スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

思い込みは重いゴミに

コミュニケーションは自分の意思を使えることと
相手の意思を受け取る事で成立しています。

石のキャッチボールだったら目に見えて分かるのですが
意思は明確に見えないためにきちんと受け取るのが困難です。
だからこそ、顔を合わせたり目を見たりと
何を考えているのか言葉以外でも受け取ろうとするほうが
より分かりやすくなります。

例えば、可愛いという言葉も人によっては馬鹿にされていると受け取る事もあります。
投げているほうは愛情を込めていったとしても
受け取るほうは子ども扱いされていると感じることがあります。

たとえ悪い意味で言っていないからと言い訳をしても
受け取るほうが別の受け取り方をしたら
可愛いから魅力的と変えるなどして
言葉を選ばなくてはいけませんし
人を見下すような受け取り方をされる態度を改める必要があります。

こうした投げてと受けての価値観のずれがあるから人間であり
個性なんです。
個性を大切にするという事は相手の個性を認め
自分の個性も大切にするという事です。

自分の個性を貫き通して相手の個性を変えさせるというのは
個性を大切にするとはいえません。
それは責任を伴わないワガママな利己主義なだけです。

個性を大切にする時に重要になってくるのが
相手もこう思っているだろうという思い込みを無くす事です。
人はそれぞれ違った考えを持ちますから
相手がどう考えるかは全く分かりません。

なので、こう思うだろうという思い込みを持つことは危険な事なんです。

この典型的な例が交通事故です。
歩行者や自転車は車は止まるだろうと考えられている方が多く
事故に巻き込まれます。

私は心にゆとりがあるので歩行者や自転車は飛び出してくると
常に考えているからいいのですが
ゆとりの無い方は何も気にしていません。

怪我をしたり、一生直らない障がいを抱えたり
人生を終わらせる事になるかもしれない交通事故。
その被害にあうのは殆ど交通弱者や身体が弱い方です。

車が注意するのはもちろんですが
歩行者や自転車が車が止まるという前提で横断する危険性を
私はかなり感じています。

まぁそれだけ危険予知をしまくっているくらいしまくっているだけかもしれませんが。。

責任を持って自分の命は自分で守って欲しいものです!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント

たまに危ない時がありますが、車に乗ったことがない人は車の死角が分からず平気で横断したり横に付いたり、バックをしているのに後ろを通過したりしますね!

自分のしている行動のある程度の予測はしておいた方がいいですね~
もしかしたら・・・というのは危険回避の初歩ではないでしょうか?

鹿に当てられたボクが言うのもナンですが・・・フゥーε-( ̄o ̄ )y-~~(; ̄ロ ̄)y-~~ゲホゲホ

こんにちは♪
いつも訪問&コメントありがとうございます(^_^)v
言葉伝達は難しいですね。
日本語ならでは何でしょうかね。
可愛いって、喜ばない人もいるんですね。
なんとも贅沢なことだと(笑)
交通事故の認識、改めて痛感しました。
心にゆとり持って運転しないとね。
Tak@さんの鹿に当て逃げ事件は笑えるよね。

こんにちは。
今日買い物に行くとき交差点でいましたよ。
危ない高齢者の運転手。
私が交差点の横断歩道で止まっていると
私の進行方向から左折しようとしている車。
その方は私に気付いて譲っている感じ。
私の右手からくる直進車は全く眼中にない感じ。
おばちゃんだかおばあちゃんだかわからないけど
全然視線が動いていない。
何事もない感じでスィーっと交差点通過。
コミュニケーションどころのレベルじゃないよ。

読ませていただきながら
自分のこと思い出したりしました

Tak@さんへ

> たまに危ない時がありますが、車に乗ったことがない人は車の死角が分からず平気で横断したり横に付いたり、バックをしているのに後ろを通過したりしますね!
>
> 自分のしている行動のある程度の予測はしておいた方がいいですね~
> もしかしたら・・・というのは危険回避の初歩ではないでしょうか?

車は危ないという前提で考えて欲しいです。。
事故にあっても一生戻らない痛みを抱える事が多く
それを抱えて生きるのは自分自身なんですからね~

> 鹿に当てられたボクが言うのもナンですが・・・フゥーε-( ̄o ̄ )y-~~(; ̄ロ ̄)y-~~ゲホゲホ
鹿が当て逃げをしたのか鹿に当て逃げをしたのかは
判断が難しいところですけど。。

hirokunへ

こんにちは!
コメントありがとうございます!!

> 可愛いって、喜ばない人もいるんですね。
懸命に生きていて可愛いと言われると
むっとなるって方もいらっしゃいますよ~

> Tak@さんの鹿に当て逃げ事件は笑えるよね。
北海道ならではのお話ですね~
鹿に当たる経験ってめったにないですからね~

トマトさんへ

こんにちは!

> 私の右手からくる直進車は全く眼中にない感じ。
> おばちゃんだかおばあちゃんだかわからないけど
> 全然視線が動いていない。

見えていない方って結構運転しているんですよ~
年齢性別に関係なかったりします。。

窓が開いていると分かっていて文句を言いながら
突っ走る車もいますからね~
そんな人が引いたら確実に逃げますよ。。

交通弱者って怖いんですよね~

mihoさんへ

思い込みって怖いですよね~
私も無くすように努力中です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。