スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

食べさせてはいけない!―ペットフードの恐ろしい話

一時期、生活に関する物がいったい何から出来ているのかと
解明する本が流行りました。

ボディソープ、シャンプー、歯磨き、化粧品等
成分はいったい何から出来ているのか?
何も知らないで使っている私にとって
その本が与える情報は凄まじいものでした。

また、食べ物にしても
化学調味料の恐ろしさを特集しているTVをみると
作っている人は自分の子どもには食べさせたくないといいます。

美味しいと思う成分や香りを人工的に作り出す仕事をしている人にとって
害はないと分かっていても
抵抗があると思います。

『知らぬが仏』
昔、パンの製造工場で働いていた事があります。
トイレに行って手も洗わない人が素手でパンを掴んでいる姿を見たときは
そこのパンは食べたくないと思ったものでした。

知らないからこそ幸せだという事もあります。

しかし、ペットフードに関しては知っておきたい。
私のペットショップでは
市販のフードではなく
手作りご飯を薦めています。

残飯というよりも
余った食材で調理法を変えるやり方です。

わんこに食べさせて良いものや悪いものがありますし
人間同様に栄養のバランスが偏るのは良くないです。

わんこは肉食なので
肉からしか取れない栄養素があります。

内ご飯を薦めるためには
きちんとした知識も必要です。

○食べさせてはいけない!―ペットフードの恐ろしい話
著者:アン・N. マーティンさん 訳者:北垣 憲仁さん



日本で売れているペットフードは殆どがアメリカ製です。
著者はカナダの人ですが
ペットフード事情は変わらないようです。

この本が出版された2003年では
日本国内でもペットフード安全法が施行される前で
相当酷い状態でした。

2007年3月、アメリカでペットフードの中から大量のメラミンが検出され
そのペットフードが原因で多くのわんこが亡くなりました。

このペットフードが6月になって日本で売られていることが判明し
規格に基づかないペットフードの販売を禁止できる法律を
日本で作りました。

ただし、法律で禁止されている
有害な物質の定義が生死に関わるか関わらないかで定義されていて
危険なペットフードを販売停止にすることが出来るという法律にしかなっていません。

まだまだペットフードが人間の食べ物と同じくらい安全だとは言い切れないのです。

狂牛病に感染の恐れがある牛肉の輸入に関しても
日本とアメリカには温度差があります。

ペットフードも同じはずなのに
所詮はわんこなんでしょうか?

そのことを私たちペットショップは理解する必要があり
お客様にも知っていただく必要があります。

理解してうえで与えるのと
知らないで与えるのとでは全然違いますからね~

私もシャンプーは身体に良くないと分かっていて利用しています。
分かっててやっているなら
それはそれでいいと思うんです。

ちなみにペットフードに使われている肉の仕入れ価格は
100グラムあたり2円です。
これはペット業界の常識です。

だから一般的に大量に売られている
ペット用のドライフードや缶のフードは
絶対に人間は口にしないで下さい!

この本で書かれている事が本当だとするなら
それは食用ではありません。

食用ではない肉に
サプリメントや人工的に香り付けをされているだけです。
(どんな肉かはここでは言えません。
あまりにも衝撃的です。。)

さらに大量の防腐剤が入ってます。
賞味危険が3年の食べ物です!

人間の食べ物には規制されている
エトキシキンもペットフードには規制がありません。

この本では
半生タイプが一番危ないとの事です。

本の内容が全て正しいとは思いませんが
全て間違っているとも思いません。

ペットフードに関しては
お客様から仕入れて
お客様に販売していく販路を作っていきたいです!

おすそ分けの出来る環境が
私の望むべき環境なんです!

楽しいペットライフの創造に
全力を尽くしていきます!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

テーマ : ◆◇ シュナウザー ◇◆ - ジャンル : ペット

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント

こんにちは
ペットフードがそんな恐ろし状態になっているとは。
日本のメーカーに頑張ってほしいですね。
そういう意味ではペットフード産業は
安全と言うキーでは商売チャンスなんですね。

添加物の功罪

優希さん、こんにちは。

人間の食品でもここまでヤバいのに、
ペットとなるとさらに酷いのは、
本当に頷ける話です。

犬って、そもそも食べさせてはならないもの
が多いじゃないですか!

骨付きの鶏肉とか、タマネギとか・・・。

人間の身勝手さで、可愛い動物が死んで行くのは
許せません。

もう少し、規制もキツくしてほしいと思いますね。
それにしても・・・、

グラム2円とは・・・! 驚きです!

ドッグフード

犬を飼っていた頃、ドッグフードをいろいろ研究しました。
フード、サプリメント、月5万円ぐらい使っていました。
しかし、そのドッグフードさえどこまで信用出来るものなのかなんて我々には到底知り得ませんでした。
たしかに、人間が口に出来るものでは無い食べ物なんですよね。
その辺が矛盾していますね。

人間が普段使っている日用品も、現実を知った時はびっくりしましたが、ペットフードがそんなに恐ろしいものだなんて・・・。経済が中心だと捉えられた考え方によって、命が二の次になっているようで悲しいです。
是非優希さんの夢、実現してください!僕にも何か出来ることってないですかね~。

こんにちは

そうですね!

僕はシャンプーや化粧品は専門家ですからね!
後ろの表示を見れば解ります・・・

でも・・その通りです!
あんまり知りすぎると何にも使えなくなります!
歯磨き粉もそうですね!

うちのわんこは・・
鳥のガラを煮だてて・・出汁をとったガラを

ほぐしてあげています!
たまにフードも・・

お肉のほうが大好きです!

こんにちは

以前、「買ってはいけない!」という内容が出鱈目だらけの本がありました。これは人間の食べ物を取り上げてますが・・・中身は誤り&情報操作だらけという代物でした。

ペットフードは大丈夫でしょうか?
たしかに安い肉で作ってるんでしょうから、危険だとうすうす気づいていても食べさせてるんでしょうか?
この会社のペットフードがこういう理由で危ないって堂々と書きたいですよね・・・

しかし、「買ってはいけない」の著者の方々・・・よく訴えられてないなぁ~?

最近のペットフードは
安いけどワンコにとっては美味しい見たいだよねえ
値段と食欲は比例しないからな。
ただ言える事は、安いドッグフードは出る量が多い。

昔 ベストセラーになった
「食べてはいけない」という本を読んで
CMで堂々としている食品が食べられなくなったことがあります。

ペットだって家族と同じなんですから
ペットフードの成分も知りたいですよね~。
ペットフードしか与えてないヒトも多いですから
ココで読んだだけでも衝撃的です。

手作りご飯は人間もワンコにも一番イィんですね~。

お邪魔致します!

コメントありがとうございました♪
ぺた封鎖でご迷惑おかけしまして申し訳ありません・・

結果だして、いいお知らせができるように頑張りますね!!

・・さて、今日のブログの内容は衝撃的ですね!!

知らない怖さ・・・・
ペット食の現状は、そんな恐ろしいことになっていたんですね・・・

開いた口がふさがらない感じです・・

この世界に一石投じられる優希さんがいて
せめて 救いだったという思いです!!

>余った食材で調理法を変えるやり方です。

ぜひ 確立させて、楽しいペットライフの創造という目標に向って頑張って下さい!!

応援し続けています♪^-^/

おはようございます。

製造工程を知ると、なかなか口にできなくなりそうですね・・・。メーカーを信頼するしかないのがつらいところです。
ペットフードの原価は、安いのですね。知りませんでした。

今日もとても参考になりました。

ポチッ

トマトさんへ

こんにちは!

> 日本のメーカーに頑張ってほしいですね。
日本のわんこごはんも
残飯から来ていますからね~
価格面と食いつきで比較されると
海外との競争が難しいところなんですよね~

> そういう意味ではペットフード産業は
> 安全と言うキーでは商売チャンスなんですね。

ネット通販を中心にビジネスチャンスが広がっていますね~
こちらも価格競争とブランド力が必要ですけどね~

タカビーさんへ

タカビーさん!こんにちは!!
元々わんこは残飯を食べさせるという考えは
日本もアメリカも同じなようです。

ただ、残飯だと栄養価が低く
肉食のわんこにとっては
身体にもよくありません。

もちろん、ネギ系やのどにひっかかる鳥の骨など
わんこにとって良くない食品もあります。

一番問題なのが塩分です。

人間の食べ物は塩辛いんですが
わんこにとっては良くないんですよね~

安いペットフードが氾濫することと
何も知らないで残飯を与え続けられるのとを比較すると
どちらがいい悪いとはいえないんですよね~

愛するわんこと幸せにいられるように
家族仲良くでいてほしいですね~

Damselさんへ

> フード、サプリメント、月5万円ぐらい使っていました。
> しかし、そのドッグフードさえどこまで信用出来るものなのかなんて我々には到底知り得ませんでした。

月5万円は大型犬ならあり得ますが
相当大きな出費ですね~

気を使われていたことが良く分かります!

ドッグフードが何からできているかって考えると
もう何を信じていいのか分からなくなりますね~

不安に陥れるつもりはありませんが
知っておいていただきたいですね~

こーしろーさんへ

市販のペットフードがペットの命に関わるということはめったにありませんし
たとえあったとしても
ペットフード安全法があるので
速やかに販売中止とすることが出来ます。

ただ、愛するわんこに何を食べさせているのかを
知っておく必要はあると思います。

misawaさんへ

こんにちは!

鶏がらの骨の部分を
もしチップちゃんにあげられているのなら
それは危険な事です。

鳥の骨はわんこののどに刺さりやすく
致命傷になりかねません。。

お気をつけ下さいね~

Tak@yukiさんへ

> 以前、「買ってはいけない!」という内容が出鱈目だらけの本がありました。これは人間の食べ物を取り上げてますが・・・中身は誤り&情報操作だらけという代物でした。
『買ってはいけない!』を『買ってはいけない!』って本も出ましたね~
どちらも面白かったです!

> ペットフードは大丈夫でしょうか?
> たしかに安い肉で作ってるんでしょうから、危険だとうすうす気づいていても食べさせてるんでしょうか?
> この会社のペットフードがこういう理由で危ないって堂々と書きたいですよね・・・

書いてある本もありますよ~
生々しいので紹介していませんが。。

結構、ブログって影響力があるんですよね~
批判して使用している人や業者さんを
不快にさせる必要もないと思うんでよね~

にぼしさんへ

> 最近のペットフードは
> 安いけどワンコにとっては美味しい見たいだよねえ
> 値段と食欲は比例しないからな。

わんこが美味しいと思うモノが色々と入っています。
それはお肉本来の美味しさとは別のところにあるかもしれませんね~

それは人間でも同じ事ですね~
ミートホープさんもそういうことを言っていましたね~

> ただ言える事は、安いドッグフードは出る量が多い。
糞の量はビートパルプが少なくしているといわれています。
それが良いのか悪いのかはここではお話しません。

出る量が多ければ良いのか
少なければ良いのか
これもお話できないんですよね~

すみこさんへ

> 昔 ベストセラーになった
> 「食べてはいけない」という本を読んで
> CMで堂々としている食品が食べられなくなったことがあります。

読んだあとは気になりますよね~
私も口臭予防剤とか使っていたのに
使いにくくなりました。。

> 手作りご飯は人間もワンコにも一番イィんですね~。
楽しんで食べる事が一番良いんですよね~
まぁ、せめて人間が食べられる基準が無難ですね~

オオチャコさんへ

> 結果だして、いいお知らせができるように頑張りますね!!
私も結果が出るように頑張りますね~

少しでも知識があればそれでいいかなと思います。
良い悪いは別にして
知っておいて損は無いかなと。

ただ、人に言い過ぎるのは問題ですね~
知らぬが仏という事もありますからね~

気になっちゃいますね~

YHさんへ

おはようございます!

> 製造工程を知ると、なかなか口にできなくなりそうですね・・・。メーカーを信頼するしかないのがつらいところです。
だからこそ、食品偽造は大きな問題に発展しますね~
人間だから発展するんですが
犬なら問題にならないんですよね~

たとえ狂牛病の肉骨粉や汚染米がペットフードに使われていたとしても
死なない限りどうしようもないですからね~
使われてないことを祈るしかないです。

安さの裏側に何があるのか?
何の肉なのか?
想像できることが事実なのかもしれませんね~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。