スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

レディースデイで得をしているのは女男どっち?

男女共同参画の市民企画講座に参加してきました!
今回はディベートするということで
ワクワクしながら参加しました!

女性のほうが得だという部分で
レディースデイがあったのですが
果たしてレディースデイで女性は得をしているのか?

これは置き換えれば
クーポン券を使ったほうが得か?
という質問とも取れます。

一般的にはクーポンを使ったほうが得なのですが
経済学の視点から見ると
囲い込みされて店舗に誘導されているだけにしかすぎません。

自宅で食事をすれば安くつくのに
わざわざ外食をして損をしているとも取れます。

どの店舗で食事するかと考えた時に
単にクーポンがあるからと安易に店舗を決める理由にもなるのですが
その結果、単に店舗を儲けさせているだけで
果たして女性が得?っていうよりも
単に経営者が得なだけでは?
で、レディスデイを考える経営者って男性が多いんで
レディースデイで得をしているのは殆どが男性です!

と言ったらぽかんとされてしまった。。
どうも論法が難しかったようです。。

分かりやすいディベートって難しいなぁ~
でも楽しかったです!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント

始めまして。面白そうですが、少し話が偏っていたので気になりまして寄ってみました。
さてユウキさんに質問です。「ワンこを提供した場合、ユウキさんだけが得」でしょうか?
まあ、心の満足感とかあるでしょうが、それは「レディースデー」を行っている全ての業種にも当てはまることで、つまり経済の論理に置き換えると、比率の違いはあるにしろ、誰かが何らかの得をしているのでないでしょうか?
得をするということは経済が動いていることであって、世の中的には良いことだと思います。当然、心の部分・金銭的な部分、両方です。
少なくとも、誰にも得がない行為が一番の無駄であって、使った方が得をしたか、使ってもらった方が得をしたかはそれぞれの心の持ちようではないでしょうか?
「食べ放題」はどちらが得か?
ユウキさんの論理を正しいとすると、「ワンこを提供した場合、ユウキさんだけが得」ということになります。私は提供された方も癒されるなどの得があるわけですから、両得ということで、結論としては、レディースデーは経営者も得、女性も得で良いのではないかと思います。
つまり、使用者側は「経済学」で考えていたら世の中つまらないのではないかということです。置かれている立場の問題なので、聞いている立場としても「経営者」ならユウキさんの意見が正しいし、「消費者」側から見ればユウキさんの意見は正しくないとなるわけです。
さて、「ワンこを提供した場合、ユウキさんだけが得」でしょうか?

ぽジティブさんへ

> 始めまして。面白そうですが、少し話が偏っていたので気になりまして寄ってみました。
初めまして!よろしくお願いいたします!
ディベートとは一方向から見解に対し
別の方向からの見解を指し示すものだと思います。
つまりどちらとも偏っているんですよね~

どちらも現実を話しているのですが
どちらに共感性が高いのか?
それを競い合うゲームだと私は思っています。

> さてユウキさんに質問です。「ワンこを提供した場合、ユウキさんだけが得」でしょうか?
この質問の場合答えは提供したサービスと同じ対価を受け取っている
物々交換の原理です。
つまりどちらが得をしたということはありません。
この論法で行けばどちらも得をしないという結論になるだけでしょうね~

それでは面白くないです。
レディースデイは女性が得だという説に対し
男性が得だという結論を見出すのがディベートだと思います。

通常1800円の映画鑑賞代がレディースデイで1000円になった場合。
映画を見た女性客は800円得。

映画館は放映時に何名見ても映画の仕入れ原価は一定なので
人数が多いだけ1人あたりの原価は限りなく0に近づきます。
つまり映画館は1000円の得。

それだけではなく
入場客数が多いほど飲食物販のクロスセルが起こり
映画館が利益を上げられます。

飲食店のレディースデイ割引も1~2割程度。
飲食店の利益率は6~7割あるので
どう値引きしても店側のほうが利益が残ります。

つまり、女性よりも経営者側が得となり
経営者の殆どが男性なので
女性は得した気分を味わい実質的には男性が得をしているという結論に至るのです。

経済学では心の充足度という数字に表れないことは考えません。
どっちの心が満足できるかなんて誰にも分からないのですからね~
分かるのは数字だけです。

というのが今回の私の理論だったのですが実は経済は心で動いています。
経済学どおりに物事が進まないのも人には心があるからです。
マクロ経済でみるとダムは無駄だと分かっていても
作らないといけない状況がこの日本にはある。
その1つが心の問題なんですよね~

デートでは

お会計を男性が払う場合も多いですから、結局男性にとってお得なサービスかもしれませんね(笑)

こんにちは
>つまり、女性よりも経営者側が得となり経営者の殆どが男性なので女性は得した気分を味わい実質的には男性が得
これって単なる詭弁じゃないですか。
経営者とお客とどっちが儲かるかと言う話を
男女間の問題にすり替えているだけ。
と言う
盛り上がりがなかったと言う話ですよね。

こんばんは♪
いつも訪問&コメントありがとうございます(*^^)v
私は基本的にこういうイベントはサービスの一環で、
これを機に顧客になってくれればいいくらいの気持ちです。
あまり損得は考えませんね。
イベントは、効果的な時期とやり方があるから
一概に今の厳しい時代にあってるかどうかは難しいところ
だと思いますね。

こんばんは!さすが
優希さんらしい切り口でレデイスデイの事を 分析されてますね!
勉強になります。 
私は男性だけではなく女性も男性も経営者も得するのではないかと思います!
理由は長くなるので端折ります。
それが原理のように思います。

どうなんでしょう?
ユウキさんの考え方もわかりますが、後日、正価で見る予定だった方が前倒しで、もしくはレディースデーがあるために安い価格で見るわけですから、一概に経営者側の得という話にはならないです。そして、ワンこの話は特別のような見方をされていますが、食べ物だって、動物だって販売をしているかぎり、販売者は利益を考えながら商売をしているわけです。気持ちはわかりますが、特別視して考えるのは?と思えます。ものを提供している方で利益なしでやっている方は公務員だけだと思います。映画を例に取ると、レディースデーの販促にかかる労力・経費、マンパワーも発生します。自分の商売を美化されるのは良いですが、映画だろうが食品だろうが、生き物だろが比重の違いはあれど同じではないでしょうか。その辺りを踏まえて説明しないと説得力に欠けていると思います。聞いていた方が「ぽかん」というよりは、ブログを読んでいた私も?でした。ちょっと他の商売に対しての認識が甘いのと、失礼なのではと商売人として思いました。

亜沙美さんへ

> お会計を男性が払う場合も多いですから、結局男性にとってお得なサービスかもしれませんね(笑)
なるほどぉ~そういう視点から男性有利と考えるのもありですねぇ~

トマトさんへ

こんにちは!
> これって単なる詭弁じゃないですか。
ディベートですからねぇ~
詭弁でも何でも納得させたほうが勝ちっていうゲームなんですよね~

> 経営者とお客とどっちが儲かるかと言う話を
> 男女間の問題にすり替えているだけ。
> と言う
> 盛り上がりがなかったと言う話ですよね。

結局、問題をすり替えただけで
全く盛り上がらなかったんですよねぇ~

共感性が低かったんだと思います。。

hirokunへ

こんばんは!
コメントありがとうございます!

> 私は基本的にこういうイベントはサービスの一環で、
> これを機に顧客になってくれればいいくらいの気持ちです。
> あまり損得は考えませんね。

経営的にはイベントはお客様サービスの一環ですからね~
損得は考えないでしょうね~

アン シンちゃんへ

こんばんは!
> 私は男性だけではなく女性も男性も経営者も得するのではないかと思います!
全てが得をするのですが男性が一番得だというディベートゲームをしたんですよね~
上手くいきませんでしたが。。

ぽジティブさんへ

返信ありがとうございます!
まず、お伝えしたい事ですがこのお話はディベートというゲームであり
私の経営哲学とは全く違います。

レディースデイが男性に得とは全く考えていなく
私自身は最初に返信したとおり得でも損でもないと思っています。

ディベートとはあえてどちらが得という理論を作り
納得してもらうという論法を競い合うゲームです。

得という概念を指標となる経済学で分析しただけであり
私の経営方針とは全く違います。

説明が不足してすみませんでした。。

結論でいうと共感できなかったです。
という部分であり
経済学と現実との乖離が認められるという落ちです。

ペット事業だからどうとか
利益が悪だとか
そのような話題は一切していないはずなのですが。。

ぽジティブさんがそのように思われているのは分かりますが
私は全くそのような事は考えておりません。
人が考えている価値観を相手が持っているだろうというのは全て正しいとはいえません。

経済の事で反論するとしたら
>レディースデーの販促にかかる労力・経費、マンパワーも発生します。
これは1回のレディースデイにどれくらいかかっていると見込まれますか?
私はレディースデイだけに対やする販管費は0だと思います。
レディースデイだからといって従業員を増やしたり
販促をかけたりしますかね~?
ありえないです。

100名入る映画館に1人だけ入るのと満席になるのとでは
明らかに満席になるほうが利益が高くなります。
これは事実です。
原価割れを起こすような施策を毎週水曜日にする企業なんて
ないですよ~
難しい事を言った覚えがないんだけどなぁ~
商売をしていたら逆に分かるはずだと思います。

すごくv-63解かりやすかったです!

mihoさんへ

ありがとうございます!
そういっていただけると嬉しいです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。