スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

大谷るみ子さんとの懇談会

大谷るみ子さんは九州では有名な方です!
NHKプロフェッショナル仕事の流儀で取り上げられたら
好評でアンコール放送までされたくらいです。

http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/090303/index.html

認知症と向かい合う大谷さんはノーマリゼーション(どんな方でも通常な生活を
可能な限り保障する事)を日本で実現されています。
人を大切にするデンマークの考え方を学び
日本で実践されているんです。

そんな大谷さんの講演後、
スタッフと大谷さんを囲んで懇親会が行われました!

そこで私は大谷さんに講演の感想を述べる機会があったので
みなさんにもお伝えしたいと思います。

デンマークの病院が大切にしている3つの考えは
○人生の継続性
○自己決定の尊重
○自己資源の活用
とありますがこの3つの目標が一致しているので
どんな個性のある方でもそれを活かしてこの目標を目指せます。

サポーターもサポートを受ける方も
個性はまちまちですがその方にあった手法をお互いが選択できる。
そんな国だから誰でもベストを尽くせるんだと思います。

色んな考え方のある中で
自己資源の発想が私は好きで
健常な時から失っていって残った能力と日本では考えがちですが
デンマークでは今の段階での個性と捉えます。

この話を聴いて私はコップに残ったお茶を思い出しました。
もうこれだけ飲んでいるから後はこれだけしか残っていないと嘆くのか
まだこれだけあるのだから一杯出来る事があると考えるのかで
人生の楽しみが変わってきます。

失わないようにと嘆くよりも
持っている自己資源を最大限に活用するという考え方が
とてもいいな~って感じました。

この影響を出来る事から始めるのが大切ですね~
日本とデンマークは違うのだから出来るわけが無いと思ったら
もう出来ませんからね~

何でも出来る事はあるはず!
出来る事からコツコツ積み上げていきたいと思います!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント

おはようございます♪
いつも訪問&コメントありがとうございま(^_^)
状況は一緒でも捉え方が違うと気持ちも行動も
変わってきますね。
例えば、クリスマスからお正月の間って、何かワクワクしますよね。
でも僅かな時間なんですよ。
私は時間軸をずらして、お正月が終わって今度のクリスマスまで
の間を楽しみながら待つタイプですね。
お得感いっぱいでしょ(笑)

hirokunへ

おはようございます!
コメントありがとうございます!!

> 私は時間軸をずらして、お正月が終わって今度のクリスマスまで
> の間を楽しみながら待つタイプですね。

仕事している時は年末年始は稼ぎ時と年が変わるので
大変なイメージでしたが
こうして楽しめるという感覚を持っているといいですね~
今年も無事に年が越せたという感動を味わいたいものです!

日本の福祉は型に嵌めてしまうことが多いように感じます。
何でもかんでも制約を設けてその中で人を動かそうとする・・・

ボクは昔、スイスで福祉のアルバイトをしました。
知的障がい者達を山荘で2週間預かり、共同生活をするというモノです!
ボクは英語も満足に話せませんでしたが、参加させて貰いました。
ほとんど制約がない生活にビックリしましたね・・・好きなことがやれる。
彼らの自主性に任せているのです。食事の介助はしましたけどね~
決まっているのは食事の時間と就寝の時間、あとは散歩の時間だけ・・・
日本の福祉は一体何だろうとショックを受けました

もう一度参加したいと思いながら帰国してきてしまいました。残念・・・
楽しい時間でしたね~

Tak@さんへ

> 日本の福祉は型に嵌めてしまうことが多いように感じます。
> 何でもかんでも制約を設けてその中で人を動かそうとする・・・

学校もそうですね~
施設や団体行動などは同じ考えですね~
学校教育がそうですからね~
どうしても抜けられないのかもしれませんね~

> ボクは昔、スイスで福祉のアルバイトをしました。
> 知的障がい者達を山荘で2週間預かり、共同生活をするというモノです!
> ボクは英語も満足に話せませんでしたが、参加させて貰いました。
> ほとんど制約がない生活にビックリしましたね・・・好きなことがやれる。
> 彼らの自主性に任せているのです。食事の介助はしましたけどね~
> 決まっているのは食事の時間と就寝の時間、あとは散歩の時間だけ・・・
> 日本の福祉は一体何だろうとショックを受けました

ヨーロッパには多いんですね~
これが進んだ福祉なんですよね~
私も現状を知って驚きました!!

世の中には知らないことが多すぎる。
福祉大国がどれだけ人を大切にしているかが
良く分かります!

日本ももっと人を大切にする国になったらと
考えたくなりますね~

できることから・・ですね
えらいですね優希さんv-13

mihoさんへ

出来ない理由を言っても始まらないですからね~
出来るところからするしかないですね~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。