スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

男女についての平等とは~男女共同参画の視点で考える

あるNPO法人のミーティングで
子育ての話題が出ました。

子育ては女性がするもんだという考えは
どうやら一般的のようで
確かにそれは否定しません。

女性のほうが子育てに向いている
という意見も間違ってはいないと思います。

ただ、
▲女性は子育てをすべきで働く必要が無い。
▲女性が子育てを放棄するのはいけない。
▲女性が男性よりも稼ぐのは良くない。
▲子どもを保育園に預けて働く女性は良くない。
▲女性は男性より子育てに向いているのだから家にいるほうが良い。
という決め付けに抵抗感があります。

男女共同参画は人権問題と私は考えています。
女性の人権を守るだけでなく
女性は~すべきと同様に
男性は~すべきというのも同じく人権侵害です。

上の例を男性に置き換えると
▲男性が子育てをする必要が無い、そんな事をするなら働いて稼ぐべきだ。
▲男性が仕事を休んで子育てするのはいけない。女性に任すべきだ。
▲男性が女性よりも稼ぎさ少ないのは良くない。男として恥ずかしい。
▲子どもを保育園に預けて働く女性を働かせる男性は良くない。
▲男性は仕事が向いているのだから家のことは女性に任せて働いていたほうが良い。

男性にとって家は休むところ。
そういう考えで固定されてしまうと
育児ノイローゼや離婚の原因になりかねません。

ただし、女性は家庭で育児をするべきだと考えている女性と
男性は外で仕事をするべきだと考えている男性なら
上手くいくと思います。

問題はその男性が職を失った時です。

成果主義でリストラの多い社会は
職を失った男性が
自信を喪失しがちです。

また、定年後の楽しみを見出せない男性も
孤立しがちになります。

男女共同参画では
女性も男性も
性別に関係なく
家族が楽しい環境にしていくことを薦めています。

女性に生まれたら女性の生き方。
男性に生まれたら男性の生き方があります。
これは性差があって当然で同じではありません。

2人の能力を活かしてどうすればいいのかをお互いに計画して
実行していくのが共同参画です。

権利は平等にあり
それを侵害出来ないというのが
人権になります。

女性でも体力がある人もいれば
男性でも体力が無い人もいます。

それを活かして働ける場があればいいんです。

女性だから管理職は無理とか
男性だから主夫は恥ずかしいとか
固定概念を捨てて
人権を大切にする社会に変えていきましょう
というのが私たちの活動です。

しかし、この会議に私が発言すると話題がそれて
熱くなってしまうので
なるべく発言は控えました。

1人1人の中には
性差による差別は無くしたいという気持ちはあります。

相手を思いやる日本人のいい所だと
私は感じています。

しかし、無意識の発言の中に
性差別的な考え方がどうしても出てきてしまうのは
当然だと思います。

だって、知らないんですから!
だから発言してもいいんです!

相手を傷つけて始めて気付く事もあるんです。
それが人間関係です。

だから、『それって性差別になりませんか?』と
言える人間が必要だと思います。

それが私の役目だと思います。
無意識の発言を意識に感じてもらうことが大切です!

講演で話すことだけが私の仕事ではありません。
日常生活の中で
少しずつ男女共同参画を浸透するような動きをするだけでも
価値があると考えるのです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

テーマ : 心のバリアフリー - ジャンル : 福祉・ボランティア

タグ : 男女共同参画

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント

 結城さん こんにちは
差別と区別は違うっていうことですね。
それぞれの特性を生かした参加の仕方があっていい 特に子育てについては・・・
ただ 子育てについては 最近の若い人は お互い協力的・・・と言うより 協力せざるを得なくなっています。
そういう意味で 子育てに男女が参画することについては理解が得られやすいんじゃないでしょうか

男女雇用機会均等法があるのですが・・・確かに差別はイカンと思うのですが・・・区別もない感じで・・・・
これは女性にとって嬉しい法律なのか? 疑問を感じることがあります。
男性と女性の強みを生かした そういう社会であり 企業がいいのかなって思います

共感します!

こんにちは。
男性と女性の性差があり個体差(変な言い方ですが)があるので、それぞれの個性や特徴を最大限に生かしながら社会を作っていければいいなっと思います。
女性だから男性だからという見方ではなくて、人間として見る比重をもっとそれぞれが増やしていけば変わるかもしれませんね。

こんにちは
優希さんのようにしっかりと男女の差を把握して
こういった発言、活動をしている人はまだ珍しい世の中なんですかね。
男女平等を目指していても、結局男性差別している事に気付いていない女性活動家も多いいです。
そして男性に依存している女性も多い。女性に依存している男性も多い。
詰まる所、人間として相手の長所や個性を受け入れて、
お互いの良いところを認め合って助け合って生活する。
大切なのは慈愛の精神だな。

女性差別ととれるような考えも
裏を返せば 男性蔑視となることがすごくわかりやすく説明されていますね~!!

>相手を傷つけて始めて気付く事もあるんです。
>それが人間関係です。

傷ついた傷つけられたばかりとらわれてしまいガチな自分を反省できて、
とっても 心が温まりました。

もっと理解しあう為には
もっと恐れずに意見を交換し合うべきですね。





優希さん
僕は普段女性相手ですから・・
女性に・・
いろいろ聞ける立場にあります・・
多くは・・
夫に対して・・我慢っと・・
おっしゃいます・・・

これって幸せですか?

男性も女性を理解するところから・・
はじめなければいけません!

根底に差別が残っていると感じます!

同じには行きません・・が・・

もっともっと理解すべきです!

僕は家事もやります・・
だから家事の大変さは良く理解できます・・

子育ても・・僕だけでは・・
まったくだめになっているでしょう・・

僕は妻に感謝しています・・

妻の笑顔がほしくてがんばれているんだとおもいます!
ぽち!

おふくろ

優希さんのおっしゃりたいことはよくわかります。
しかし結果的に
「女性は家庭で育児をするべきだと考えている女性と
男性は外で仕事をするべきだと考えている男性」
この時代が一番穏やかでやさしい麦わら帽子のような香りに包み込まれていた感触が想い出されます。
私の親達の世代はまさに優希さんや昨今の女性が嫌う男尊女卑だったでしょう。
しかし、優希さんもご存じ、私の母親は決してその辛さを否定してはいません。
むしろこのような世の中になってしまったのは、ウーマンパワーだかわけのわからない「横文字」が流行りだした頃からだ、と怒っております。
そしてどういうワケか、私の同級生としばらくぶりで懐かしい話しがもてると、必ず、みな口々にオレらはおふくろの姿を見て、決しておふくろには心配を掛けない生き方をするんだという強い思いで今こうして間違った道に歩むことなく来れたんだと。

こんばんは!

ボクはまだパートナーがいないため子育ての機会に恵まれていませんが、2人が共同で子育てをすることは素晴らしいコトだと思いマス。

ただ、男女とも平等に家事をしなければならない・・・などのように義務化してしまうと中々入り込めないような感じになるんですよね~個人的に。

お互いがお互いの出来ないことを補って、お互いのコトを思いやっていければ幸せになれるんじゃないかなァ・・・

そんな相手を探していますが、優希さん知りません?(* ̄m ̄) ププッ

駆け足でごめん・・。

優希さん、こんばんは。

今夜は、駆け足で失礼します。
明朝ゆっくりと拝見いたしますね。

ごめんちゃい!

acbさんへ

acbさん!こんにちは!!
子育ての放棄は離婚原因にもなりますからね~
今は時代が変わりましたね~

女性というだけで出世できず
同じ仕事をしていて賃金に差を付けられている人にとっては
当然の法律でしょうね~

ただ、働きたくない女性にとっては
働くべきだといわれている気がして
良くないかもしれません。

どちらにしても
お互いを認め合う社会であればいいと思います。

女性は働かなくていい。
男性は働くべきだというのは
男性にとってもきついと思うんですよね~

うつ病や引き篭もりも圧倒的に男性が多いんですよ~
厳しすぎる○○すべきは
男性蔑視にもつながると思うんですが。。

とっこさんへ

初めまして!こんにちは!!
性差で決めつけるのではなく
1人の人間としてその能力差を把握してもらいたいですね~

牧場で働く女性も多いです!
力仕事なんですけど
そんなの関係ありませんからね~

性別で差別しない社会がいいですね~

トマトさんへ

こんにちは!
> 優希さんのようにしっかりと男女の差を把握して
> こういった発言、活動をしている人はまだ珍しい世の中なんですかね。

私も男女共同参画推進サポーターになる前は
全く気にしていなかったです。
勉強すれば知らない事がいっぱいありました~

男女共同参画は女性差別解放運動から来ていることが多く
一方的な女性活動家が多いのは
歴史があるからでしょうね~

> 詰まる所、人間として相手の長所や個性を受け入れて、
> お互いの良いところを認め合って助け合って生活する。
> 大切なのは慈愛の精神だな。

まさしくその通りです!
さすがトマトさんですね~

心理の勉強をしていれば
同じところに行く付くんだな~って思います。

すみこさんへ

> 女性差別ととれるような考えも
> 裏を返せば 男性蔑視となることがすごくわかりやすく説明されていますね~!!

そういっていただけると嬉しいです!
会議に参加した時に
ここまで発言できませんからね~

ブログにぶちまけました!!

> 傷ついた傷つけられたばかりとらわれてしまいガチな自分を反省できて、
> とっても 心が温まりました。
>
> もっと理解しあう為には
> もっと恐れずに意見を交換し合うべきですね。

お互いを理解しないと
結局はいい関係になりませんからね~

我慢することが必ずしもいいことではありません。
しかし、相手思いやる発言も必要です。

すみこさんの心を温める事が出来て
嬉しいです!

misawaさんへ

> 男性も女性を理解するところから・・
> はじめなければいけません!
>
> 根底に差別が残っていると感じます!

我慢している女性が多いです。
何故我慢できるかというと
子どものためであり
離婚後の収入がないためであったりします。

逆に言うと
子どもを連れて独立できる社会に変わると
離婚が増えるという事です。

少子高齢化社会では
女性も日本国民として
収入を上げ税金を払わないと
国が成り立たなくなります。

不平不満の無い社会が一番良いに越した事がありませんよね~

相手を理解して感謝できる家族を
もっと増やせるようにしていきたいです!

Damselさんへ

> 「女性は家庭で育児をするべきだと考えている女性と
> 男性は外で仕事をするべきだと考えている男性」
> この時代が一番穏やかでやさしい麦わら帽子のような香りに包み込まれていた感触が想い出されます。

時代と共に良い悪いが変わってきますね~
働かないことって楽と考えている人にとっては
良い時代だったのかもしれません。

何も言わなくても
社会が同じ方向に進んでいた時代は
苦しい事もありましたが
いい事もたくさんありましたね~

戦争では男性の良さが目立ちました。
体力的に女性は戦争向きではありませんからね~

それよりも、戦死して人口が減るために
産む事が美徳とされた時代もありました!

時代が変わると価値観が全く変わります。
そして今は全世界的に差別を無くそうとしています。

それも時代の移り変わりなんでしょうね~
昔は良かったと誰もが思うのは
当然だと考えています。

だからこそ、社会を変えるのは簡単ではないんですよね~

うーん、複雑だ・・・。

優希さん、

>男女共同参画は人権問題と私は考えています。

確かに究極的には、そういった問題であると
思いますね。

しかしながら、いまだに差別意識を持って
居る人が多いのも頷けます。

>しかし、この会議に私が発言すると
>話題がそれて熱くなってしまうので
>なるべく発言は控えました。

まあ、このあたりがそうですね。
たとえば・・・、

これでも私は開けているつもりなんですが
やはり、気付かないようなところがあるんでしょうね。

なかなか貴重な取り組みだと感じました。
優希さんを応援します・・・。

Tak@yukiさんへ

> ただ、男女とも平等に家事をしなければならない・・・などのように義務化してしまうと中々入り込めないような感じになるんですよね~個人的に。
何でも~しなきゃいけないと
強制されると楽しくないですよね~

夫婦で家事・子育てはどうするか?
どうしたいのかを話し合って前向きに
率先して出来ればいいですよね~

お互いに相手の事を思いやる
愛情があれば出来るはずですよね~

タカビーさんへ

タカビーさん!こんばんは!!

お時間を取って再コメントいただき
ありがとうございます!

優しさを感じます!
嬉しいです!

タカビーさんへ

差別は良くない事とは分かっていても
差別している意識はないんですよね~

だって日本の習慣に
男尊女卑があったんですからね~

当たり前のことをしていて
それがなぜ悪いのかということはあります。

特に福岡は
山笠文化があって
昔ながらの男らしさ、女らしさを求めていたりします。

福岡に引っ越した女性からは
女性が働くことへの抵抗は
女性の方が強いとまで言われています。

難しい問題ですが
正面から向き合っていきたいと思います!

タカビーさんは
ご家庭で娘さんと食事も作られますし
向き合われていて
とても嬉しいです!

片親のみが孤立して子育てする事は
今の世の中ではとても辛いことなんですよね~

社会が変わってきている事は
勉強してよく分かりました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。