スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

男女共同参画推進サポーター研修『デンマークに学ぶ男女平等』

男女共同参画推進サポーターのフォローアップ講座を受けております。
これは第3期で活動している私達の研修の場であり
とても有意義な場です。

次回の課題は5分~10分間スピーチです。
私にとって毎日ブログでかったい話を
スピーチしているようなもんなんで
もう慣れたものです!

得意分野なのですが
面白おかしく心に残るようにするためには
工夫が必要です!
これが難しいんですよね~

まぁ、意識の高い人たちなので
面白おかしくは無くていいかな~とも思ってしまいます。

有益な情報で勝負です!
といいつつ楽しています。。
文字数的には約8分になってしまいました。。

伝えたい事が多すぎるんですよね~
それもこれもデンマークの考え方に衝撃を受けているからなんですが。。

日本で活かせるかどうかは別にして
知ることは大切だと思います。
選択肢がないんじゃどうしようもないですからね~

それではお時間のある方はどうぞ!


私たちが何故、男女共同参画社会を目指しているかというと
日本国憲法14条1項にある法の下の平等と基本的人権の尊重を遵守するためです。

法律で定められて事をただやっているだけで
特別な事をしているわけではありません。

ちなみに法律は
『すべて国民は、法の下に平等であつて
人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、
政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。』
とあります。

簡単にいうと
『日本人は法律では平等です。
帰化していようと
どんな宗教や団体に入っていようと
どんな性別であろうと
社会的には地位が高かろうが低かろうが
昔から差別のある地域に住んでいようが
政治的にも経済的にも社会全体が差別してはならない。』
これをただ守っているだけのことです。

法律上は平等であり、差別しないようにとあっても
現実は差別がある世の中です。
それを正していこうとする動きが
私達の男女共同参画なんです。

法の下では男女は平等であっても
肉体的、精神的には平等ではありません。
これは男女問わず
誰一人として全く平等はありえないからです。

つまり、全くばらばらな個性に対し平等にするとは
どうすることでしょう。

ここで平等が進んでいるといわれる
デンマークの考え方を参考に考えてみます。

その前にデンマークについてですが
デンマークは民主主義の国で国民1人1人の人権を尊重し
1人1人が責任を持って自立し行動しています。

デンマークで女性の専業主婦は考えられません。
社会に参加していないとみなされるからです。
家事育児のみでは自立し責任を持った行動を取っている
とはいえないからです。

その行動を取れる環境を作るためにも社会福祉は充実しており
医療費、教育費、福祉にかかる費用は全て無料。
65歳からの年金も障がいを持っていると早期年金として受け取る事も出来ます。
消費税25%、平均所得税46%
一方日本では消費税5%、所得税4~7%、地方税7%とデンマークに比べて
低い税率です。
ただ、デンマーク自体の物価が安いので
高税率で日本の物価と変わらない位になっています。

企業もワークライフバランスを率先しております。
出産休暇均等法があり企業が従業員数に応じた分担金を基金に拠出し、
女性が育児休業を取得したら、その基金から政府の手当てに上乗せして
給与を補填する法律です。

週の労働時間も37時間と決まっています。
月金1日8時間働いたら40時間になるわけなので
それよりも短い労働時間で企業が動いています。

この体系にするのに10年かかったそうです。

合計特殊出生率も80年前半には1.37から
今は1.85まで回復しています。
1.37といえば日本の1.34と近い数字です。
出生率


こんな国が持っている平等の考え方は
日本と全く違います。

福祉大国デンマークに学ぶ平等より抜粋
(クリックで詳細がわかります)

全ての人が同じ満足を得られるように
平等に分け与えるのです。

男女平等も同じように
社会的に強い立場である男性
それは出産が無く仕事に集中できたり
肉体的に強く支配しやすい
そんな強い立場に合わせるのではなく
格差を少なくする社会であって欲しいものです。

その為にももっと女性を活かし
男性を休ませる社会にすることが
望ましいと私も感じます。


デンマークの出産休暇均等法のように
不均等に分けて女性を優遇したり
均等に労働時間を短縮し
男性から仕事を奪う事は
男女平等に生きられる社会を作る
1つの方法じゃないんでしょうか?


国連委員会でも日本の対応はまだまだと非難されていますよ~
<国連委>女性差別撤廃で日本の対応非難
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

タグ : 男女共同参画

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント

日本も 流れとしては
段々 じわじわと税金の配偶者控除をなくしていったり 
社会保険適用の範囲を拡大していきながら 
第3号被保険者(配偶者の被扶養者)をなくしていく方向にすすんで行っています。

徐々に 専業主婦という言葉はなくなっていくのかなと思いますが
デンマークの方向に進んでいるとは 思えませんね・・・・。

おはようございます♪
いつも訪問&コメントありがとうございます(*^^)v
よく消費税増税の際に、モデルケースに上げられますが、
とにかく消費税は税源確保で増税はやむなしですが
社会保障を優遇してますからね。
そこを切り離してのディスカッションはナンセンスだと思います。
諸外国のよさを見習う点が多いですよね。

sumicoさんへ

> 日本も 流れとしては
> 段々 じわじわと税金の配偶者控除をなくしていったり 
> 社会保険適用の範囲を拡大していきながら 
> 第3号被保険者(配偶者の被扶養者)をなくしていく方向にすすんで行っています。

税収が下がると福祉が真っ先に切られますよね~
弱者は切り捨てる。
切り捨てられないように努力せよという社会に
そろそろ多くの人がおかしいと
気付いていると思います。

> 徐々に 専業主婦という言葉はなくなっていくのかなと思いますが
> デンマークの方向に進んでいるとは 思えませんね・・・・。

デンマークの方向は日本人には向かないかな~って思います。
上手く日本人らしくアレンジ出来ればな~って思います。

日本は資本主義なのに社会主義が強いのは
1人1人の仲間意識の高さだと感じています。

仲間から個に価値観を変える時が
日本人らしくない
考え方になるんだと思います。

hirokunへ

おはようございます!
コメントありがとうございます!!

> よく消費税増税の際に、モデルケースに上げられますが、
> とにかく消費税は税源確保で増税はやむなしですが
> 社会保障を優遇してますからね。

天下りどうのこうのと問題をすりかえられている気がします。
まずは日本が福祉の充実を図るのかどうか?
問題点はそこにありますよね~

> 諸外国のよさを見習う点が多いですよね。
日本には日本のよさがあり
他国には他国のよさがある。

いい政策は日本流に導入するのも
ありだと思います!
他国で成果が出ているのですから
国内でもやって損は無いと思いますよ~

こんにちは

中央が税金を集めて地方に金を配り、さあ福祉を充実させろと言うのが歪みの原因かもしれないとは思いますね・・・

地方の財源と権限が増えれば、特色のある福祉や育児、男女共同参画などの政策が増えるんじゃないかと思います。
中央集権じゃ、考えが停滞していますからね

税金だけ増えて、中身は何に使われているか分からないというのはもうウンザリしています。
長期政権の悪い部分が現在噴出してるんだと思います。
政権交代が先決です。
それでダメなら国外逃亡。。。(* ̄m ̄) ププッ

遠い目・・・。(σェ)

優希さん、こんばんは。

日本で、できるだろか・・・?

難しそうだな・・・。

制度的なことよりも、道徳的なことを
まず変えないと無理なような気がする・・・。

でも、考えとしては良いと思うんだな・・・。

すみこさんも書かれてるけど、社会保険に関しても
日本はそもそもおかしいよ!

国民健康保険と一般の企業の社会保険では
差が大きすぎる。 それに年金でも健康保険でも
第3号って少しふざけた制度だと思う・・・。

優希さんらしい記事やった・・・。

応援して帰りますね・・・
しっかり読ませていただきました!

Tak@さんへ

地方の財源と権限が増えれば、特色のある福祉や育児、男女共同参画などの政策が増えるんじゃないかと思います。
中央集権じゃ、考えが停滞していますからね

地域の協議会で男女共同参画の問題が
全く違うんですよね~

地域の特色に合わせて
対策を取る必要がありますね~

長期政権の悪い部分が現在噴出してるんだと思います。
政権交代が先決です。

政権交代をするから悪い部分が良くなるというのは
かなり安易な発想だと思います!

政権交代の悪い部分もありますからね~
両方検討した後
圧倒的与党を作るのか
少数党を作っていくのか
色んな選択肢があっていいんだと思いますよ~

タカビー

タカビーさん!こんばんは!!

制度的なことよりも、道徳的なことを
まず変えないと無理なような気がする・・・。

教育は進んでいます!
教育が進んでいるおかげで
若い世代は男女平等意識が結構あるんですよね~

その意識を壊そうとしているのが
親の教育だったりするわけで
育っている環境で教育していくことが
大切なんだと思います!

国民健康保険と一般の企業の社会保険では
差が大きすぎる。 それに年金でも健康保険でも
第3号って少しふざけた制度だと思う・・・。

デンマークではありえませんからね~
このあたりの法の上でも平等は保たれているんですよね~
収入に応じて年金が違う制度が違法という見解は
有りえると思います!

どうなんですかね~

misawaさんへ

お忙しい中
コメント&応援
ありがとうございます!

すごく興味ある内容で解かりやすかったです

優希

ありがとうございます!
分かりやすい内容にしたいと思っています!

現代の出生事情

出生率は赤ん坊の数(分子)と15~49歳の女性人口(分母)の比率で決まります。この女性人口には未婚者も含まれます。ちなみに、既婚女性は平均2人の子供を産んでいます。つまり、日本の出生率が低いのは、未婚女性が増えたことが主な原因です。

なぜ未婚率が高くなったのかと言うと、バブル崩壊後の就職氷河期や超就職氷河期のせいで、若年層(現在の30代を中心とする世代)が低所得化してしまったからです。現在は、忙しいから結婚しないのではなく、仕事が無い、金が無いという理由で結婚しない男女が増えているのです。

※私のサイトで日本の主要都市の年齢別人口グラフを紹介していますので、もし宜しければご覧下さい。

ponponさんへ

> 出生率は赤ん坊の数(分子)と15~49歳の女性人口(分母)の比率で決まります。この女性人口には未婚者も含まれます。ちなみに、既婚女性は平均2人の子供を産んでいます。つまり、日本の出生率が低いのは、未婚女性が増えたことが主な原因です。
私は原因には色々あり
未婚女性が増えた事もそのひとつだと思いますし
昔のように多くの子どもを出産しなくなった事も要因だと考えます。

それは肺がん原因をタバコが主な原因といえないのと同じように
多くの要因があると考えるのです。

> なぜ未婚率が高くなったのかと言うと、バブル崩壊後の就職氷河期や超就職氷河期のせいで、若年層(現在の30代を中心とする世代)が低所得化してしまったからです。現在は、忙しいから結婚しないのではなく、仕事が無い、金が無いという理由で結婚しない男女が増えているのです。
同様に未婚率が高くなった要因も人それぞれであり
仕事で忙しいという理由も考えられます。

今回私が言いたかったのは
デンマークではずいぶん前に出生率を回復させる努力をして
それが成果に出てきているという事実です。

日本はどうでしょうか?

結婚しない事が不幸とも思いませんし
結婚したら2人以上は産むべきだとも思いません。

法の下に平等であるという事は
性別によってしなきゃいけないことを決められていない状態だと思います。

男性のみが無理な仕事を強いられたり
女性のみが働きたくとも働けない環境にさせられる。
そんな不平等がいいという人もいれば
嫌だという人がいる。

嫌だという人はその差別されている状態が
苦しくて仕方が無いんです。

デンマークの出生率が上がっているのは
様々な取り組みが成功しているためだと思います。

確かに結婚しやすい環境を作れば
出生率も上がると思いますけどね~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。