか?稚拙すぎます。勉強しろと多くの心的ストレスを与えるというのは、いわゆる親の現実と指導方法との乖離だという論文があります。その通りだと思います。具体的に説明すると時間がかかるので、省きます。身体を動かせて発散させずに机に縛りつけたり。そういう親もいるでしょう。ではゲームはなんですか?体を動かしません。じゃあ親がゲームをとりあげるんですか?

私は耳障りはいいけど、根拠の薄い浅い教諭が嫌いです。
申し訳ない。

治癒力☆

以前、家畜を飼っているところの子はアレルギーになりにくいということを海外のニュースでやっていたと聞いたことがあります☆

小さい時に、いろんな菌に触れさせて耐性をつけておいたほうがいいんでしょうね。

親の勝手で子供の環境が左右されてしまう現代だからこそ、気をつけてあげたいです☆

こんにちは
難しい問題ですね。
いろんな考えがる。
どれがベストかなんて誰もわからないのかな。
環境は自然な状態があればより良いと思います。
スギ花粉も人災ですからね。

私は川岸がヘドロになっている川で遊びました。
京浜工業地帯のど真ん中の空気で育ちました。
こんなんでも80~90歳まで普通に生きたら
環境なんてどうでもいいんじゃないって答えが出る気がする。
高濃度の有機溶剤や重金属汚染とかは問題外ですが。

教育と環境は別々に考えたいとおもいました。

mihoさんへ

> 大好きな内容でしたよ
ありがとうございました!

misawaさんへ

こんにちは!

> 川で遊んだり・・怪我したら・・
> おしっこかければ直るなんて・・(笑

怪我に菌をかけるようなもんですね~
単なる気休めですね~

怪我したら臭いのかけられて
悲惨ですね~

それが嫌だから怪我しても我慢して
傷口からばい菌が入って
大変な事になっていましたからね~

そう考えれば今の子どもは安全です。
その一方で弱くなるんですよね~

ほんと!難しい選択肢です!

タカビーさんへ

タカビーさん!こんにちは!!

> 免疫力を高め、花粉症などから身を守る為に
> わざわざ自らの体内に、「サナダムシ」を飼う
> 人たちがいること・・・。

ひぃぃぃぃ~

> 「回虫」もいいいそうですよ!(^▽^笑) 
想像したら笑えないです。。

> ゾッとされましたか? でも、太ることも防げるそうです。
色んな意味でごっそり痩せれそうです。
確かに養分を回虫が吸いそうですが。。
ひぃぃぃ~

> 昔の人たちは、こういった寄生虫とも上手に付き
> 合っていたと聞いて驚きましたね!

人間も動物ですからね~
自然と付き合う方法はあるんでしょうけど
生理的に無理。。

> ドイツでは、大腸がんを防ぐ為に国による取り決めで
> シャワートイレが製造・販売できないそうです。

シャワートイレと大腸がん?
どう結びつくんだろう?

> このあたりについては、近いうちに記事にするつもりです。
色んな説がありますからね~
逆説は常にありますね~

> ところで、今Google自身のPageRankはいくつでしょう?
拝見させていただきました!
知らなかったです!
ありがとうございました!

Tak@yuki さんへ

> 冷えの研究をしている方に聞いた話ですが、人間の体内温度が1度下がると免疫力が30%以上低下するそうです。
> 冷えの症状には、寝付けない、手足が冷える(逆に手足が火照る)、便秘、肌荒れ、朝が弱い、疲労回復が遅いetcなどです。
> 当てはまる場合は、おへそから拳一個分上の場所を湯たんぽなどで暖めながら寝てください。

さっそくお腹に湯たんぽ当てて寝ました!
今までは足に使っていたんですが
お腹があったかくなって。。。

また、寒い日にでもやってみます!

YHさんへ

こんにちは!

> 優希さんも花粉症なのですね。
> つらい季節ですね。

そうなんですよ~
きついです。。

> 職場の空気が悪いとき
> ・窓を開けて新鮮な空気を入れよう! という人
> ・窓を開けると花粉が入るので止めてほしい という人
> ・空気清浄機は音がうるさいので、とめてほしい! という人
>
> がいて、折衷案を考え中です。(笑)

静かな空気清浄機がいいですよ~
子どもプラザに入っていますが
閉め切ってても空気は綺麗です!

インフルエンザにも対応できるみたいで
結果として安いものになるかもです!

すみこさんへ

> 日光のお客様のトコにいくのに、
> あの日光杉並木を延々といくのですが、
> この時期フロントガラスが花粉でびっちりです。
> (おそろしーーv-12

ひぃぃぃ~
福岡も黄砂を含んだ雨で
フロントガラスが黄色くなります!
黄砂が飛んで黄色くなった空を見ると
気分が悪くなってくるから不思議です。。

> どうまとめていいかわかりませんが、
> ……雑草は強い!!ということで。。。

踏まれるという事が分かっていて
生きようとする力は強いですね~

つくしの精神が好きです!

岡本さんへ

岡本さん!こんばんは!!

> 今だったら野生児とか言われそうです(笑)
今だったら怖くて近づけないのでは。。
異常にみえますからね~

> 子供達が悪いとは思いませんが、もっと
> アバウトに育てても良いのかな~なんて
> 思います。

今と昔を比較すると
締め付けすぎっておもいますけど
学歴社会ではそこまでしないと
落ちこぼれますからね~

アバウトに育った分
今の子どもたちが不憫でしかたないです。。

dicekeyさんへ

> あんまり清潔すぎると免疫力が
> 逆に弱くなるんでしょうかね~
> その適度っていうのが難しいですよね。

清潔になった私たちにとって
適度のレベルが上がっています。

トイレで手を洗わないおじさんには
近づいて欲しくないですからね~

けこさんへ

> 適度に不衛生に・・・って、
> 賛否両論あると思うけど、
> 私も最低限の清潔さを保ってれば
> 後は適当でOK♪って感じです。

最低限の清潔ってどのあたりかが
難しいんですよね~

落ちたたべものは?
外から帰ってきてうがい手洗いは?
部屋の掃除は?
お風呂は週に何回?

適度に答えはないですが
難しいですね~

> お薬なんかも、できれば飲ませずに
> 自然治癒させた方が免疫がつくともいいますよね。
>
> 親としてはその線引きに、いつも葛藤しますが^^

この線引きが難しいですよね~
そんな話を子育てプラザでして盛り上がりました!

意気投合するって楽しいですね~

かずやさんへ

> あまり書きたくなかったのですが、どうしても気になってしまいました・・・
かずやさんの文字は個性が強く
とり方によっては非常に攻撃的に感じます。

極論同士がぶつかりあってこそ
選択肢が広くなり
見ている方のためになると思いますが
文字にするには毒が強すぎますね~

毒を持って毒を制すですから
私のお話が毒性が強かったのかもしれませんね~

> ①自然とは危険なものであり~。とありますが、人間も自然です。いつも言うのですが、物事を分割して考えるのはだめです。
人間と自然を分割するという言葉の定義が分かり辛いです。
分かりづらい定義で否定しているので
意味が通りません。

> ②花粉症にしないための9か条・・・子育てに関しては悪影響とされている。何の資料ですか?ヤフーニュースのほうが正しいです。その悪影響と書いてある資料なのか、自分の考えかは知りませんが、正誤をきちんときめるのは難しいにしても、9か条を否定する根拠がわかりません。
否定していません。
適度というあいまいな言葉と
花粉症にならないという方向性が
今の考え方と逆だというはなしであり
根拠の無いでたらめとは思っていませんし
そういった表現もしていません。

> ③癌になる最大の原因は免疫低下ですが、花粉症との関連をいう根拠はなんですか?なぜ花粉症の流れから癌がでてくるんですか?癌の病理学的な意味を知っているんですか?
癌と花粉症は違いますが
並べたことで不快になる理由も分かりません。

私は日頃から
免疫の話と一緒に
がん予防の話はたびたび入れています。

ブログで知り合った方ががんになられました。
早期発見で助かるので
多くの人が癌に対し注意をしていただきたい。
そう思えるようになりました。
好きな人に悲しい思いをして欲しくない気持ちが
そうさせています。
ご了承ください。

> ④おりこうさんという言葉で子どもをコントロールする方法は、子育てにおいて非常に重要です。
子どもをしばりつけたり
体罰を推奨する偏った方向性を主張されるのはかまいませんが
子どもに人権が無いというその主張を私は受け入れることが出来ません。

ひどく攻撃をすれば
考えが変わるかといえばそうではありません。

確かに子どもは未熟です。
しかし、人と会って交流しあうことと
勉強ではどちらが大切か。

よく考えていただきたい。

学校崩壊の現状をどこまで調査されているか。
不登校になる子どもは何に悩んでいるか。

当事者や親の話をしっかり聞いて
理論ではなく実際に経験して欲しいです。

同じ話を、不登校の子どもや親の前で出来るでしょうか?
経験の無い理論的な耳障りの悪い話がどこまで人に届くか
もう一度考えてください。

あこりんへ

> 以前、家畜を飼っているところの子はアレルギーになりにくいということを海外のニュースでやっていたと聞いたことがあります☆
>
> 小さい時に、いろんな菌に触れさせて耐性をつけておいたほうがいいんでしょうね。

動物は多くの菌を持っていますからね~
体調不良になることも多いです。
しかし、アレルギーは防げます。

どちらをとるか。。
親としては難しい選択なんですよね~

> 親の勝手で子供の環境が左右されてしまう現代だからこそ、気をつけてあげたいです☆
子どもの環境を作るのは親です。
その中で子どもは自由に育ちます。
その想いは大切ですね~

トマトさんへ

こんにちは!

> どれがベストかなんて誰もわからないのかな。
全ての人にいい選択肢って無いですよね~

> 環境は自然な状態があればより良いと思います。
> スギ花粉も人災ですからね。

人が自然に手を加えた結果
引き起こってくる問題ですからね~

> 私は川岸がヘドロになっている川で遊びました。
> 京浜工業地帯のど真ん中の空気で育ちました。
> こんなんでも80~90歳まで普通に生きたら
> 環境なんてどうでもいいんじゃないって答えが出る気がする。

人って環境に対応できると私も思います。
綺麗なら綺麗なりに
汚ければ汚いなりに
寿命とは関係ない気もしますね~

寿命が伸びるのは
医療と関係はあるとは思いますが。

> 教育と環境は別々に考えたいとおもいました。
教育を自然環境のせいにするのは良くないですね~
どんな自然環境でも子どもは育ちますからね~

ただ、生活環境は親が作ると思います。
子どもに選択肢はないですからね~
それは子どもにとって大切だと考えるのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。