スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

民主党政権で進む男女共同参画

政権が交代し民主党が国際的にも遅れていた
日本の男女差別を無くす方向に
加速していく気がします。

その第一歩が
専業主婦という生き方が優遇されていた社会の崩壊です。

男女共同参画では
男は仕事、女は家庭という価値観を
変えていきましょうといい続けていますが
政策は専業主婦を待遇する
扶養手当や配偶者控除を行ってきました。

これでは男女共同参画社会になっていこうという気持ちに
ならなくて当然だと思います。

働かない方がいる家族にとっては
生活が厳しくなります。

その一方で今まで働いた事がない方や
手に職がない方に10万円の職業訓練が付きます。
働きたいと考えている方のバックアップをします。

弱者には支援をするというのが
福祉国家の当然の道です。

扶養という依存をなくし自立支援を行う。
こういう考え方が私は大好きです!

そして女性候補が過去最高の54人当選しました!
女性が政治に参加し国の未来を計画する立場に
どんどんしていくのが男女共同参画社会です!

鳩山さんは自宅で家事をやっています。
総理になる方が皿洗いをやるという国に変わるのです。
今までの力強い男性像から
平等精神の強いリーダーに生まれ変わります。

その一方で働きすぎの男性にも
もう少し抑えてもらう必要があります。

一番大きいのが時間外勤務手当てに付く
法廷割り増し課税です。
これを50%までに引き上げます。

残業させると企業に負担が大きくなるので
企業は定時に帰らせて休日出勤を無くさないといけません。

さらにパートの賃金を上げることで
正社員の数を減らしてパートへと移行する流れを止めます。
今までの正社員は働きすぎでパートが働かないという概念を
取り払うのが目的です。

正社員の労働時間もパートと変わらなく短くなるのです。

男性の育児休暇も推奨しますから
性別に関係なく働きやすい環境に変わっていくと思います。

このマニュフェスト通りに実行されたとしたら
日本の男女共同参画は進むと思います!
楽しみにしています!!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

タグ : 男女共同参画

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント

こんにちは♪
いつも訪問&コメントありがとうございます(^_^)v
程度にも寄りますが、皆で働いて家事や子育ても夫婦で
行うっていうスタイルが、私もいいんじゃないかと思います。
専業主婦や、何にも出来ない旦那さんっていうのは
時代に合っていないんじゃないですかね。
国民皆で作る、面倒臭い社会になるといいですね(笑)

オイラも家事はしているが

優希さん、おはようございます。

鳩山さんとは、大違いですわ!(笑

今回、良いと思えるのは年金や社会保険の一元化
あまりにも(第3号被保険者)主婦などは恵まれすぎてますから。
それと、最低賃金の引き上げもいいですね・・・、
ただし、ある意味怖いところもあると思いますね・・・。

男女の雇用均等を推進するのは良いが、勤務時間の
減少は産業の質の低下に陥らないかという懸念です。

まあ、これはある意味やってみないとわからないかもしれない。

でも、私が真っ先にやってほしいのは税制の改革なんだな。
累進課税の上限をやはりもっと引き上げるべきですよ。
その次には、法人税にもメスを入れてほしい・・・。
ある意味、野放しの部分がありますからね。

今一番言われているのは財源面での不安ですから。
その財源確保のためにもね・・・。

男女平等になるのは非常にいいことですね!
女性が社会進出しやすいように仕組みがかわるんでしょうか・・・?

でもボクが懸念するのは、経営者の考えがそう簡単に変わるだろうか?ということです・・・

労基署も当てになりませんから┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

すぐには変わると思えません・・・4年以内で何か進展するといいですね

いま、配偶者控除を受けている人の半分以上は、50歳以上の人です。
50過ぎまで専業主婦だった人に、いまさら「控除がなくなったから働け」といっても、せいぜいパートの時間数を増やすくらいでしょう。
若い世代は結婚しても控除がないから、早く子どもを作って手当をもらわないと損。
夫が働いて生活を支えている間に妻が勉強してキャリアアップ、なんて生き方は選択しにくくなる。
子どもをつくってしまえば、保育所が足らなくて働けない。
男女共同参画が進むような気はしないんだけど…。

田舎暮らし有力ブロガーの皆様へ

田舎暮らし有力ブロガーの皆様、

突然のメール、コメントで失礼いたします。
認定NPO法人 ふるさと回帰支援センターの三原と申します。ブログを拝見し、
田舎暮らしを考えている読者にひじょうに影響力があるブログであると感じました。

当NPOは北海道大学をはじめとする教育機関と連携し、ふるさと起業塾を設立し、
ふるさと(農村、田舎、地方都市など)起業や地域活性、社会起業を考えて
いる方を対象に今回、中小企業事業である全国中小企業団体中央会の
「農商工連携等人材育成事業」の研修実施機関として、塾生を募集しております。
授業料は中小企業庁の助成事業により原則として免除されます。有力ブロガーの
皆様のブログの材料としてご検討いただければ幸いに存じます。

塾生募集の詳細は;
http://www.furusatokigyo.net/kigyo/

認定NPO法人ふるさと回帰支援センター「ふるさと起業塾」事務局
三原憲治
Email: kmihara@furusatokaiki.net

ゆうくんパパさんに賛成!

先日もコメントしましたが、若年層の世代に優しく
中高年世帯には厳しい部分が多く感じます。

ゆうくんパパさんのおっしゃっていいるのは
もっともで、こういったことが原因の勤労力低下が
起きはしないか心配です。

育児に関して、高校の学費をタダにしても
子育て支援に比べたらやはり足りません。
私立校への援助に関しては、地方ごとに違う部分が多いです。

これらが是正されるとしても、かなりの年月がかかることでしょう。
現実的でないように思えます。

やはり、このままでは働く若年層ができにくくなりそうですね。
そのわりに、中高年に厳しい社会になるかも・・・。

こんばんわ、優希さん。

> 鳩山さんは自宅で家事をやっています。
> 総理になる方が皿洗いをやるという国に変わるのです。

そう言えば、今朝、ばっさまから聞きましたねぇ~。

僕としては、非常にかっこいいと思います。
でも、それが当たり前の世の中になって欲しいかなと思います。

ちなみに、ばっさまは、
国の代表が、
尻に敷かれてるようでかっこ悪いでした。

皿洗い自身は、評価してるんですけどね。

年代によって価値観って
変わってくるものですね。

hirokunへ

こんにちは!
コメントありがとうございます!!

> 国民皆で作る、面倒臭い社会になるといいですね(笑)

いい落ちです!
笑いましたぁ~ありがとうございます!!

男女共同参画社会というのは
面倒な社会なんですよね~

古くからの風習を変えるというのは
非常に大変な事です。

変わるのが嫌だから自民党政権が
ここまで長く続いたとも言えますからね~

若い世代の投票率が上がれば
苦しくなるのは高齢の方とも言えますね~

タカビーさんへ

タカビーさん!おはようございます!!

> 男女の雇用均等を推進するのは良いが、勤務時間の
> 減少は産業の質の低下に陥らないかという懸念です。

大企業ほど勤務時間が短いんですよね~
会社が小さくなればなるほど
過酷な労働を強いられています。

そういった意味でも
改革できない中小企業にとっては
かなり厳しくなると予想されます。

私が倒産件数が伸びると考えるのも
人を大切にしていない会社の
淘汰が始めるのではないかと考えています。

> でも、私が真っ先にやってほしいのは税制の改革なんだな。
> 累進課税の上限をやはりもっと引き上げるべきですよ。

これを訴えるなら民主党ではなくて社民党になりますね~
社民党の平等感は民主党よりも大きいですからね~

> 今一番言われているのは財源面での不安ですから。
> その財源確保のためにもね・・・。

自民党も赤字を大きく作る補正予算を繰り返していますからね~
日本の税制はとっくに破綻していると思うんですよね~

なので一から作り上げるという考え方もありだとは思いますよ~

Tak@さんへ

> 男女平等になるのは非常にいいことですね!
> 女性が社会進出しやすいように仕組みがかわるんでしょうか・・・?

社会に進出したいと考えている女性にとっては
いいことでしょうね~

その一方で専業主婦がいいと考えている女性にとっては
厳しい世の中になります!

今まで優遇されていたものがなくなるというのは
非常に大きい事だと思いますよ~

> でもボクが懸念するのは、経営者の考えがそう簡単に変わるだろうか?ということです・・・
民主党が政権をとったら変えないと生き残れません。。
自民党は経営者に優しい政治でしたが
民主党は労働者に優しい政治です。

経営者にとっては厳しい時代が訪れますね~

ゆうくんパパさんへ

初めまして!

> いま、配偶者控除を受けている人の半分以上は、50歳以上の人です。
働ける人は全て働いて税収を伸ばす。
この考え方はゆったり暮らしていた世代にとっては
相当厳しい世の中になるはずです。

一刻も早く自民党政権に戻したいと考えるのも
ありだとおもいます!

若い世代は今まで相当苦しんできました!
その反動がやっと今出たと私は考えています!

今回の総選挙が革命的といわれるのも
こういったことが社会に反映するからだと思います!

ただ、民主党も切り捨てるとは考えていません。
ちゃんと先を見越してはいますし
働きやすい環境にどんどんしていくはずです。

とにかく若い世代の改革をみて欲しいと思います。
素人議員対官僚の戦いになるとおもうので
メディアには十分気をつけて欲しいです!

三原さんへ

初めまして!
今まで内容と関係ない
広告貼り付けにはかなりの抵抗がありましたが
今回はとても嬉しいです!

多くの方にふるさとで起業してもらって
雇用を作って欲しいですね~
応援しています!!

2度目のタカビーさんへ

> 先日もコメントしましたが、若年層の世代に優しく
> 中高年世帯には厳しい部分が多く感じます。

十人十色で感じ方が違うと思います!
私は今までは中高年に甘く若年層に厳しかったと感じています。
確かに若年層の投票率は低く
相手にしてもらえなかったからという事もあるでしょう。

民主党政権は若年層の怒りと考えていただければ
分かりやすいですね~

> 育児に関して、高校の学費をタダにしても
> 子育て支援に比べたらやはり足りません。
> 私立校への援助に関しては、地方ごとに違う部分が多いです。

これも考えの違いですが
公立高校は無料なのにあえて私立に行こうとしている方に
どこまで税金で支援するのかという疑問があります。

そもそも学歴社会を否定している私にとって
中卒でも生きていける世の中のほうが
いいと思うんですよね~

100人が100人とも大卒じゃなかったらいけない理由は
ないと思うんですよ~

子どもとはいえ個人ですからね~
勉強嫌いな私にとっては
勉強は苦痛以外の何物でもないと考えるんですよね~

> やはり、このままでは働く若年層ができにくくなりそうですね。
> そのわりに、中高年に厳しい社会になるかも・・・。

これから失業率や倒産件数が増えて
民主党への風当たりがかなり強くなると私は考えています。

若年層も中高年にも厳しい時代が来ると思います。
最初から来ると考えていて望むのと
民主党が何とかしてくれると楽観視するのとでは
大違いだと思います。

まぁ、厳しい時代の世論を反映し
再び自民党が政権をとるというシナリオ通りに
進んでいるというのが正解かもしれませんね~

toshi-koさんへ

toshi-koさん!こんばんは!!

> 僕としては、非常にかっこいいと思います。
> でも、それが当たり前の世の中になって欲しいかなと思います。
>
> ちなみに、ばっさまは、
> 国の代表が、
> 尻に敷かれてるようでかっこ悪いでした。

これが現在の男女共同参画の現状です!
反対しているのは昔の考え方を持った方と
その考え方で育てられてきた方なんですよね~

平等社会の構築というのは
簡単なものではありませんね~

変えようとする力と同じくらいに
変わりたくないという力が存在すると
思いますよ~

私のコメントにていねいなご返事ありがとうございます。
配偶者控除がなくなって、増税になるのは中高年がほとんどなんですが、それは単に「中高年に厳しい」っていうだけですまないような気がします。
実は、中高年の専業主婦って、孫の世話をしたりして、子育ての手助けになってろんじゃないか?
我が家も共働きでしたから、子どもが小さいときは、おばあちゃんに助けられました。
いま、子育てが終わりに近づき、4人目の子も高校生ですが、妻は体調を崩して仕事をやめています。
まだ、子どもは4人とも未婚ですが、孫ができたら、多少は手助けできるかも。
配偶者控除をなくして、「中高年の専業主婦も働きに出ろ」っていうのは、かえって子育てにはマイナスのような気がします。
もちろん、親に頼るのではなく、保育所などが整備されればいいのでしょうが、保育所そのものが不足で待機児が増えている状況では、延長・夜間保育とか、病児保育とかの充実は、簡単ではないと思います。
配偶者控除とは違いますが、配偶者分の人的控除を保障する税制は、アメリカにもフランスにもドイツにもあります。
イギリスは、かつてあった制度を10年ほど前に廃止したんですが、廃止までに10年くらいかけたそうです。
日本でも、もっと慎重に、いろいろ議論すべきなんじゃないでしょうか?

ゆうくんパパさんへ

コメントありがとうございます!

確かにすぐに配偶者控除を無くすというのは
中高年の方が心の準備や
活動の準備をされていないために
多くの問題を生みそうですね~

私は社会が厳しいので2世帯同居にしていくという
流れを民主党がうまく作れたらいいな~とも期待をしています。

子どものいる家族に親が扶養されるという
逆の発想なら2世帯同居が上手くいくのではと考えます。

今までの2世帯は親がお金を持っており
子どもが住まわせてもらうという事で
上手くいきませんでした。

民主党政権ではそれが逆転する可能性があります。
現実には厳しいでしょうが。。

子育て世帯のバックアップを親がしやすい環境になれば
世の中が楽しくなるかもと
楽観的に考えてしまいます。

これは私の考え方なのですが
社会が変わったときに嘆いて生きる気力を無くすよりも
どう対応していけば楽しく生きられるかを考えてしまうんです。

全ての方がポジティブ思考ではないと思いますし
実際に少ないと思います。

しかし、変革はポジティブ思考で無いと実行できないんですよね~
ネガティブだと耐えるしかないと考えますからね~

政権交代が起きたのも
もう耐えられなくなったからだと思います。
だったら楽しくい来る方法を見つけるしかない!
その考え方がこのお話なんですよね~

> もちろん、親に頼るのではなく、保育所などが整備されればいいのでしょうが、保育所そのものが不足で待機児が増えている状況では、延長・夜間保育とか、病児保育とかの充実は、簡単ではないと思います。
実は地方では待機児童はゼロだったりします。
私は人口が都会に集中しすぎる
このいびつな日本も好きではありません。

今後は倒産件数も増えて
都会に仕事が集中する事もなくなると思います。

そんな時に地方の魅力をアピールし
Uターンが増えればと思っています。

目先の政策だけにとらわれず
どんな日本を作りたいのかも大切になってきます。

民主党がどのような日本にしていくのかは
これから始まると思います。

1人1人が声を出して
大きな流れにする必要があると思います。

実際に子育て支援は反対が今は多いですからね~
反対意見を高めて子育てよりも扶養を守るという動きも大切です。
声を出さないと民意は動きませんからね~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。