スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

道徳と人権

最近、勉強してきて道徳教育と人権教育では
大きな違いがあるな~って思います。

もちろん、同じ部分もあるので結構誤解を生んでいるのかもしれません。
特に他人の立場になって考えて
他人を大切にするという思いやりの心の部分が同じなために
混同されるのかもしれません。

道徳教育では人間として正しい行為を学びます。
『嘘をつかない事・隠し事をしない』
これが道徳的に正しい行為です。

子どもにどのように生きるのがいいのかを教えるための道しるべとしても
道徳教育は必要だと思います。

道徳教育では先生が大切にしていたコップを割り
みんなが先生に内緒にしようと決めた事に対して
1人だけでも先生に正直に伝える事が正しい事だと教えます。

みんながという価値観よりもいけないことを許してはいけないという
正義感を大切にするのです。

ただ、この正しさはその人が育った環境で大きく異なるために
正しさ同士がぶつかり合う事になる時があります。
お互いの価値観を認め合いましょうというのが
人権教育なのです。

自分には自分の正しさがあり
他人には他人の正しさがある。
どちらも正しくてもいいのじゃないか
それが人権です。

この人権的な考えはモラルを大切にする道徳観と対立する時があります。
人として認められない行為すら認めてしまってはいけないという道徳観。
人として認められない行為をした人を許す気持ちを持つ人権的発想。

目には目をという発想で形を変えても報復が必要だと考えると
死刑は必要になります。
罪を憎んで人を憎まずと考えるのであったら
死刑制度を廃止し更生できる社会に変えようとするでしょう。

私はどうも人権的発想になっているのだと思います。
道徳観を持ちながらも受け入れようと努力をし続ける。
人を許せる心が広い人間になりたいと考えている私にとって
人権的発想は学ぶ事が多いです!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

タグ : 人権 道徳

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント

なるほどね

優希さん、いろいろ勉強されてるし、勉強熱心ですね。
ボクなんて道徳教育の時間はほとんど興味を示さず、
町内での関わり合いと部活動を通じてその辺を学んだ実感があります。
一番衝撃的だったのは社会人1年生の時の上司の存在。
それまでのボクの人間性を劇的に変化させた、心から尊敬できる方でした。
その方の立ち振る舞いを見て自然に学べたし、
自分の周りにそーゆー存在があれば、
何も学ぶのは教育を通じてのみではないってことですよね^^

こんにちは。
いつも、ありがとう~
数の子、黒豆が好きです♪
死刑にならないで、世間にでてきたら、
正直、怖いですね。

死刑はあって良いと思う。その死刑を執行する法務大臣の
レジメを作るべきであると思います。どのような罪が死刑に
値するかが不明なのがいけないと感じています。人間だから
失敗をする。失敗を償う為に死刑となってはいけない。

しかし殺意をもった殺人が許されるはずはない。これは昔で
いう仇討にも条件としては同じだろうと思っています。どんな
理由があっても殺意を持って殺人を犯したら場合によっては
死刑の執行はありだと思います。しかし償いは被害者に対して
死んで償うのではなく、生きて償うプログラムを法制化する事が
もっと大事なことだと思っています。

今の人権を考えた時に常にやったものが勝つというような法律は、
余りに偏り過ぎていると思います。モラルも道徳も全く入る隙間の
ない今の法律では論議の余地はないと思います。先程の新聞で
改憲の意思がないと答えたのが7割だったと載っていたので私は
かなりのショックを受けました。今の制度疲労を起こしてしまってる
旧態然とした法律が、今の私達の生活にあっているかを問うまでも
ないと思うからです。

こんにちは。
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
道徳教育と人権教育をあえて分けて考える必要性が良くわからないです。
世の中そんな簡単に出来ていない。
教育として教わったらそれが絶対としてインプットされる。
とても危険な教育だと思う。
道徳、人権、+α = 社会科
αは宗教、思想、哲学etc 6、3、3で学んで欲しいな。

氷見 拓也さんへ

> 優希さん、いろいろ勉強されてるし、勉強熱心ですね。
社会問題を解決するためにも
真剣に色々取り組んでします!
多くの方に必要としていただける存在になるためにも
知識は必要だと思うんですよね~

> 一番衝撃的だったのは社会人1年生の時の上司の存在。
> それまでのボクの人間性を劇的に変化させた、心から尊敬できる方でした。

私も今の仕事をしていて人権活動をされている方の
影響を受けています!
人の影響って大きいですよね~

ANZUさんへ

こんにちは!

> 死刑にならないで、世間にでてきたら、
> 正直、怖いですね。

全ての犯罪の再犯率が0になる国なら
そんな怖さもないんですけどね~
みんなでそうしていきたいですね~

私も子供たちに

うそをつかない
ように自分がまず手本にやってます

ヒデさんへ

> しかし殺意をもった殺人が許されるはずはない。これは昔で
> いう仇討にも条件としては同じだろうと思っています。どんな
> 理由があっても殺意を持って殺人を犯したら場合によっては
> 死刑の執行はありだと思います。しかし償いは被害者に対して
> 死んで償うのではなく、生きて償うプログラムを法制化する事が
> もっと大事なことだと思っています。

生きて生涯を償えるプログラムが出来れば
本当にいいですよね~

殺意を持つ理由を認めるわけにはいきませんが
その方の正義がそうさせたとしたら
そんな正義は何の意味もないと私は思うんですよね~

> 今の人権を考えた時に常にやったものが勝つというような法律は、
> 余りに偏り過ぎていると思います。モラルも道徳も全く入る隙間の
> ない今の法律では論議の余地はないと思います。先程の新聞で
> 改憲の意思がないと答えたのが7割だったと載っていたので私は
> かなりのショックを受けました。今の制度疲労を起こしてしまってる
> 旧態然とした法律が、今の私達の生活にあっているかを問うまでも
> ないと思うからです。

変わろう、変えようとするときは
よっぽど自分に被害が起きた時だと思うんです。
だからこそ、国民を代表する政治家が
未来の日本をイメージして
本当にこのままでいいのかと
真剣に議論して欲しいんですよね~

その政治家を選ぶのも私たちですからね~
真剣に考えたいですね~

トマトさんへ

明けましておめでとうございます!
今年もよろしウお願いいたします!!

> 道徳教育と人権教育をあえて分けて考える必要性が良くわからないです。
> 世の中そんな簡単に出来ていない。

道徳と人権は明らかに違うんですよね~
道徳の中にある正義感が人権を侵す可能性があるんです。。
この違いを理解していないと
互いの道徳観がぶつかり合ったりします。

道徳的に正しいという事は人権的にはやってはいけないということもあります。
正しさの押しつけが良い事だという考え方は
人を不幸にしたり孤立に導いたりしてしまうという事を
忘れてはいけないと思います。

> 教育として教わったらそれが絶対としてインプットされる。
> とても危険な教育だと思う。
> 道徳、人権、+α = 社会科
> αは宗教、思想、哲学etc 6、3、3で学んで欲しいな。

多種多様な考え方を社会学として学んでいくことも大切ですね~
どちらかの考え方だけを学ぶと
とても危険ですからね~

mihoさんへ

子どものためにも立派な大人になりたいですね~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。