スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

チーム内競争とチームワーク

チーム内競争とチームワークを両立するのは非常に難しい。
本来の競争社会の価値観は切磋琢磨することを目的としていました。

切磋琢磨とは励ましあったり競い合ったりして
互いに人格や技術を磨き上げることという意味です。

ところが競争し相手を負かす成果主義が台頭してきて
競争の考え方が変わりました。

企業では年功序列よりも成果主義を取る会社が増えて
社会的にも努力の過程よりも結果が大切という風潮になりつつあります。

お互いに成長するという概念から
人を蹴落としてまでも自分が上に行くという考え方が
競争社会の常識になってしまいました。

この考え方が日本流の個人主義つまり利己主義を生み出しているのだと
私は思います。

自己責任の社会において利己主義はあたりまです。
人のことを心配している場合ではありませんからね~

情けは人のためならずということわざも
利他的行為は結果的に自分に帰ってくるんだから
利他的行為をしてもそれは結局
利己的行為に過ぎないとも捉えることができます。

ところが、最近のスポーツ界では
チーム内競争を推奨していません。

少ないレギュラーポジションをチーム内で争うスポーツ界で
利己主義が蔓延していてはチーム全体の底上げにならないということが
どうも分かってきたようで
他チーム同士で競い合うことはしてもチーム内では協力体制を取る様に
指導しているコーチが多くなってきています。

『1人はみんなのために、みんなは1人のために』
という考え方です。

この言葉は集団主義という捉え方をして誤解がある方もいらっしゃいますので
さらに付け加えます。

ソフトボールの上野選手が小学校のソフトボールチームのコーチをされました。
小学2年生から5年生までいるこのチームで
2年生の実力の低さはみなさんも想像できると思います。

2年生はまだまだ体力が無いから集団の外に追いやるのではなく
2年生という個性を認め
みんなが2年生のために動くことができるようになるのが
チームワークなんです。

チームワークとは互いが互いの能力を認め合い
それを伸ばしていくことで自分も相手も大切にすることができるという考え方です。

相手を否定したり
みんなという集団に合わせようとする考え方は
みんなは1人のためにという考え方ではありません。

体力の無い2年生のためにみんなでカバーしあい
フォローしあって共に成長していく姿を見て
日本のソフトボールが強い理由がよく分かりました。

チームワークで達成したときには全員で喜べます。
競争で勝ちあがったときは自分しか喜べません。

私はみんなで喜べる方が好きなんです。
だからチームワークが出来る環境を作りたいと考えているんです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いします!
人気ブログランキング ←人気ブログランキング
にほんブログ村←にほんブログ村
FC2ブログランキング←FC2ブログランキング

優希が活動しているネットショップはこちら!
福岡のミニチュアシュナウザー専門店ウィズミー

タグ : 個人主義 集団主義

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント

おはようございます♪
いつも訪問&コメントありがとうございます(^o^)丿
今の社会に、競争ってキーワードは少しナンセンスになって
いるのかもしれません。
小泉・竹中路線が、あまりにラディカルな競争を引き起こし
格差が生じたことに嫌気が差しているのかもしれません。
誰かを蹴落としてまで打ち込むことより、足りないものを補う
という考え方に、スポーツの世界も変化してきたのかもしれない
ですね。

スポーツの世界も変化してきたのかもしれませんねv-11


こんにちは。
スポーツという区切りでは考えて欲しくない問題ですね。
普通に教育の現場でこの考えが徹底されていないと
イザスポーツの時だけこの考えと言うのは無理。
普通の授業、国語算数理科社会etcの中でもこの考えの元
わからない生徒を置き去りにしないでほしいな。

優希さんへ

確かに優希さんのその考えは理解できますし、ボクも同感です。
でもね、たとえばのお話で、世間的に見てもチーム的に見ても、
どう考えても異質で「おかしい」メンバーが紛れ込んでいたとしたら、
どう考えます?
今日お客さんのお店に行ってお話をしていて、
そんな出来事があったもんで、聞いてみました。

携帯ブログを作るように、たった1日でホームページを作成してお客様をバンバン呼び込む方法

はじめまして。
安達佳江と言います。

ランキングから来ました。

[私はみんなで喜べる方が好きなんです。]
の部分、私も好きです。

応援させて頂きます。ポチ★
もし、よろしければ、
相互リンクお願いできないでしょうか?
よろしくお願い致します。
 m(_ _)m

私の尊敬する方も、

「ダイアモンド は ダイアモンド でしか磨けないように、
人間も 人間でしか磨くことができない」

と言われていたように、社内での人間同士によって、
切磋琢磨することによって、成長、また相乗効果を
生むのだと思います。

それが結局は、会社の成功にもつながると思います。
そのことの重要性を再度、気づかせて頂くことができました。

ありがとうございます!

感謝の気持ちを込めて応援クリック♪

みんな一律を目指すのは社会主義で崩壊したと思います。
だから格差があって良いのだと思います。その格差の中で
私は社会の底辺にいます。その底辺にいる私が頑張れば
もしかすると今より違った生活が出来るかもしれません。

今華やかな暮らしをしている人はこの生活を維持したいと
思うのは当然で、その苦労もしていると思います。又それで
良いと私も思います。

ハングリーは人間が動物である限り必ず付いて回る宿命です。
人間は協力しないと生きられない動物である事は事実ですが、
好む、好まざるとに関わらず、この地球にいる限りは他の動物と
一緒の弱肉強食には変りがないのだと思います。

平等の社会は人間の生活には向かないと思います。人間の
生活は不平等だから良いのだと思います。不平等だからこそ
相手を思ったり、分業というような協力をしたり、時にハンデを
作る場合もあると思います。基本的に向上心も育ちません。

問題なのはその中にある心ですね。不平等社会を受け入れいる
時に実力のない者を見下したり、相手を粗末にしたり、権利すら
与えようとしなかったりする事が横行するようになれば私達の生活
そのものが崩れてしまいますね。崩れない不平等社会の中にこそ
人間としての尊厳と美しさがあると思う私です。

hirokunへ

おはようございます!
コメントありがとうございます!!

> 今の社会に、競争ってキーワードは少しナンセンスになって
> いるのかもしれません。

私は世代によると思います。
競争社会でいい思いをした世代が間違いなくあって
その世代にとって競争原理が働くことこそ
成長し強くなれると考えています。
実績があるのでこればかりはどうも。。

> 誰かを蹴落としてまで打ち込むことより、足りないものを補う
> という考え方に、スポーツの世界も変化してきたのかもしれない
> ですね。

人を蹴落としてのし上がったり
媚を売って態度を変えたりと
競争社会だからこそ見えてくる悪い部分もありますからね~

みんなで個人が持つ特徴をうまく引き出していくというのも
大切なことだと思うんですよね~

mihoさんへ

スポーツこそ競争だろうって考えていたのにびっくりです!
コーチングの基礎が変わったのかもしれませんね~

トマトさんへ

こんにちは!
> スポーツという区切りでは考えて欲しくない問題ですね。
> 普通に教育の現場でこの考えが徹底されていないと
> イザスポーツの時だけこの考えと言うのは無理。

私もこの考え方は色んな所で使えると思います。
スポーツや犬のしつけの分野から広がるといいな~って思います。

> 普通の授業、国語算数理科社会etcの中でもこの考えの元
> わからない生徒を置き去りにしないでほしいな。

学校で分からない生徒がいればみんなで楽しく教え合うという
教える事で教わることも多いですからね~

私もかなり友達に助けられましたけどね~

氷見 拓也さんへ

> でもね、たとえばのお話で、世間的に見てもチーム的に見ても、
> どう考えても異質で「おかしい」メンバーが紛れ込んでいたとしたら、
> どう考えます?

釣りバカ日誌の浜ちゃんを想像しちゃいました!
私は浜ちゃんのような人も大切だと思うんですよね~
スーさんの生きがいにもなっていますしね~

おかしいと考える気持ちも分かりますが
みんなで魅力を見つけていく方向性も大切だと思うんですけどね~

安達佳江さんへ

はじめまして!コメントありがとうございます!

人と人としてきちんと向き合っていけたら
自然と相互リンクになると思いますよ~

焦る事はないのでゆっくりと交流していきましょう~

上田さんへ

初めまして!コメントありがとうございます!

> 社内での人間同士によって、
> 切磋琢磨することによって、成長、また相乗効果を
> 生むのだと思います。

切磋琢磨とは文字通り互いに磨きあげないといけませんよね~
そのためには相手をつぶすよりも
相手も自分も成長しあうという気持ちが必要ですね~

ヒデさんへ

> みんな一律を目指すのは社会主義で崩壊したと思います。
> だから格差があって良いのだと思います。その格差の中で
> 私は社会の底辺にいます。その底辺にいる私が頑張れば
> もしかすると今より違った生活が出来るかもしれません。

共産主義は一部の富豪と多くの平民という極端な格差を生みますからね~
北朝鮮をみているとその格差の広がりを良く感じますね~

> ハングリーは人間が動物である限り必ず付いて回る宿命です。
> 人間は協力しないと生きられない動物である事は事実ですが、
> 好む、好まざるとに関わらず、この地球にいる限りは他の動物と
> 一緒の弱肉強食には変りがないのだと思います。

ハングリー精神で日本はここまで成長できたと思います。
だから多くの方は儲からないのは努力が足らないからだというのですが
その一言だけで多くの方が生きられない国になってしまいました。

その方たちは努力していないのか?といわれると
みんな努力していたと思います。

中小企業の方がここまで苦労してしまう
経済だけに国を任す方策では
もう限界まで日本は成長したんだと思うんですよね~

> 平等の社会は人間の生活には向かないと思います。人間の
> 生活は不平等だから良いのだと思います。不平等だからこそ
> 相手を思ったり、分業というような協力をしたり、時にハンデを
> 作る場合もあると思います。基本的に向上心も育ちません。

私は人は平等だと思います。
人の上に人はいないし人の下に人はいないと考えています。
向上心がないという方も個性だと思います。

人間の尊厳が大切という結論が同じでも考え方が違うんですよね~
だから人間って面白いんですよね~
考えが違っていいんです!
目指すところは尊厳の回復なんですからね~

それぞれがそれぞれの特徴を生かして協力し合って
目標を達成出来るのがチームワークだと思います。

考え方が違うからといって排除していては
何もできないと思うんですよね~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。