スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

文字と言葉~携帯フィルタリングサービス~喧嘩

携帯各社が未成年の携帯への自動フィルタリングサービスを
1月下旬から進めています。
サイトのアクセスを制限するサービスです。

対象となるのは有害サイトです。
有害とは何でしょう?

一般的には
暴力・残虐・死体の残虐系
セックス・ヌードのエロ系
カルト・自殺・ドラッグのサブカルチャー(アンダーグラウンドカルチャー)系

人間の本能的欲求を助長させるサイトです。

テレビでも子どもに見せたくない番組として
ロンドンブーツ1号2号さんが司会されている番組が
毎回トップになっています。

これも時代が変わると懐かしくなり
志村さんやいかりや長助さん、加藤茶さんが活躍した
ドリフターズの番組もこの悪影響とされていました。

今となっては絶賛されていますけどね~

オタク文化も最初は嫌われていましたが
今や秋葉原は世界に発信できる文化に発展してきています。

漫画も日本のお土産として急上昇しています。

昔は小説も嫌われていました。
物書きは馬鹿にされていた時代があります。

有害とはこどもが夢中になりやすく
大人の感覚には無い文化で起こることもあります。

携帯のフィルタリングで対象となる可能性のあるサイトに
掲示板やブログがあります。

アクセス数が激減したときは
フィルタに引っかかった可能性もあります。

携帯は1ページに表示できる文字が限られているので
ページを進めるごとにアクセス数が増えていくんです。

特に私のように
句読点を使わずに
改行を使って
話しているように伝える手法をとっていると
ページ数がどんどん増えていき
それに伴いアクセス数も伸びるわけです。

といっても、パソコン利用者には
関係ありませんが。

携帯でのブログ閲覧が増えている今
フィルタリングサービスの対象となるのは
悲しいことだったりします。

何で掲示板やブログが良くないと考えると
それは文字だからです。

人を叱る行為というのは
一時的な嫌悪の感情でもあり
愛情を持って相手にやってはいけないことを
伝える行為でもあります。


つまり、自分にも相手にも嫌なことをするわけですから
お互いの心に傷をつけます。

しかし、叱るほうは
相手にとって必要と思って叱っているので
傷つくことを恐れていては叱れません。

ただ、嫌な気持ちは一時的なダメージとして
すぐに消え去るほうがいいのです。


理由は分からなくても
こういうことはしてはいけないという感覚を
子どもに伝えることが出来ればそれでいいんです。

叩く行為も
痛い!
という痛覚は一時的なものであり
5分もすればだいぶ和らぎます。

叱るも叩くも
それくらいでいいのです。

ところが文字は違います。
ずっと残ります。

気になった言葉は何回でも見てしまいます。

人を叱る行為や嫌悪の感情を表す行為を
文字で行う事は大変危険です。

逆に褒める行為は
文字が有効です。

長所を褒められたり
応援していただけるメッセージは
何回読んでも元気になれますし
凹んだ時に勇気づけられます。

恋は一時的なものですが
愛は消えないものです。


文字の中にある永遠の愛は
相手の心に長くとどまることが出来ます。

人間は良い感情よりも
悪い感情が残りやすく出来ています。
生き残る知恵です。


愛された喜びは
嫌なことをされた憎しみよりも
消えやすいのです。

だから文字にして残すことが大切です。

口で叱れ!
文字で褒めよ!


私はそう思っています。

子どもたちはそのことを知りません。
学校裏サイトといわれる
クラス単位の掲示板で
嫌な気持ちを吐き出すと
ずっとその感情が残りますし
吐き出した当時の感情に戻りやすいです。

ただ、嫌な気持ちはどこかで発散する必要があります。
子どもは身体を使って運動して遊んだり
喧嘩したりして発散していたもんです。

今は、そういった場が失われつつあります。
みんな仲良く!
確かに喧嘩の無いほうがいいのですが
子どもにとってのストレス発散だったと思います。

兄弟げんかって自分の思い通りに行かないストレスを
うまく発散している方法なんだと。

ただ、喧嘩ってみていてもいいもんじゃないですよね~
喧嘩しない聞き分けのいい優しい子って
どこかにストレスが溜まる可能性があります。

一人でぼぉ~としていたり
何かに集中しているときは
喧嘩の変わりにストレスを発散しているときです。


温かく見守ってあげて欲しいと思います。

子育てって時代によって変化するものであり
全ての子どもに対応する方法は無いと思います。

だから、決め付けは良くないです。
大きな愛で子どもを受け入れることが出来れば
お互いに幸せになると思います。

そして、大人は危険なことを知るべきだと思います。
携帯の何が危険なのか?
子どもの心に与える悪影響って何なのか?

親が判断するしかないので
キチンと判断できるようにしておく必要があります。

文字や言葉は受け取り方で伝えたいことと大きく違ってきます。
文字の良くないことはそれが残る!
思い込みが残りやすい。

危険性があるから禁止するのではなく
デメリットがあるものはメリットも大きいです。

だったら、どう付き合っていくかを
考えてもらいたいです。

子育てって本当に勉強になります!
教えるには多くの知識と経験が必要ですからね~
毎日、勉強ですね!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

テーマ : 対人コミュニケーション - ジャンル : ビジネス

タグ : 携帯フィルタリングサービス 子育て

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント

口で叱れ!
文字で褒めよ!

ホントそうですよね。実感。

文字は誤解も生まれやすい。
特にメールは…。

相手の都合をあまり気遣わずに送ることができる
メリットもありますけどね…。

ちょっとそれますが、
ある中学校では、朝、
「(前夜の)メールの返事がすぐ送れなくてごめん。」が
挨拶がわりだとか。絶交問題にまで発展するらしい!v-12
勿論、お互いの中傷合戦の携帯掲示板の問題も深刻だそうで。

一概に、メール<電話<対面 とは言いませんが、
文字は怖いところがありますよね。、

こんにちは、優希さん。

以前にも叱ることについて議論させていただきましたが、

> 口で叱れ!
> 文字で褒めよ!

は、非常に納得する所があります。

記憶には口で叱られても残ることは残るのです。
この辺、褒めることよりも叱ることの方が全力でインパクトが強いのか、
褒められた記憶が少ないだけなのか、難しい所ですが・・・。

褒められた回数が少なくても、
文字として残っているのは記憶に残るので
有効だと思いますね。

例えば、感謝状とか・・・。

話す言葉は、感情があるので曲解されにくいですが、
文字だけでは、感情がないので曲解しやすく誤解を生みやすいってのも事実ですね。

フィルタリングに関しては、
世間の汚いを隠すのではなく、
それをあえて晒した上で、
判断させる事を教育しないといけないんじゃないのかなと思います。

でも、橋下知事の小中学校に携帯電話不要発言は正しいとも思っていますが。


こんにちわ。

>子育てって本当に勉強になります!
>教えるには多くの知識と経験が必要ですからね~
>毎日、勉強ですね!

自分の子供を見ていても、その吸収力は大したもので、
まるでスポンジのように多くの情報を吸い込んでいきます。

ただ、良い悪いをきちんとふるいにかけて吸収するわけで
はないので、良いものだけを選んで吸収して欲しいと、
フィルタをかけたくなる気持ちはないとは言えません。

しかし、それでは自らの判断力を養うことになりませんの
で、自分で考えて取捨選択できるようにもっていこうと
妻とも話しています。

どのようにするのが最善が試行錯誤ですね。
子供を通して、親も多くのことを学びます。
確かに、毎日勉強ですね。

毎日、何らかの気づきを与えてくれる優希さんにも感謝感謝♪応援します。

こんちワ♪~(*⌒ー⌒笑)o

こんちワ♪~(*⌒ー⌒笑)o

いつもありがとうございます、感謝
今日は少し温かい大阪でした。

今日まで3日間電気自動車の普及活動の勉強をしていました
1キロ=1円で走行です。

(*⌒ー⌒笑)o『笑う門に福来る』

おしゃる通り文字は残りますね

毎回勉強になります


ありがとう!!

率直な疑問です!

優希さん、こんばんは。

今回の内容も、なるほどと思わされることも
多かったのですが、

読んでいて、なんとなく疑問に思ったのですが、
優希さんは、今までどのような子育てをされた経験が
お有りなのかなと思いました。

>口で叱れ!
>文字で褒めよ!

うーん、これについては納得しかねます。
これは優希さんの方針なのかな?

過去を問わない、今後にすべて期待・・・。
はっきりいって、こんなやり方では子育てで来ませんよ。

というか、叱る回数が激増しますね!
やはり、過去は過去として過ちを改めることを文章に
残す必要があるでしょう。

マニュアルっていうのは、そもそもそんなもんです。
過去の間違いを繰り返さない為にあるものです。

悪いことをその場で叱って、それで今後につながるのなら
簡単すぎます。

優希さんは、そういったスタイルの子育てで、成功されて
きたんでしょうか?

私はこういった考えでは、ちゃんとした子育ては
経験上無理だと思います。まず間違いなく繰り返します・・・。

もし、成功されてこられたのなら、ぜひそのご経験を
お聞かせください。

うちも、そのあたりでかなり悩んでいます。
よろしくお願いいたします。

こんにちは
口で叱れ!
文字で褒めよ!
う~んと唸って頭に叩き込みました。
感謝。
文字で詫びられるとグッときますよね。

褒める♪

褒めるの大好きです♪
褒められるのはもっと大好き♪

さんまさんの番組で
新人演歌歌手を育てるというのが
あって、彼が太鼓の練習をするのですが、
師匠がすごく厳しいのです。

むちゃくちゃ怒る!
そこで彼は
「褒められて伸びたいです!」と
言うのですが、大笑いしながらも
彼の気持ちがよくわかって、思わず
うなずきました。

しかることも勿論必要。
褒めることも大切。
バランスが大事ですね~

それにしても、句読点のこと、
目から鱗!!知らなかったです!

なるほど・・・

口で叱れ、文字で褒めろ・・・いい言葉ですね(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

携帯電話は子供に必要ないと思いますね・・・もっと使用方法を親が考えてあげたほうがいいです。

なんでもできるのは良くない!

すみこさんへ

> 文字は誤解も生まれやすい。
> 特にメールは…。

誤解を生んだまま
そのメールがいつまでも残るんですよね~

眼で見た記憶って結構残りやすいです!
しかも嫌なことは特に。。

> 相手の都合をあまり気遣わずに送ることができる
> メリットもありますけどね…。

連絡確認事項に最適ですね~
あまり感情が入るものは
きをつかわなすぎで良くないですからね~

> ある中学校では、朝、
> 「(前夜の)メールの返事がすぐ送れなくてごめん。」が
> 挨拶がわりだとか。絶交問題にまで発展するらしい!v-12

mixiもふみ逃げごめん!
返信遅くなってごめん!
よくある話です。

メールの返信速度で愛情をはかっているんですね~

> 勿論、お互いの中傷合戦の携帯掲示板の問題も深刻だそうで。
学校裏サイトは問題になりましたね~

> 一概に、メール<電話<対面 とは言いませんが、
> 文字は怖いところがありますよね。、

その怖さを理解しないで使っているんですよね~
分かってて使う分にはいいんですけどね~

toshi-koさんへ

toshi-koさん!こんにちは!!

> 記憶には口で叱られても残ることは残るのです。
> この辺、褒めることよりも叱ることの方が全力でインパクトが強いのか、
> 褒められた記憶が少ないだけなのか、難しい所ですが・・・。

ここで大切なのは
叱られた嫌な記憶が残ることだと思います。

文字で叱られたら大変でしょ!
みるだけで嫌な感情が明確に蘇ってきますからね~
文字で叱るのは良くないですね~

> 褒められた回数が少なくても、
> 文字として残っているのは記憶に残るので
> 有効だと思いますね。

文字を見て記憶の引き出しに入れるんで
忘れやすい褒められることを
残すことが出来ます!

お勧め!

> 例えば、感謝状とか・・・。
そうなんですよね~
感謝された気持ちって
残っていると嬉しいものです!

> 話す言葉は、感情があるので曲解されにくいですが、
> 文字だけでは、感情がないので曲解しやすく誤解を生みやすいってのも事実ですね。

話していても伝わりにくいのに
文字で伝わるわけが無いです。

勘違いしたまま文字は記憶に残りますからね~

> フィルタリングに関しては、
> 世間の汚いを隠すのではなく、
> それをあえて晒した上で、
> 判断させる事を教育しないといけないんじゃないのかなと思います。

子どもは善悪の基準を考える力が弱く
残酷なんですよ~

経験が少なく相手の立場になることが出来ません。

そして、情報を素直に受け止めますし
感受性も強いです。

世間の汚さを知っている子は
強くなるでしょうね~

世間に抵抗力がつくんですね~

> でも、橋下知事の小中学校に携帯電話不要発言は正しいとも思っていますが。
自由の意味をはきちがえてますからね~
権利を主張するときは義務を果たさなきゃいけません。

学校に携帯を持ち込む権利を主張するなら
学校でしなきゃいけないことを果たす義務を守るべきですね~

らいふさんへ

こんにちは!

> ただ、良い悪いをきちんとふるいにかけて吸収するわけで
> はないので、良いものだけを選んで吸収して欲しいと、
> フィルタをかけたくなる気持ちはないとは言えません。

そうなんですよね~
子どもには善悪の基準がまだ育ってないですからね~

> しかし、それでは自らの判断力を養うことになりませんの
> で、自分で考えて取捨選択できるようにもっていこうと
> 妻とも話しています。

子どもの判断を受け入れるって相当心が広いか
人に迷惑かけること以外なら何でもやっていいと
信じるのか
判断力を養っていくにも
簡単ではないですね~

> どのようにするのが最善が試行錯誤ですね。
> 子供を通して、親も多くのことを学びます。
> 確かに、毎日勉強ですね。

すべてのお子さんに最適な方法ってないんですよね~
お子さんしだいによります!

人はみんな違うのなら
最適な方法も違うはずだし
最悪の方法と思っていたものが
結果として最高だったりもします。

答えが無いってどうなるかわからないので
楽しくもありますね~

いつも気づきのコメントありがとうございます!

桜パパさんへ

こんにちは!
いつもコメントありがとうございます!

> 今日まで3日間電気自動車の普及活動の勉強をしていました
> 1キロ=1円で走行です。

それは安いですね~
凄いです!

mihoさんへ

> おしゃる通り文字は残りますね
>
> 毎回勉強になります
>
>
> ありがとう!!

勉強してもらえて嬉しいです!
伝わるって楽しいですね~

タカビーさんへ

タカビーさん!こんばんは!!

> うーん、これについては納得しかねます。
> これは優希さんの方針なのかな?

私の経験ですね~
子どもといっても
もう大学生になるんですが
仕事をしていたときに多くの子ども(従業員)と
一緒に働いていました!

叱るときは叱らないと
職場の雰囲気が悪くなります。
しかし、殆ど笑って仕事をしています。

緊張と緩和が必要なんですよね~
褒めるときにメールを使ったり
ノートを使って褒めたりします。

褒めることは文字で残すと
何度もみてもらえるので
お互いの関係性が高くなり
叱りやすくもなるんです。

> 過去を問わない、今後にすべて期待・・・。
> はっきりいって、こんなやり方では子育てで来ませんよ。

そんなこといいましたっけ?

これが文字の怖さです。
伝えたいことと受け取ることが違ったときに
文字の場合は大きな誤解をしたままで
そのまま残ります。

つまり、タカビーさんにとっては
非常に不愉快なお話にとられたわけで
それがずっと残っているということになります。

誤解したまま残るのは非常に危険です。

文字や言葉は取りようによっては
いくらでも違った解釈が出来ます。
それがコミュニケーションの難しさなんですよね~

> やはり、過去は過去として過ちを改めることを文章に
> 残す必要があるでしょう。

その通りです!
同じ過ちをしないためにも
反省点は記憶してもらいたいところです!

口で叱って反省点をノートに書くようにというのは
正しい反省の方法です!

私が言いたかったのは
文字で叱るのはいけないということです。

怒っているときの感情を紙に乗り移らせてはいけない。
そうすることでお互いの関係が壊れます。

叱るのは愛があるから叱るべきであり
本人のために叱るべきなんです。

怒りの感情を紙に残して
本人を攻めるものではありません。

ということを言いたかったのです。。
言葉足らずですみません。。

> もし、成功されてこられたのなら、ぜひそのご経験を
> お聞かせください。

今度、必要であるならば改めてお話させていただきます!

ただ、1つ言えることは
タカビーさんと私の教育環境が全く違う問うことです。

依存症までになった人と
判断基準を持たずにいる人では
叱り方が違うと思います。

悪化した病気を改善するためには
副作用もあるきつい薬が必要な場合もあります。

しかし、ただの風邪にその薬を使う必要はありません。

タカビーさんのされている専門的なことは
私たちには出来ません。

だからこそ、タカビーさんのような努力をされているかたが
とてもすばらしいと思うんです。

人には向き不向きがあります。
私の教育方法とタカビーさんの教育方法は
お互い必要としている度合いが違うと思っています。

一般的な子育て、
従業員教育
いぬのしつけ
これが私の教育です。

だから私は心の病気で苦しむ前に癒したい!

未病の民間治療が私の方法です。
依存症で苦しまれている方に
手を差し伸べるような力は
私には無いのです。
そういうときにはタカビーさんのお力を
お借りいたします!

よろしくお願いいたします!

> うちも、そのあたりでかなり悩んでいます。
> よろしくお願いいたします。

タカビーさんの方法は間違っていないし
必要としている人に
とって最適だと考えています。

ただ、普通の娘さんには
きつすぎるかもしれません。

感受性の強い年頃になると
大きな亀裂になりかねません。。

でも、ブログで仲良くされたとの事で
タカビーさんの愛情が伝わっているので
大丈夫かと思います。

本当のことはお互いのお話をお聴きしないと
分かりませんけどね~

トマトさんへ

こんにちは!

> 口で叱れ!
> 文字で褒めよ!
> う~んと唸って頭に叩き込みました。

ありがとうございます!
文字で素直な気持ちを表現されると
凄く良いですよね~
私も嬉しいです!

dicekeyさんへ

> 褒めるの大好きです♪
> 褒められるのはもっと大好き♪

dicekeyさんは好きな表現が上手くて
心がうきうきしていますよ~

> むちゃくちゃ怒る!
> そこで彼は
> 「褒められて伸びたいです!」と
> 言うのですが、大笑いしながらも
> 彼の気持ちがよくわかって、思わず
> うなずきました。

褒めて伸ばして~ってやつですね~
私も心が折れやすいので
褒めて伸ばして~って思います。

悔しさをばねに出来るタイプと
悔しいなら違う方法でと
発想を転換するタイプと
色々いますよね~

叩かれるとへそを曲げるのが私です。。
扱いにくいんです!

> しかることも勿論必要。
> 褒めることも大切。
> バランスが大事ですね~

人にあったバランスが大切です!
お互いにいい方向に行きたいから
叱ったり褒めたりするんですからね~

怒りたいだけの叱りや
甘やかしたいだけの褒めでは
意味が無いですからね~

> それにしても、句読点のこと、
> 目から鱗!!知らなかったです!

私も教えてもらいました!
教わったらすぐに伝えたくなるんですよね~

Tak@yuki さんへ

> 口で叱れ、文字で褒めろ・・・いい言葉ですね(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
ありがとうございます!
人にされて嬉しいこと
人にして良かったことは
どんどん広げていきたいですね~

> 携帯電話は子供に必要ないと思いますね・・・もっと使用方法を親が考えてあげたほうがいいです。
>
> なんでもできるのは良くない!

子どもの好きにさせるのもいいですが
判断基準の分からないこどもを好き勝手にするのとは
違いますからね~

でも今は
携帯持っていないといじめられるらしいです。。

周囲の大人がしっかりしないと!!
子どもの環境悪化を作っているのは
大人だと思います!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。